note Weber:Overture From Der Freischutz

ウェーバー 歌劇「魔弾の射手」より 序曲 J.277

ウェーバー(1786〜1826)

ドイツ

ロマン派音楽

「魔弾の射手」とは、意のままに命中する弾を所持する射撃手。伝説では7発中6発は射手の望むところに必ず命中するが、残りの1発は悪魔の望む箇所へ命中するとされる。この序曲は特に有名であり、その冒頭部分のホルン四重奏のメロディーは賛美歌『主よ御手もて引かせ給え』としても知られている。

Weber Germany ロマン派音楽 歌劇 シンフォニックオーケストラ
Release:2020/12  Update:2020/12 Play:932

ウェーバーについて(Carl Maria von Weber)

ドイツのロマン派初期の作曲家、指揮者、ピアニスト。 モーツァルトによるドイツオペラを継承し、自らの『魔弾の射手』によってドイツ・ロマン派のオペラ様式を完成、そしてワーグナーへと流れを導いた作曲家として知られている。オーケストラの配置を現在に近い形に改めたり、指揮棒を初めて用いた人物としても知られる。

au PAY ふるさと納税
au PAY ふるさと納税
au PAY ふるさと納税

close

楽曲検索

Loading…