note Pachelbel:Canon in D

パッヘルベル カノン ニ長調

パッヘルベル(1653〜1706)

ドイツ

バロック音楽

この楽曲は、3つのバイオリンと通奏低音のために書かれたカノン形式の楽曲であり、カノンという同じメロディを繰り返し奏でる重要な特徴を持っている。この美しいメロディと複雑な対位法の技巧が、長い間多くの人々に愛され、さまざまな編曲やアレンジがされ、卒業式などのイベントでも多用される曲。特に、ウェディングやフォーマルなイベントでよく使用されるクラシック音楽の代表的な一曲として知られている。

Pachelbel Germany バロック音楽 室内楽 チェンバーオーケストラ xmas クリスマス 入学式 卒業式 祝典
Release:2005/05  Update:2023/08 Play:71,246

パッヘルベルについて(Johann Pachelbel)

オルガン奏者で、教師でもある。宗教曲・非宗教曲を問わず多くの楽曲を制作、コラール前奏曲やフーガの発展に大きく貢献し、バロック中期における最も重要な作曲家の一人に数えられる。日本では特に「カノン」が有名。


close

楽曲検索

Loading…