Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM。
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラです。

人気のクラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 77人の作曲家の522曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくはこちらをクリック「ダウンロード販売について」

New songs and updates help
  • 楽曲のタイトルや説明文をクリックするとプレーヤーが出現します。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りから削除されます。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
    一度表示すればページを遷移させることなく曲の演奏を素早く開始することができます。
検索楽曲検索を開く

検索結果 7/522)#ゆったり ✖ 検索解除

PlayBeethoven:Symphony No.7-2 Op.92

ベートーヴェン 交響曲第7番 第2楽章 Allegretto

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

初演時に聴衆から特に支持された楽章。「不滅のアレグレット」と呼ばれている。アレグレットは、「少し速く」と言う速度記号であるが、ベートーヴェンは、ゆっくり、しかし普通のアンダンテやアダージョよりは速くしてほしい、という意味で、この設定にしたと言われている。映画では、『未来惑星ザルドス』、『落下の王国』、『ノウイング』など。アニメでは『銀河英雄伝説』などで使用されている。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 神秘的 ゆったり 厳粛 落ち着き

PlayStravinsky:The Firebird 6. Lullaby (Berceuse)

ストラヴィンスキー 組曲「火の鳥」(1919年版)より 6.子守歌

ストラヴィンスキー(1882〜1971)

ロシア

踊り疲れた魔物に火の鳥が歌って聴かせるファンタスティックな「子守唄」 子守唄のファゴットとオーボエのソロ掛け合いは、テンポをおさえた暖かいメロディーではじまり、際限まで弱音を意識したピアニッシモでフィナーレに進む。

絞込みタグ:Stravinsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ ゆったり おごそか

PlaySchumann:Symphony No.4 2nd. Mov. Ziemlich langsam

シューマン 交響曲四番 第二楽章 ロマンツェ

シューマン(1810〜1856)

ドイツ

ロマンツェ かなり緩やかに。イ短調、3/4拍子、三部形式。 オーボエとチェロのソロにより、第一楽章の第一主題に基づく中世ロマンス的な旋律と序奏の主題を示す。中間部はソロヴァイオリンが3連符で流れるような旋律を奏で、静かに終わる。

絞込みタグ:Schumann Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 繊細 ゆったり ロマンチック

PlayBorodin:In the Steppes of Central Asia

ボロディン 中央アジアの高原にて

ボロディン(1833〜1887)

ロシア

ロシアの歌とアジアの旋律が溶け合って、不思議なハーモニーを作る。 ロシア人とアラビア人との中央アジア草原での交流を音楽化したもので、この情景はボロディンの想像であり、実際に行ったわけでは無いとされる。

絞込みタグ:Borodin Russia 国民楽派 交響詩 シンフォニックオーケストラ 牧歌的 のどか 甘美 美しい ゆったり

PlayBeethoven:Symphony No.9-3 Adagio molto e cantabile - Andante maestoso

ベートーヴェン 交響曲第9番 第3楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

第九の中で瞑想的な緩徐楽章。木管パートとホルンのハーモニーが美しい。当時のホルンはまだナチュラルホルンが主流で、4番ホルンの独奏は、微妙なゲシュトプフト奏法を駆使しなければ演奏することができなかった。 2つの主題が交互に現れる一種のロンド形式で、やはり最終楽章が有名で人気があるが、この楽章のファンも多い。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ ゆったり 繊細 華麗 NewYear 年末年始

close

楽曲検索

Loading…