Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM ♪
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラ

人気のクラシック音楽を中心に「MIDI Orchestra」で表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 78人の作曲家の533曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくは こちらをクリック▶︎「ダウンロード販売について」

New songs and updates
  • 楽曲のタイトルやプレイアイコンをクリックすると演奏ページを開きます。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りページに移動します。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
  • 虫眼鏡アイコンの検索ウインドウで、全533曲の中から楽曲の詳細な検索ができます。
  • 検索結果はページに残りますので、リセットする場合は「× 検索をリセットする」をクリックしてください。
検索楽曲の検索をする

楽曲検索結果 (58/533)#France ✖ 検索をリセットする

 ▶︎試聴するベルリオーズ:幻想交響曲 第4楽章 断頭台への行進

ベルリオーズ Symphonie fantastique 4.Marche au Supplice.

Berlioz(1803〜1869)

フランス

彼は夢の中で愛していた彼女を殺し、死刑を宣告され、断頭台へ引かれていく。行列は行進曲にあわせて前進し、その行進曲は時に暗く荒々しく、時に華やかに厳かになる。その中で鈍く重い足音に切れ目なく続くより騒々しい轟音。ついに、固定観念が再び一瞬現われるが、それはあたかも最後の愛の思いのように死の一撃によって遮られる。

Berlioz France ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 幻想的 せつない 不気味 (Release:2004/11、Update:2016/11)

 ▶︎試聴するベルリオーズ:幻想交響曲第5楽章 ワルプルギスの夜の夢

ベルリオーズ Symphonie fantastique 5.Songe d’une nuit du Sabbat

Berlioz(1803〜1869)

フランス

「ワルプルギスの夜の夢」と訳される事もある。グレゴリオ聖歌『怒りの日』(Dies Irae)が主題に用いられ(Tubaのソロ)、全管弦楽の咆哮のうちに圧倒的なクライマックスを築いて曲が閉じられる。曲の終結部近くでは弓の木部で弦を叩くコル・レーニョ奏法が用いられている(高価な弓を使う奏者はそれを嫌い、スペアの安い弓をこの演奏で使うこともある)

Berlioz France ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2007/10、Update:2008/01)

 ▶︎試聴するデュカス:交響詩「魔法使いの弟子」

デュカス L’Apprenti Sorcier Scherzo

Dukas(1865〜1935)

フランス

老いた魔法使いが若い見習いに雑用を言い残し、自分の工房を旅立つところから物語が始まる。 ディズニーのアニメ映画「ファンタジア」に転用され、ミッキーマウスが「魔法使いの弟子」役を演技したことにより、いっそう有名になった。

Dukas France ロマン派音楽 交響詩 シンフォニックオーケストラ 躍動 にぎやか 楽しい 気まぐれ かわいい (Release:2005/09、Update:2019/10)

 ▶︎試聴するラヴェル(ラベル):亡き王女のためのパヴァーヌ

ラヴェル(ラベル) Pavane pour une infante defunte

Ravel(1875〜1937)

フランス

1899年に作曲したピアノ曲を1910年に管弦楽曲に編曲。 弦楽器のピッチカートに乗り、ホルンのソロで始まるこの曲は優雅でラヴェルらしい繊細さを持つ美しい小品。 ラヴェルが晩年、自動車事故により記憶障害が発症してしまった際、この曲を聴いて「この曲はとてもすばらしい、誰が書いた曲だろう。」と言ったという逸話もある。

Ravel France 印象派音楽 管弦楽 シンフォニックオーケストラ せつない 甘美 祈り 卒業式 (Release:2003/06、Update:2019/01)

 ▶︎試聴するラヴェル(ラベル):ボレロ ハ長調

ラヴェル(ラベル) Bolero Tempo di Bolero moderato assai

Ravel(1875〜1937)

