Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM ♪
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラ

人気のクラシック音楽を中心に「MIDI Orchestra」で表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 78人の作曲家の532曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくは こちらをクリック▶︎「ダウンロード販売について」

New songs and updates
  • 楽曲のタイトルやプレイアイコンをクリックすると演奏ページを開きます。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りページに移動します。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
  • 虫眼鏡アイコンの検索ウインドウで、全532曲の中から楽曲の詳細な検索ができます。
  • 検索結果はページに残りますので、リセットする場合は「× 検索をリセットする」をクリックしてください。
検索楽曲の検索をする

楽曲検索結果 (133/532)#古典派音楽 ✖ 検索をリセットする

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第1番 第1楽章 Adagio molto - Allegro con brio

ベートーヴェン Symphony No1-1

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

古典派の作曲家の作曲技法(ハイドン、モーツァルト的)を踏襲していた初期の代表作。いわゆるベートーヴェンの強い個性は少なく、後期の大作群と比べると相対的に人気はないが、古典派の交響曲としては十分な完成度を誇っている。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2013/01、Update:2013/01)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第1番 第2楽章

ベートーヴェン Symphony No1-2 Andante cantabile con moto. F Dur

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

ハイドン・モーツアルトの古典派の交響曲の作曲技法を吸収し、自らの技術に準じて作曲した規模は小さいが随所に新しい工夫が施されている意欲作。 ソナタ形式の緩徐楽章。冒頭はフーガ風に開始される。ヘ長調 8分の3拍子。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 素朴 軽快 やさしい ゆったり 落ち着き (Release:2020/07、Update:2020/07)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第1番 第3楽章

ベートーヴェン Symphony No1-3 Menuetto: Allegro molto e vivace

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

メヌエットと言うよりも「Allegro molto e vivace」とあることからスケルツォの性格のある、後の大作に見出されるような革新性のある複合三部形式の曲。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 明るい 楽しい 牧歌的 軽快 華麗 (Release:2020/07、Update:2020/07)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第1番 第4楽章

ベートーヴェン Symphony No1-4 Adagio - Allegro molto e vivace.

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

始まりの全楽器によるTutti、序奏の秀逸なバイオリンの旋律。後の力強い序曲を予言させる。G音からの上行フレーズが繰り返し提示され、それに続く旋律が第1主題として提示され、それら断片的な動機が発展して主題が生まれる。これは後の交響曲第5番や交響曲第9番の第1楽章冒頭でも見られる。序奏の後の主部はロンド風で、ハイドン的な楽しさに満ちている。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 堂々 素朴 軽快 繊細 華麗 (Release:2020/07、Update:2020/07)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第2番 第1楽章

ベートーヴェン Symphony No2-1 Adagio molto - Allegro con brio

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

第1楽章 Adagio molto ニ長調 3/4拍子 - Allegro con brio ニ長調 4/4拍子 随所に、後の交響曲第9番を思わせるパッセージが登場する。 交響曲第9番、交響曲第1番と同じく、ハイドン、モーツァルトといった古典派の作曲家の作曲技法を踏襲していた時期の作品であり、中期、後期の大作群と比べると相対的に人気はないが、古典派の交響曲としては十分な完成度を誇っている。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2013/03、Update:2013/03)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第2番 第2楽章

ベートーヴェン Symphony No2-2 Larghetto

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

第2楽章 Larghetto イ長調 3/8拍子、ソナタ形式。 旋律の美しさによって有名で、第1主題部は長めで弦楽部に始まり、木管で繰り返される。第2主題も第1ヴァイオリンで導かれる。コデッタの後、反復なしで第1主題を主とした展開部に入る。再現部は対位法を効果的に使ったものとなっているが、流れ自体は提示部と変わらない。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2020/09、Update:2020/09)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」 第1楽章

ベートーヴェン Symphony No.3 Eroica Op.55 1st mov.

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

原題:伊: Sinfonia eroica、 composta per festeggiare il sovvenire d’un grand’uomo 英雄交響曲、「ある偉大なる人の思い出に捧ぐ」は、ベートーヴェンが作曲した3番目の交響曲である。1804年に完成された。「英雄」のほか、イタリア語の原題に由来する「エロイカ」の名で呼ばれることも多い。ベートーヴェンの最も重要な作品のひとつ。 第1楽章 Allegro con brio 変ホ長調 3/4拍子

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2012/03、Update:2021/08)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」 第3楽章

ベートーヴェン Symphony No3 eroica Op.55、 Mvt.3 Scherzo: Allegro vivace

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

複合三部形式のトリオ(中間部)に有名なホルン三重奏がある。当時のホルンでは、ストップ奏法で演奏する難しい緊張感のある部分であったが、現在のバルブホルンではその効果は得にくい。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2012/04、Update:2012/04)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第4番 第1楽章

ベートーヴェン Symphony No. 4 1st Mov.

