note Mozart (W.A.):Symphony No.40-1 Molto Allegro g-minor K.550

モーツァルト 交響曲 第40番 第1楽章 ト短調 Molto Allegro

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

古典派音楽

この楽章はソナタ形式で、速いテンポでの導入部分から始まり、続いて主題が提示されます。その後、主題が展開され、さまざまな変奏が加えられます。最終的に、主題が再現され、楽章が締めくくられます。 情熱的で魅力的なメロディと複雑な対位法(声部同士の対立や対比)に富んでおり、モーツァルトの交響曲の中でも特に人気があります。その情熱的な性格と力強い音楽は、モーツァルトの作曲スタイルを象徴しています。 第40番の交響曲は、モーツァルトの最も印象的な作品の一つとして広く称賛され、クラシック音楽の愛好家によって高く評価されています。 この交響曲は、モーツァルトの楽曲の中で数少ない短調の曲の一つで、1788年に作曲したもので、彼の最晩年に書かれた交響曲の一つです。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 甘美 繊細 せつない
Release:1994/05  Update:2023/11 Play:42,829

モーツァルトについて(Wolfgang Amadeus Mozart)

古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人。5歳で最初の作曲をし、神童の演奏を披露、7歳の時の演奏は作家のゲーテに絶賛され、数多くの名曲を残し35歳の12月5日ウィーンにて永眠。


close

楽曲検索

Loading…