note Handel:Ombra mai fu Largo

ヘンデル オンブラ・マイ・フ ラルゴ

ヘンデル(1685〜1759)

ドイツ

バロック音楽

このアリアはオペラ「セルセ」の冒頭で歌われるもので、ペルシアの王「セルセ」がプラタノの木陰に向かって歌う場面で知られています。歌詞は木陰の美しさと涼しさを讃えるもので、セルセの愛情を表現するために使用されます。バロック音楽の名作の一つとして高く評価されており「ヘンデルのラルゴ」とも呼ばれ、「なつかしい木陰」とも訳されます。その美しい旋律と優雅なメロディは多くの人々に愛され、しばしば単独で演奏されることもあります。

Handel Germany バロック音楽 室内楽 チェンバーオーケストラ 素朴 穏やか 癒し 落ち着き 祈り
Release:2005/08  Update:2023/10 Play:23,766

ヘンデルについて(Georg Friedrich Handel)

バロック期を代表する重要な作曲家のひとり、ドイツ生まれでイギリスに帰化した。JS.Bachとは同年代生まれだが、同時代に活躍しながらも生涯出会うことはなかった。バッハが「音楽の父」と評されるのに対し、ヘンデルを「音楽の母」と呼ぶこともある。


close

楽曲検索

Loading…