フランス

特徴のあるバレエ音楽、初演は1928年11月22日、パリのオペラ座。 最後まで同じリズムが保持され、ダイナミクスの指示は最後に向かうクレッシェンドのみ。 「セビリアのある酒場で一人の踊り子が舞台で足慣らしをしている、やがて興が乗ってきて、振りが大きくなってくる。最初はそっぽを向いていた客たちも、次第に踊りに目を向け、最後には一緒に踊り出す。」と言うあらすじ。 映画やTV、CM、様々な場面で使われている。クロード・ルルーシュ監督の映画『愛と哀しみのボレロ』1984年サラエボオリンピック、アイスダンスのイギリスのジェーン・トービルとクリストファー・ディーンのペアの曲等。 (音源変更してリミックスして再演奏しました)

Ravel France 印象派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ 雄大 重厚 情熱 甘美 (Release:2004/10、Update:2020/08)

 ▶︎試聴するサン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ (ヴァイオリン コンチェルト)

サン=サーンス Introduction and Rondo Capriccioso op.28

Saint-Saens(1835〜1921)

フランス

1863年に作曲され、当時の人気ヴァイオリニストであったサラサーテに献呈された曲。ソロと伴奏の役割がはっきりしており、ソロは常に伴奏の上に浮き立つようになっている。

Saint-Saens France ロマン派音楽 協奏曲 バイオリンとオーケストラ (Release:2005/06、Update:2012/12)

 ▶︎試聴するサン=サーンス:「バッカナール」サムソンとデリラ

サン=サーンス Bacchanale - Samson et Dalila

Saint-Saens(1835〜1921)

フランス

バレエ音楽「バッカナール」サムソンとデリラは、現在でも上演されることの多いサン・サーンスを代表するオペラのひとつ。オリエンタルでエキゾチックな旋律が大きな特徴で、これを中心にたたみ掛けるように音楽が進行していく。 この曲は、フィギュアスケートの浅田真央選手や安藤美姫選手など、多くの選手がプログラム曲として使っている。

Saint-Saens France ロマン派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ (Release:2011/10、Update:2021/04)

 ▶︎試聴するビゼー:カルメン組曲1より フィナーレ「闘牛士」

ビゼー Carmen Suite No.1 Final.Les Toreadors

Bizet(1838〜1875)

フランス

カルメンの護送役を命じられたホセは,カルメンに逃がしてくれとささやかれる。紐を緩めたホセは,カルメンに突き倒され,カルメンは高笑いを残して逃げ去る。第一幕の終了。 この曲はカルメンの中でも特に有名で人気があり、誰もが一回はきいた事のあるクラシックで、テレビ番組やCMでよく使われる便利な曲でもある。 「たけしのTVタックルのテーマ曲」としても有名。

Bizet France ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 (Release:1994/08、Update:2016/10)

 ▶︎試聴するビゼー:カルメン組曲2より 闘牛士の歌

ビゼー Chanson du Toreador Carmen Suite No.2-3

Bizet(1838〜1875)

フランス

題名の「闘牛士の歌」は通称、「友よ、祝いの酒を」(Votre toast、 je peux vous le rendre)でも知られている。 第2幕でエスカミーリョ(バリトン)が歌い、酒場の客たちの男声合唱が加わる。

Bizet France ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2004/12、Update:2012/12)

 ▶︎試聴するビゼー:アルルの女 第2組曲 第4曲 ファランドール

ビゼー L’arlesienne Suite No.2 Farandole

Bizet(1838〜1875)

フランス

フランス南部のプロヴァンス地方で踊られる舞曲『三人の王の行進』と『馬のダンス』種類の民謡をもとに作られている。 特に冒頭の主題は広く知られており、人気が高い曲のひとつ。

Bizet France ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 躍動 力強い (Release:1992/02、Update:2019/01)

 ▶︎試聴するエリック・サティ:ジュ・トゥ・ヴー ヴァイオリンとピアノ

エリック・サティ Je te veux Violin and piano

Erik Satie(1866〜1925)

フランス

メロディーをヴァイオリンの音色で演奏しています。 「ジュ・トゥ・ヴー」は、英語では「I Want You」、日本語では「あなたが欲しい」のタイトルで紹介されていることもある。 3拍子のワルツの曲。サティの曲では、ジムノペディと共に人気のある曲で、もともとは、シャンソン歌手ポーレット・ダルティのために書かれたと言われている。 スタンリー・キューブリックが監督をした「シャイニング」という映画でも使用されていた。