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

交響曲第4番変ロ長調 作品60(in B-flat major, Opus 60) ベートーベンの9つの交響曲には、表題がついているものが多いが、交響曲第3番「英雄」と交響曲第5番「運命」の間にあるこの4番は、有名な名前もなく目立たないが、「運命」オペラ「フィデリオ」・ラズモフスキー弦楽四重奏曲集・ピアノ協奏曲第4番などと同時期に作られた意欲的な作品である。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 躍動 軽快 情熱 (Release:2017/05、Update:2017/05)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第5番「運命」第1楽章 Allegro con brio

ベートーヴェン Symphony5 mvt.1 Op.67

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

「ダダダダーン」という有名な動機に始まる。史上初めてピッコロ、コントラファゴット、トロンボーンが導入された交響曲。当時の管弦楽では「珍しい楽器」だった。日本では一般に「運命」と呼ばれ(これは通称であって正式な題名ではない)、クラシック音楽の中でも最も有名な曲の1つである。その主題展開の技法や「暗から明へ」というドラマチックな楽曲構成は後世の作曲家に模範とされた。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 情熱 (Release:2004/12、Update:2020/04)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第5番「運命」第3楽章 Allegro

ベートーヴェン Symphony No.5-3 Op.67

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

複合三部形式。スケルツォ - トリオ - スケルツォ - コーダという構成。「運命の主題」の冒頭の休符を取り去り、スケルツォの3拍にうまく当てはめている。トリオのあと再びスケルツォに戻り、本来の演奏ではコーダから、アタッカで(間を取らず)4楽章に繋がる。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2005/08、Update:2005/08)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第5番「運命」第4楽章 Allegro

ベートーヴェン Symphony No.5-4 Op.67

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

第3楽章から続けて演奏される。楽器編成にピッコロ、コントラファゴット、トロンボーンが加わり、色彩的な管楽器が増強され他の楽章に比べて響きが非常に華やかである。コーダでは加速し「暗から明へ」における「明」の絶頂で華やかに曲を閉じる。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2005/08、Update:2005/08)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第6番「田園」第1楽章 「田園に到着した歓び」

ベートーヴェン Symphony No.6-1:Op.68 Allegro ma non troppo

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

ロマン派以降の標題音楽の作曲家に大きく影響を与えたベートーヴェンの9つの交響曲の中においては、唯一の5楽章で構成されている交響曲。各楽章に表題がつけられている。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2006/10、Update:2006/10)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第6番「田園」第2楽章 「小川のほとりの情景」

ベートーヴェン Symphony No.6-2 Andante molto mosso:12/8

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

流麗で長閑なメロディーにより小川のほとりの情景が表現される。楽章を通して小川のせせらぎの音が弦楽合奏で奏でられ、曲の終結部では夜鶯や鶉、カッコウの鳴き声が木管楽器で模倣される。原題はSzene am Bach. ソナタ形式。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2011/05、Update:2011/05)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第6番「田園」第4楽章 「雷雨、嵐」

ベートーヴェン Symphony No.6-4 Allegro

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

原題はGewitter und Sturm、特に決まった形式はない。この楽章のみピッコロとティンパニが加わり、楽しい村民の集いを突然襲った昼下がりの激しい驟雨の様子を活写する。低弦が遠雷の様子を、中高弦・木管が怪しい風音・閃光と雨足を、全管とティンパニが激しい雷鳴と大地の鳴動を表現し、最終部では雨足が遠のき雷雲が去って晴れ間が差した清々しい麗らかな田舎の情景が奏でられる。第2のスケルツォと位置付けることもできる。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2011/05、Update:2011/05)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第6番「田園」第5楽章 「牧人の歌−嵐の後の喜ばしい感謝の感情」

ベートーヴェン Symphony No. 6-5 Allegretto Hirtengesange. Frohe und dankbare Gefuhle nach dem Sturm.

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

雨が上がり、日が差し、自然への畏敬と感謝の牧歌が歌い上げられる長閑で穏やかな牧歌の印象。牧笛を模したクラリネットとホルンによる導入句が象徴的。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2011/09、Update:2011/09)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第7番 第1楽章 Poco sostenuto-Vivace

ベートーヴェン Symphony No.7-1 Op.92

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

明るく軽快な曲想から広く支持され、現在でも演奏される機会が多い。付点音符によるシチリアーノの軽快なリズムが主題部展開部再現部すべてを支配している。テレビや映画でもよく使用され、「のだめカンタービレ」 オープニング、エンディングや、アサヒビール「ザ・マスター」をはじめとするCM曲などでよく聴く。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 軽快 (Release:2004/09、Update:2020/11)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第7番 第2楽章 Allegretto

ベートーヴェン Symphony No.7-2 Op.92

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

初演時に聴衆から特に支持された楽章。「不滅のアレグレット」と呼ばれている。アレグレットは、「少し速く」と言う速度記号であるが、ベートーヴェンは、ゆっくり、しかし普通のアンダンテやアダージョよりは速くしてほしい、という意味で、この設定にしたと言われている。映画では、『未来惑星ザルドス』、『落下の王国』、『ノウイング』など。アニメでは『銀河英雄伝説』などで使用されている。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 神秘的 ゆったり 厳粛 落ち着き (Release:2004/09、Update:2019/08)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第7番 第4楽章 Allegro con brio

