note Mozart (W.A.):The Marriage of Figaro Overture K.V.492 D-Dur

モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

古典派音楽

序曲の中で、様々な楽器が交互にメロディを奏で、楽曲は時折高揚し、時折穏やかになります。これは物語の中でのキャラクターや出来事の変遷を表現しています。序曲の終盤では、楽器の織りなす美しいハーモニーが聴かれ、オペラ全体の楽しさや興奮を予感させます。 「フィガロの結婚」序曲は、モーツァルトの才能と彼のオペラ作品の魅力を示す素晴らしい音楽の一例です。この序曲はオペラの開始前に観客を楽しませ、物語の舞台背景を伝えるために用いられることが多いです。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい 優雅
Release:1994/07  Update:2023/09 Play:49,097

モーツァルトについて(Wolfgang Amadeus Mozart)

古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人。5歳で最初の作曲をし、神童の演奏を披露、7歳の時の演奏は作家のゲーテに絶賛され、数多くの名曲を残し35歳の12月5日ウィーンにて永眠。


close

楽曲検索

Loading…