note Ravel:Bolero Tempo di Bolero moderato assai

ラヴェル(ラベル) ボレロ ハ長調

ラヴェル(ラベル)(1875〜1937)

フランス

印象派音楽

ボレロは一本のテーマを繰り返し演奏することで構成されています。そのテーマは、全曲を通じて約15回繰り返されますが、各回で編曲や楽器の組み合わせが変わるため、聴き手に新しい印象を与え続けます。 音量の増加: 演奏が進むにつれて、音量が徐々に増していくのもボレロの特徴です。静かなピアニッシモ(非常に小さな音)から始まり、曲の終わりにはフォルテッシモ(非常に大きな音)でクライマックスを迎えます。 巧みなオーケストレーションの技術が遺憾なく発揮されています。各楽器セクションが順番にテーマを演奏し、最終的には全楽器が一斉にテーマを奏でることで壮大なフィナーレを迎えます。 当初はバレエ音楽として考案されましたが、そのシンプルかつ魅惑的なリズムとメロディーが多くの聴衆に愛され、コンサートホールでも人気の曲となりました。

Ravel France 印象派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ 雄大 重厚 情熱 甘美
Release:2004/10  Update:2024/05 Play:69,332

ラヴェル(ラベル)について(Maurice Ravel)

「オーケストレーションの天才」「管弦楽の魔術師」と言われ、卓越した管弦楽法、精緻な書法が特徴的。印象派の作曲家に分類されることが多いが、古典的な曲形式に立脚している反面、ジャズの語法の影響も見られる。編曲作品として、ムソルグスキーのピアノ曲を管弦楽編曲した「展覧会の絵」が有名。


close

楽曲検索

Loading…