ベートーヴェン Symphony No.7-4 Op.92

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

熱狂的なフィナーレ。古典音楽では普通4/4拍子の1拍めと3拍めに強拍画来るが、アウフタクトである2拍目、4拍目にアクセントが置かれ、現代のポップスのリズムに通ずるものがあり、ベートーヴェンの交響曲中でも、最もリズミカルな曲である。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2004/08、Update:2020/11)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第8番 第1楽章

ベートーヴェン Symphony No.8 1. Allegro vivace e con brio

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

ヘ長調 作品93 1. Allegro vivace e con brio 4分の3拍子 比較的小規模で古典的な印象を受けるが、従来の古典的な形式に則っていて、独創的で工夫と表現にあふれた傑作。 スフォルツァンドを多用し音のバランスをとるのが難しい。第2主題がニ長調を通り、ワルツ調に提示される。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 優雅 (Release:2017/06、Update:2017/06)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第9番 第1楽章

ベートーヴェン Symphony No.9 Op.125 1. Allegro ma non troppo、 un poco maestoso

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

ニ短調 2/4拍子、ソナタ形式。第九 冒頭の弦楽器のトレモロにのせて第1主題の断片的な動機が提示される。第1主題は、ニ音とイ音による完全五度を骨格とした力強い主題であり、音楽に大きな律動感を与えている。第2主題部の導入部は、第4楽章で現れる「歓喜」の主題を予め暗示させるような効果を持つ。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 年末年始 (Release:2012/10、Update:2012/10)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第9番 第2楽章

ベートーヴェン Symphony No9-2 Molto vivace - Presto

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

ニ短調 3/8拍子 - ニ長調 2/2拍子、複合三部形式をとるスケルツォ楽章 弦楽器のユニゾンとティンパニで始まる序奏に続き提示部ではフーガのようにテーマが絡み合い、展開部ではティンパニが活躍する。中間部の旋律は、歓喜の主題に似ている。オーボエによる主題提示の後、弦楽器群のフーガ風旋律を経てホルンが同じ主題を提示し、木管楽器群の主題提示の後、今度は全合奏で主題を演奏する。(第九)

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 気品 繊細 年末年始 (Release:2012/11、Update:2012/11)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第9番 第3楽章

ベートーヴェン Symphony No.9-3 Adagio molto e cantabile - Andante maestoso

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

第九の中で瞑想的な緩徐楽章。木管パートとホルンのハーモニーが美しい。当時のホルンはまだナチュラルホルンが主流で、4番ホルンの独奏は、微妙なゲシュトプフト奏法を駆使しなければ演奏することができなかった。 2つの主題が交互に現れる一種のロンド形式で、やはり最終楽章が有名で人気があるが、この楽章のファンも多い。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ ゆったり 繊細 華麗 年末年始 (Release:2015/12、Update:2015/12)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第9番 第4楽章 合唱付

ベートーヴェン Symphony No.9-4 Op.125

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

O Freunde、 nicht diese Tone!Sondern laBt uns angenehmere anstimmen und freudenvollere. おお友よ、このような音ではない!我々はもっと心地よいもっと歓喜に満ち溢れる歌を歌おうではないか… 日本では、年末になると各地で第九のコンサートが開かれ、単に演奏を聴くだけではなく、合唱に参加型のコンサートも増えている。日本で年末に『第九』が頻繁に演奏されるのは、戦後オーケストラの収入が少なく、楽団員の年末年始の生活状況を改善するため、「必ず客が入る曲目」であった『第九』を日本交響楽団(今のN響)が年末に演奏するようになり、それが定着したと言われている。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 力強い 荘厳 躍動 年末年始 (Release:2006/12、Update:2009/12)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:弦楽四重奏曲第9番 第3楽章《ラズモフスキー第3番》

ベートーヴェン String Quartet No. 9 No.3(Rasumovsky)Op. 59

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

Menuetto、Grazioso ラズモフスキー伯爵の依頼によって弦楽四重奏曲の依頼を受け作曲された弦楽四重奏曲は、 ラズモフスキー四重奏曲としてOp.59として出版された。 この曲はその3曲のうちの3番目の曲の3楽章。

Beethoven Germany 古典派音楽 室内楽 弦楽四重奏 甘美 気品 美しい やさしい 落ち着き (Release:2013/09、Update:2013/09)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:ホルンソナタ ピアノとホルン

ベートーヴェン Horn Sonata F-Dur Op.17

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

この曲は、ベートーヴェン自身がピアノを弾き、当時のホルンの名手として広く知られたジョヴァンニ・プントと共演するために書かれた。ホルンとピアノのための作品としては史上初ではないかと言われている。当時のナチュラルホルンの特性を最大限に引き出し、ピアノパートも技巧的に書かれている。

Beethoven Germany 古典派音楽 室内楽 ホルンとピアノ (Release:2008/10、Update:2008/10)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:エグモント序曲

