note Holst:Mars, the Bringer of War. from The Planets, Op.32

ホルスト 組曲「惑星」より「火星」 戦争(戦い)をもたらす者

ホルスト(1874〜1934)

イギリス

ロマン派音楽

「火星」は、戦争の恐怖と緊張感を表現することを意図して作曲された。この楽章は非常に重厚で力強く、軍隊の行進のようなリズムや緊迫した和音が特徴。ホルストは第一次世界大戦が勃発した時期にこの楽章を作曲し、当時の社会的な不安や不穏な雰囲気を音楽を通じて表現した。 「火星」は、宇宙の神秘的な側面と共に、戦争と破壊のテーマを探求する魅力的な作品として、ホルストの最も有名な楽曲の一つとなっている。その力強い音楽は、聴衆に深い感情と考えを呼び起こすことができる、印象的な作品である。

Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 不気味
Release:2004/09  Update:2022/07 Play:36,620

ホルストについて(Gustav Holst)

王立音楽院ではトロンボーンも学び、オーケストラ奏者として生計を立てていたこともある。最も有名な「惑星」以外、あまり作品は知られていないが、合唱のための曲や、イングランド各地の民謡や東洋的な作品、吹奏楽曲も多く遺している。


close

楽曲検索

Loading…