note Mozart (W.A.):Horn Concerto No.3-3 K.447

モーツァルト ホルン協奏曲 第3番 第3楽章 Rondo Allegro

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

古典派音楽

ロンド形式。軽快で踊りのようなリズムが特徴で、ホルン独特の美しい音色を活かしながら、明るく楽しい雰囲気を醸し出している。 ホルンのソロが華麗に奏でられる部分や、オーケストラとの対話が楽しい部分が含まれており、モーツァルトの楽曲の中でも魅力的な協奏曲の一つ。この楽章は、聴衆に楽しさと陽気さを提供すると同時に、ホルンの技巧と表現力を堪能させてくれる素晴らしい音楽である。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ
Release:2009/03  Update:2023/08 Play:7,616

モーツァルトについて(Wolfgang Amadeus Mozart)

古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人。5歳で最初の作曲をし、神童の演奏を披露、7歳の時の演奏は作家のゲーテに絶賛され、数多くの名曲を残し35歳の12月5日ウィーンにて永眠。


close

楽曲検索

Loading…