ベートーヴェン Egmont Overture Op.84

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

Sostenuto, ma non troppo - Allegro、ヘ短調→ヘ長調。 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの1787年の同名の戯曲のための劇付随音楽。現在ではこの序曲のみが単独で演奏される事が多いが、全10曲の構成である(この序曲は1番目)。力強く雄渾多感な序曲は、ベートーヴェン中期の終わりに位置する作品で、「交響曲 第5番」と同じくらいに有名。

Beethoven Germany 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2005/02、Update:2008/01)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:歌劇 フィデリオ 序曲

ベートーヴェン Fidelio Overture Op.72

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

「フィデリオ」は、ベートーヴェンの唯一のオペラである。「フィデリオ」の序曲をは何度も改訂を重ねられたため、「フィデリオ序曲」あるいは「レオノーレ序曲」として4曲が書かれている。三度目の公演のため台本を改訂した際に作られたのがこの曲で、今日では、「フィデリオ」序曲として一般的になっている。

Beethoven Germany 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2011/02、Update:2011/02)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:ピアノソナタ第20番 第1楽章 Allegro ma non troppo

ベートーヴェン Piano Sonata No20 1st Mvmt. Allegro ma non troppo

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

元々の題名は「2つのやさしいソナタ」で、2楽章の形式から、しばしばソナチネとされる。 この作品は弟子のために書かれ、それを経済面などやむを得ない事情により出版したものと考えられる。題名通り演奏も容易であり、日本でも初歩の教材として頻繁に取り上げられ、有名である。

Beethoven Germany 古典派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 軽快 ほのぼの かわいい (Release:2013/12、Update:2013/12)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第7番《大公》作品97 第一楽章

ベートーヴェン Trio for Piano, Violin and Cello No. 7 in B Major Archduke mov.1

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

ピアノとヴァイオリン、チェロの為の三重奏曲、変ロ長調、ソナタ形式、4分の4拍子。 優雅さと堂々とした気品がある曲想で、ピアノ三重奏団には必須のレパートリーとなっている。 アマチュア・ピアニストとしては相当の腕前の「ルドルフ大公」に1811年に献呈された曲。

Beethoven Germany 古典派音楽 室内楽 三重奏曲(トリオ) 堂々 優雅 気品 繊細 (Release:2014/08、Update:2014/08)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:ピアノソナタ第14番 月光 第1楽章

ベートーヴェン Piano Sonata14-1(op.27-2) Adagio sostenuto

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

ベートーヴェンが16番目に作曲した番号付きピアノソナタ。『幻想曲風に』 (Quasi una Fantasia:cis-moll)一般には『月光ソナタ』として知られており、ベートーヴェンの三大ピアノソナタのひとつ。 第1楽章 Adagio sostenuto(attacca)嬰ハ短調。

Beethoven Germany 古典派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 (Release:2011/07、Update:2011/07)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:ピアノ協奏曲1番 第3楽章 ロンド アレグロ

ベートーヴェン Piano Concerto 1-3 OP15 Rondo Allegro-Scherzando

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

ロンド形式、アレグロ-スケルツォ。独奏と管弦楽がにぎやかに掛け合いをする。最後のティンパニの連打は史上最初の打楽器ソロの難解なパッセージだった。

Beethoven Germany 古典派音楽 協奏曲 ピアノとオーケストラ (Release:2012/11、Update:2012/11)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス 第2番ヘ長調 作品50

ベートーヴェン Romance for Violin and Orchestra in F Major Op.50

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

1798年に作曲されたヴァイオリンと管弦楽のための楽曲。 楽器編成は、独奏ヴァイオリン、フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン(F管)2、弦五部。 ロンド形式による優美な小品

Beethoven Germany 古典派音楽 管弦楽 バイオリンとオーケストラ 繊細 美しい NewYear 入学式 卒業式 (Release:2018/12、Update:2018/12)

 ▶︎試聴するモーツァルト:フルートとハープのための協奏曲 K299 ハ長調

モーツァルト Concerto for Flute, Harp, and Orchestra K299 C-Dur

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

ハ長調、4分の4拍子、ソナタ形式。 独奏楽器を加えたオーケストラのトゥッティがハ長調の分散和音による華やかな第1主題を奏して始まり、pとfを交替させつつ次第に盛り上がって行くという、当時の協奏曲によく用いられた手法で続けられる。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 フルートとハープとオーケストラ (Release:2021/07、Update:2021/07)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ホルン協奏曲 第1番 第1楽章 Allegro ニ長調

モーツァルト Horn Concerto No.1-1 K.412

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

モーツァルトは、ホルンの曲を複数残しているが、この1番から4番の協奏曲は、友人のホルン奏者の「ロイトゲープ」(ヨーゼフ・ライトゲープ)のために作曲されたとされている。 作曲された順番も第2番、第4番、第3番、第1番の順で、演奏技術的に易しくなって行く傾向にある。第1番では、曲全体の調性が他の曲より半音下げてニ長調となっていて、高音はB4止まり。これはロイトゲープの加齢による技量の衰えをモーツァルトが配慮したものであろうという説がある。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ ほのぼの 優雅 気品 入学式 卒業式 (Release:1999/05、Update:2014/04)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ホルンのためのコンチェルトロンド 変ホ長調 K.371

