Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM。
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラです。

人気のクラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 77人の作曲家の521曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくはこちらをクリック「ダウンロード販売について」

New songs and updates help
  • 楽曲のタイトルや説明文をクリックするとプレーヤーが出現します。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りから削除されます。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
    一度表示すればページを遷移させることなく曲の演奏を素早く開始することができます。
検索楽曲検索を開く

検索結果 13/521)#Brahms ✖ 検索解除

PlayBrahms:Akademische Festouverture Op.80

ブラームス 大学祝典序曲 Academic Festival Overture

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

学生歌から適切な旋律を選択し、洗練された対位法や主題労作の技法、緻密に構成された音色を用いて、創意ある洗練された構成と音楽技法的に評価されるこの曲は、ブラームスが得意な毒舌やブラック・ユーモアで、「学生の酔いどれ歌のひどくがさつなメドレー」を作って『大学祝典序曲』と名づけたと語った。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 躍動 力強い 卒業式 入学式

PlayBrahms:Symphony No.4-1 Op.98

ブラームス 交響曲第4番 第1楽章 Allegro non troppo

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

ホ短調。2/2拍子。ソナタ形式 哀切な表情を持ったヴァイオリンの旋律と、管楽器の三連音を含むリズミックな楽句に続いてチェロとホルンが伸びやかに第2主題的なメロディーを歌う、後に三連音の動機を繰り返しながら悲劇的に第1主題がカノン風に現れ、アーメン終止的に終わる。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 情熱 甘美 美しい せつない ロマンチック

PlayBrahms:Symphony No.1-4

ブラームス 交響曲第1番 第4楽章 Adagio - Piu andante -Allegro non troppo、 ma con brio

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

序奏部は堂々と威厳あふれ、木管楽器などを中心とした高揚感のある部分の後、有名なアルペン・ホルン的なホルンのソロの部分になる、このメロディは,ブラームスがクララ・シューマンに贈った情熱的な歌曲の一部。その後,トロンボーンにコラール風の美しい印象的なフレーズが出てくる。再現部を経てクライマックスであるコーダはリズム感ある晴れ晴れとした盛り上がりを見せながら力強く終わる。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayBrahms:Symphony No.4-3

ブラームス 交響曲第4番 第3楽章 Allegro giocoso

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

ハ長調。2/4拍子。ソナタ形式。 ブラームスのこれまでの3楽章は間奏曲風の比較的穏やかなものが多かったが、初めてスケルツォ的で、なおかつ2/4拍子の楽章とした。第1主題が豪快、快活にややせわしなく始まり、第2主題はト長調でヴァイオリンによる落ち着いた表情になる。展開部ではホルンが嬰ハ長調で第1主題を変奏し途中から回帰して再現部となる。コーダでは各楽器が第1主題の掛け合いをして振幅の大きな最高潮をむかえる。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 堂々 優雅

PlayBrahms:Clarinet Quintet 1st Mov. op.115

ブラームス クラリネット五重奏曲 第一楽章

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

ブラームスの晩年に完成された、代表的な室内楽曲の1つ。歌曲的な雰囲気に満ちたハーモニーとメロディ、柔軟な旋律線のすべてをクラリネットが担当し、これが橋渡しとなって展開部へ進む。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 室内楽 クラリネットと弦楽 牧歌的 優雅 甘美 落ち着き

PlayBrahms:Symphony No.1-1 Op.68

ブラームス 交響曲第1番 第1楽章 Un poco sostenuto - Allegro

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

19年の歳月をかけて、この交響曲第1番を完成させたといわれている。 ブラームスはベートーヴェンを崇拝していた。この作品は後に指揮者のビューローをして「ベートーヴェンの10番目の交響曲の様だ」と語らしめた。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

close

楽曲検索

Loading…