Erik Satie France ロマン派音楽 ワルツ バイオリンとピアノ ほのぼの かわいい (Release:2013/07、Update:2013/07)

 ▶︎試聴するエリック・サティ:ジュ・トゥ・ヴー ピアノ独奏バージョン

エリック・サティ Je te veux Piano solo version

Erik Satie(1866〜1925)

フランス

ピアノ独奏ヴァージョン。歌詞はアンリ・パコーリによる。歌曲集『ワルツと喫茶店の音楽』のうちの1曲とされている。 I want Jesus to walk with me all along my pilgrim journey. I want Jesus to walk with me. when my heart within is aching. I want Jesus to walk with me.

Erik Satie France ロマン派音楽 ワルツ ピアノ独奏 のどか 甘美 ロマンチック (Release:2013/07、Update:2013/07)

 ▶︎試聴するフォーレ:シシリアーノ (シシリエンヌ)

フォーレ Siciliano (Sicilienne)

Faure(1845〜1924)

フランス

フォーレ作品の中でも最もよく知られた曲の一つで1898年作曲の室内楽曲。「シチリアーノ」というのは、地中海のシチリア島が起源の独特のリズムを持った民族舞曲の名称。 原曲はチェロとピアノのために書かれたが、その後フォーレの弟子のシャルル・ケックランによってオーケストラのために編曲され、旋律がフルートで奏されるようになり、それ以来、フルート奏者のレパートリーとしてポピュラーになった。

Faure France ロマン派音楽 室内楽 チェンバーオーケストラ せつない 気品 美しい 入学式 卒業式 (Release:2011/06、Update:2019/07)

 ▶︎試聴するフォーレ:パヴァーヌ 作品50

フォーレ Pavane op.50

Faure(1845〜1924)

フランス

小規模な編成で、曲の最初は室内楽的な響きが特徴的。甘美で崇高、清楚な旋律美で知られフォーレの他の管弦楽作品と同様、木管楽器、特にフルートに重点が置かれている。フォーレの中期を代表する傑作。

Faure France ロマン派音楽 管弦楽 シンフォニックオーケストラ 素朴 情熱 繊細 卒業式 (Release:2013/10、Update:2016/10)

 ▶︎試聴するレオ・ドリーブ:バレエ「コッペリア」より スワニルダのワルツ

レオ・ドリーブ COPPelIA Balleti in Two Acts - Valse

Delibes(1836〜1891)

フランス

コッペリア(Coppelia)は、1867年作曲。オペラ座で1870年5月25日初演された。 「コッペリア」とは、動く人形を題材としたバレエ作品、およびその人形の名前。 村の娘、スワニルダ(フランツの恋人)の第二幕でのワルツ。

Delibes France ロマン派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ かわいい クリスマス 入学式 卒業式 結婚式 (Release:2012/03、Update:2012/03)

 ▶︎試聴するグノー:マリオネットの葬送行進曲

グノー Funeral March of a Marionette

Gounod(1818〜1893)

フランス

この曲は元々は、ピアノ曲《マリオネットの葬送行進曲》、管弦楽曲『マリオネットの葬送行進曲』は、アルフレッド・ヒッチコックのテレビシリーズでテーマ音楽に用いられて有名になった。

Gounod France ロマン派音楽 管弦楽 シンフォニックオーケストラ (Release:2012/10、Update:2012/10)

 ▶︎試聴するマスネ:タイスの瞑想曲 歌劇「タイス」の第2幕第1場と第2場の間奏曲

マスネ Meditation from Thais

Massenet(1842〜1912)

フランス

歌劇「タイス」(1894年初演)の第2幕第1場と第2場の間の間奏曲。その甘美なメロディーによって広く知られている。 本来はオーケストラと独奏楽器(ヴァイオリン)の形であるが、室内楽編曲も多い。

Massenet France ロマン派音楽 歌劇 バイオリンとオーケストラ 素朴 おごそか 美しい クリスマス 卒業式 (Release:2013/12、Update:2013/12)

au PAY ふるさと納税
au PAY ふるさと納税

close

楽曲検索

Loading…