モーツァルト Concert Rondo Allegro

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

1781年に作曲された単一のロンド楽章。 独奏部分は完成しているが、伴奏部分のスコアは未完成部分が多い。1989年、長い間紛失していた中間部の60小節の自筆譜が発見され、この曲の本来の姿がようやく判明したが正式なスコアを見つけるのは難しい。それ以前は、この部分を欠落させたまま補筆・録音されていた。「協奏風ロンド」、「コンサートロンド」などと呼ぶ場合もある。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとピアノ 軽快 陽気 のどか 優雅 (Release:2014/05、Update:2014/05)

 ▶︎試聴するモーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622 第1楽章

モーツァルト Clarinet Concerto A Major K.622 1st. movement Allegro

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

モーツァルトの協奏曲最期の作品で、クラリネットのための唯一の協奏曲。 1楽章は12分以上あり、359小節に及ぶ長大なもの。オーケストラによる主題提示から始まり、存分に歌い上げられる。カデンツァは置かれてなく、第2主題の提示は省かれている。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 クラリネットとオーケストラ 楽しい 甘美 かわいい やさしい (Release:2005/09、Update:2021/04)

 ▶︎試聴するモーツァルト:クラリネット協奏曲 第3楽章 ロンド 新音源TEST

モーツァルト Clarinet Concerto1-3 Rondo Sound TEST

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

クラリネットと弦の一部に新しいソフト音源を使用したテストです。 バランスとコントローラーのカーブが異なるので調整中です。 慣れるまで時間がかかりそうです...

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 クラリネットとオーケストラ (Release:2012/05、Update:2012/05)

 ▶︎試聴するモーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲

モーツァルト The Marriage of Figaro Overture K.V.492

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

序曲(この曲)と全4幕からなるオペラ。 初演は、モーツァルトが30歳の時、1786年5月1日 ウィーン、ブルク劇場。 結婚を間近に控えているアルマヴィーヴァ伯爵の家来、フィガロと屋敷の小間使い、スザンナ、フィガロに恨みを持つ医者バルトロ、ロジーナ伯爵夫人など、描き出す巧みな人間関係...上質な喜劇といして楽しめるオペラ。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい 優雅 (Release:1994/07、Update:2019/03)

 ▶︎試聴するモーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲 (ドン・ジョバンニ)

モーツァルト Don Giovanni Overture K.527

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

1787年に初演。序曲はわずか一晩で書かれたが、円熟した曲に仕上がっており、よく演奏会で独立して演奏される。騎士長の亡霊の場面の序奏と軽快なアレグロからなるソナタ形式。なお、この序曲ははっきりしたコーダを持たず、そのままオペラの導入曲につながるので、モーツァルト自身が、演奏会用の華々しいコーダを別に作曲している。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ (Release:1994/08、Update:2021/01)

 ▶︎試聴するモーツァルト:歌劇「魔笛」序曲

モーツァルト The Magic Flute Overture K.620

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

モーツァルトが最後に完成させたオペラ。台本は興業主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダー。 序曲には、全曲を通じて大きな役割を果たす「フリーメイソンの三和音」が登場する。第1主題はクレメンティの『ピアノソナタ 変ロ長調』の第1楽章主題に酷似しており、モーツァルトがこの曲でクレメンティをからかったという見方がある。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ (Release:1994/08、Update:2004/10)

 ▶︎試聴するモーツァルト:「魔笛」より、アリア「私は鳥刺し」 パパゲーノ

モーツァルト Arie - Der Vogelfanger bin ich ja from Die Zauberflote

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

『魔笛』第1幕で、パパゲーノの初めての登場時にパンフルートを吹きながら愉快に歌う。 歌の内容はパパゲーノの職業である鳥刺しについて歌ったもの。パパゲーノの陽気さを率直に表したアリア。 アンダンテ、ト長調、2/4拍子。 歌詞: Der Vogelfanger bin ich ja Stets lustig、 heiBa、 hopsassa! Ich Vogelfanger bin bekannt Bei Alt und Jung im ganzen Land. WeiB mit dem Locken umzughen Und mich aufs Pfeifen zu verstehn. Drum kann ich froh und lustig sein、 Denn alle Vogel sind ja mein.

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 オペラ シンフォニックオーケストラ (Release:2012/01、Update:2012/01)

 ▶︎試聴するモーツァルト:魔笛より『夜の女王のアリア』 復讐の炎は地獄のように我が心に燃え

モーツァルト Der Holle Rache kocht in meinem Herzen from Die Zauberflote

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

『魔笛』の登場人物「夜の女王」が、第2幕で歌う2番目のアリア、『魔笛』でもっとも有名。 夜の女王が娘パミーナにナイフを渡して、宿敵ザラストロを殺害するように命じる場面で歌われる。「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」復讐心の苛烈さを歌ったものである。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 オペラ 歌とオーケストラ (Release:2011/07、Update:2011/07)

 ▶︎試聴するモーツァルト:「魔笛」より、アリア「娘か可愛い女房が一人」 パパゲーノ

モーツァルト Arie - Ein Madchen oder Weibchen wunscht Papageno sich!

