note Brahms:Symphony No.1-1 Op.68

ブラームス 交響曲第1番 第1楽章 Un poco sostenuto - Allegro

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

ロマン派音楽

ブラームスの交響曲第1番の第1楽章は、力強く荘厳な序奏から始まります。ホルンによる堂々とした旋律が印象的で、その後、木管楽器や弦楽器による美しい旋律が続きます。楽章全体を通して、情熱的で劇的な展開が広がり、荘重なクライマックスに至ります。ブラームスの特徴である豊かな旋律と堂々たるオーケストレーションが際立つ、壮大で感動的な楽章です。 1876年から1877年にかけて作曲され、初演は1876年11月4日にカラヤンの指揮で行われました。 小澤征爾指揮のサイトウ・キネン・オーケストラによるブラームスの交響曲第1番は、名演として知られています。

Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ
Release:2006/11  Update:2006/11 Play:26,335

ブラームスについて(Johannes Brahms)

バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共に、ドイツ音楽における「三大B」とも称され、ベートーヴェンの後継者ととらえる人もいる。交響曲と協奏曲では古典的な形式を採用し、「新古典派」という呼称で呼ばれることもある。


close

楽曲検索

Loading…