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

パパゲーノが、可愛い女の子か奥さんがいたら、この世は実に素晴らしいと歌う楽天的なアリア。 グロッケンシュピールの音が美しく響く。 モーツァルトは、2つのパパゲーノのアリアを、当時の流行歌から取ったという。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 オペラ シンフォニックオーケストラ (Release:2012/01、Update:2012/01)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 第2楽章 Andante

モーツァルト Piano Concert No.21-2 KV.467

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

ヘ長調 2/2拍子 三部形式 この楽章のメロディは、モーツァルトの曲の中でも最も有名なものの一つ。 1967年製作のスウェーデン映画「みじかくも美しく燃え」でこのメロディが使われ有名になった。 一度聞いたら忘れられない非常に美しいメロディである。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ピアノとオーケストラ (Release:2012/05、Update:2012/05)

 ▶︎試聴するモーツァルト:レクイエム イントロイトゥス【入祭唱】

モーツァルト Requiem Introitus K.626

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

レクイエムとは、死者の安息を神に願うミサ曲、典礼として死者のためのミサまたは死者を追悼する音楽。 モーツァルト自身が完成させたのは、この第1曲だけである。モーツァルトの死後、未完のまま残され、弟子のフランツ・クサーヴァー・ジュースマイヤーにより補筆完成された。ニ短調 アダージョ 4分の4拍子 合唱・ソプラノ独唱。ヴェルディ、フォーレの作品とともに「三大レクイエム」の一つとされる。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 レクイエム 合唱とオーケストラ 祈り おごそか (Release:2011/03、Update:2011/03)

 ▶︎試聴するモーツァルト:交響曲 第25番 第1楽章 Allegro con brio

モーツァルト Symphony No.25-1 K.183

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

Allegro con brio ト短調、ソナタ形式 モーツァルトの交響曲のうち、短調で書かれているのはこの曲と第40番のみである。第40番のト短調交響曲に対して、小ト短調ともよばれる、わずか17歳の時に作曲された。 映画『アマデウス』の冒頭部分で使用されたことで有名。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2007/12、Update:2007/12)

 ▶︎試聴するモーツァルト:交響曲第25番 第3楽章 Menuetto / Trio

モーツァルト Symphony No.25-3 Menuetto / Trio

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

この時代にしては珍しくホルンを4本用いている、当時はバルブホルンが無く、ナチュラルホルンを使っていて、特に短調の場合は出せる音が限られてしまうので、G管とBb管を混ぜて4本にして使う事で補っている。このため中ほどの木管アンサンブルの所では不完全ながらも主題を奏でることが出来るようになっている。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 華麗 情熱 (Release:2013/05、Update:2013/05)

 ▶︎試聴するモーツァルト:交響曲第31番《パリ》 第一楽章

モーツァルト Symphony No. 31 Paris 1. Allegro assai

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

1778年、パリの演奏団体コンセール・スピリチュエルの支配人ジャン・ル・グロからの依頼によって作曲されたため『パリ』の愛称で呼ばれる。クラリネットを含む完全な2管編成。 第1楽章 アレグロ・アッサイ ニ長調 4分の4拍子 ソナタ形式

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 軽快 明るい 優雅 優しい (Release:2015/01、Update:2015/01)

 ▶︎試聴するモーツァルト:交響曲第31番《パリ》 第二楽章

モーツァルト Symphony No. 31 Paris 2. Andante

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

アンダンテ ト長調 8分の6拍子 パリの演奏団体コンセール・スピリチュエルの支配人ジャン・ル・グロの注文により第2楽章は書き直された。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 明るい かわいい ゆったり (Release:2015/02、Update:2015/02)

 ▶︎試聴するモーツァルト:交響曲第31番《パリ》 第三楽章

モーツァルト Symphony No. 31 Paris 3. Allegro grazioso-Molto vivac

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

終楽章はこの第三楽章。 アレグロ ニ長調 2分の2拍子 ソナタ形式。ピアニッシモで始まり、突然のフォルテで驚かせるような始まり方をするフィナーレ。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい 優雅 繊細 (Release:2015/02、Update:2015/02)

 ▶︎試聴するモーツァルト:交響曲 第39番 第1楽章 Adagio-Allegro

モーツァルト Symphony No.39-1 K.543

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

モーツァルト晩年の「3大交響曲」(第39番、第40番、第41番)の最初の曲。 モーツァルトは、交響曲第40番を除き、これらの曲の演奏を聴かずに世を去ったと推測されている。 変ホ長調 2/2拍子(序奏)3/4拍子

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2008/01、Update:2008/01)

 ▶︎試聴するモーツァルト:交響曲 第39番 第2楽章 Andante con moto

モーツァルト Symphony No.39 Andante con moto

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

編成: フルート1、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2 第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス (木管楽器群にオーボエを欠くのは、モーツァルトの作品では例外的な編成である。)

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2011/12、Update:2011/12)

 ▶︎試聴するモーツァルト:交響曲 第40番 第1楽章 ト短調 Molto Allegro

モーツァルト Symphony No.40-1 Molto Allegro g-minor K.550

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

モルト・アレグロ、ト短調 2分の2拍子 ソナタ形式。 最初の有名な主題(2音の短二度下降型)は、「ため息のモチーフ」とも呼ばれ、全曲で姿を繰り返し表す特徴的な旋律。モーツァルトの交響曲の中でも最も有名なものの1つで、短調のものはこの作品を含めてわずか2曲しかなく、その両方がト短調であるため、こちらを「大ト短調」、もう一方の交響曲第25番を「小ト短調」と呼ぶことがある。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 甘美 繊細 せつない (Release:1994/05、Update:2020/12)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ピアノソナタ16番 第1楽章 Allegro

モーツァルト Piano Sonata16-1 KV545

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

モーツァルトは、この曲について「初心者のための小クラヴィーア・ソナタ」と書いている。このソナタは、今日でもピアノのレッスン教材として広く親しまれ、ソナチネアルバムにも収められており、ピアノのレッスンにはおなじみの曲となっている。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 (Release:2011/02、Update:2011/02)

 ▶︎試聴するモーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス ニ長調、K.618

モーツァルト Ave Verum Corpus

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

カトリックで用いられる聖体賛美歌、主に聖体祭のミサで用いられた。 歌詞 Ave verum corpus natum de Maria Virgine.  Vere passum immolatum in cruce pro homine cujus latus perforatum fluxit aqua et sanguine. Esto nobis praegustatum mortis in examine. O Iesu dulcis、O Iesu pie、O Iesu Fili Mariae. Amen.

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 ミサ曲 合唱とオーケストラ 祈り 厳粛 おごそか クリスマス (Release:2013/01、Update:2013/01)

 ▶︎試聴するモーツァルト:音楽の冗談 K.522 第1楽章 ヘ長調

モーツァルト Ein Musikalischer Spaß (a musical Joke)

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

同時代の下手な演奏家や稚拙な作曲家をからかうために作曲されたと言われている曲。 古典派音楽の慣例にない和声、不自然な7小節の主題、誤った音進行、禁則である平行5度進行、奇妙な転調など、笑いやユーモアのある音楽として、当時の聴衆へ届いていた。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 室内楽 チェンバーオーケストラ (Release:2020/11、Update:2020/11)

 ▶︎試聴するシューベルト:交響曲 第8番 ロ短調「未完成」 第1楽章

シューベルト Symphony No.8 Unfinished D.759 1st. mov.

Schubert(1797〜1828)

オーストリア

交響曲は通常4つの楽章から構成されるが、シューベルトは第2楽章まで完成させ、スケルツォ(第3楽章)をほぼ仕上げながら、そこで作曲をやめてしまっため、第2楽章までしかない未完成交響曲となってしまった。 かつてのレコード業界では「運命(ベートーヴェン)」と「未完成」の大衆的な人気にあやかり、組み合わせる事が多く、今でもコンサートのプログラムではこのカップリングは多い。

Schubert Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 堂々 幻想的 せつない 甘美 (Release:2005/05、Update:2021/08)

 ▶︎試聴するシューベルト:交響曲第8番(7番)「未完成」 第2楽章 Andante con moto

シューベルト Symphony No.8-2 Unfinished

Schubert(1797〜1828)

オーストリア

ホ長調、8分の3拍子。三部形式。穏やかな下降音階の第1主題が提示される。コーダでは、シューベルトが好んで用いた三度転調により一時変イ長調に転調する。 この第2楽章まで完成させ、スケルツォ(第3楽章)をスケッチまでほぼ仕上げながら、そこで作曲を中止してしまった。このような経緯により交響曲ロ短調D759は、第2楽章までしかない未完成交響曲となってしまった。「シューベルトは、第2楽章までのままでも十分に芸術的であると判断し、それ以上のつけたしは蛇足に過ぎないと考えた」という説などがある。

Schubert Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 甘美 気品 美しい やさしい (Release:2013/06、Update:2013/06)

 ▶︎試聴するシューベルト:交響曲第9番「ザ・グレイト」D 944 第1楽章 ハ長調

シューベルト Symphony No.9 The Great 1st movement

Schubert(1797〜1828)

オーストリア

通称「ザ・グレート」と呼ばれるこの曲は、同じく「ハ長調」の「第6番に比較して大きい」といった程度の意味合で「偉大な」という意味は持たなかったが、そのスケールや楽想、規模は「ザ・グレート」の名に相応しく、現在ではこの曲の通称として定着している。 第1楽章は、 序奏付きソナタ形式。ホルンの伴奏を伴うユニゾンでおおらかに始まり、この序奏部分が楽章全体を構成する主要なモチーフを提示している。

Schubert Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2012/06、Update:2012/06)

 ▶︎試聴するシューベルト:交響曲第9番「ザ・グレイト」D 944 第2楽章

シューベルト Symphony No.9 The Great 2nd Andante con moto

Schubert(1797〜1828)

オーストリア

Andante con moto イ短調、2/4拍子。 主としてオーボエの主旋律鼻便はスタッカートが特徴のリズミカルな動機を主体とし、かつ3つの異なる旋律から構成され、ピアノとフォルテシモの頻繁な交代を特徴としている。次にヘ長調になり、先ほどとは対照的に息の長いレガートを主体とした下降旋律を特徴とする。中間部のホルンと弦との対話はシューマンが絶賛したと言われている。

Schubert Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2021/05、Update:2021/05)

 ▶︎試聴するシューベルト:ピアノ五重奏曲 D667 第4楽章『鱒』による変奏曲

シューベルト Piano Quintet、 4.Andantino-Allegro Op.114

Schubert(1797〜1828)

オーストリア

ピアノ五重奏曲としては変則的な編成で、ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロおよびコントラバスという編成。シューベルトの唯一のピアノ五重奏曲であり、第4楽章が歌曲「鱒 D550」の旋律による変奏曲であるために「鱒」という副題がついている。

Schubert Austria 古典派音楽 室内楽 ピアノと弦楽 ほのぼの 躍動 入学式 卒業式 (Release:2009/06、Update:2017/12)

 ▶︎試聴するロッシーニ:セビリアの理髪師 序曲

ロッシーニ Barbiere di Siviglia Overture

Rossini(1792〜1868)

イタリア

カロン・ド・ボーマルシェ(フランスの劇作家)の書いた風刺的な戯曲を題材に作曲された2幕のオペラの序曲。この序曲は単独で演奏されることも多い。元々はオペラ『パルミーラのアウレリアーノ』(1813年作曲)の序曲として書かれたものである。喜劇『フィガロの結婚』、正劇『罪の母』とともに3部作と言われている。

Rossini Italy 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2011/06、Update:2020/09)

 ▶︎試聴するモーツァルト父:おもちゃの交響曲 第1楽章 ハ長調

モーツァルト父 Toy Symphony C-Dur

Mozart (Leopold )(1719〜1787)

ドイツ

この曲は、レオポルトの作品ということが定着しているが、ハイドン説や、神父のエトムント・アンゲラー説もある。三楽章からなる小交響曲で、『こどもの交響曲』(Kindersymphonie)とも呼ばれる。第1楽章は、アレグロ、ハ長調、4/4拍子。簡単なソナタ形式。

Mozart (Leopold ) Germany 古典派音楽 交響曲 チェンバーオーケストラ (Release:2011/02、Update:2011/02)

 ▶︎試聴するハイドン:弦楽四重奏曲第17番 第1楽章 ヘ長調

ハイドン Presto and Scherzando String Quartet in F、 Op. 3/5 Hob.III:17

Haydn(1732〜1809)

オーストリア

この弦楽四重奏曲第17番(Op.3)は、すべてロマン・ホフシュテッターの作曲ではないかという説が1964年に提議された。諸説があるが、何れも決定的な結論を見るに至っていない。

Haydn Austria 古典派音楽 室内楽 弦楽四重奏 (Release:2011/07、Update:2011/07)

 ▶︎試聴するハイドン:弦楽四重奏曲第17番 第2楽章 セレナード

ハイドン String Quartet Op.3 2.Andante Cantabile(Serenade)

Haydn(1732〜1809)

オーストリア

この曲は、「ハイドンのセレナード」、ハイドンの作曲としても、またOP.3が深くハイドン作曲として浸透しているが、Op.3の自筆原稿は紛失したか、書かれなかったか。発見はされていない。ロマン・ホフシュテッターの作曲ではないかという説もある。

Haydn Austria 古典派音楽 室内楽 弦楽四重奏 (Release:2011/06、Update:2011/06)

 ▶︎試聴するハイドン:オペラ「月の世界」 序曲

ハイドン Opera Mondo della Luna Overture

Haydn(1732〜1809)

オーストリア

3幕からなるオペラの序曲。 原作は喜劇作家カルロ・ゴルドーニのイタリア語の戯曲、上演やレコーディングがほとんどなされていない。 ハイドンは、この序曲を後に交響曲第63番の第1楽章に転用してている。

Haydn Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 軽快 明るい 気品 (Release:2014/06、Update:2014/06)

 ▶︎試聴するハイドン:交響曲第104番「ロンドン」 第1楽章 Adagio - Allegro

ハイドン Symphony No.104 (London) 1st mov

Haydn(1732〜1809)

オーストリア

ハイドンが作曲した最後の交響曲、ニ短調、4/4拍子 → ニ長調、2/2拍子。序奏付きのソナタ形式。 「ロンドン」の名称は、19世紀になってから付けられたもので特に意味はないとされている。

Haydn Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 重厚 素朴 華麗 (Release:2013/07、Update:2013/07)

close

楽曲検索

Loading…