Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM。
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラです。

人気のクラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 77人の作曲家の521曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくはこちらをクリック「ダウンロード販売について」

New songs and updates help
  • 楽曲のタイトルや説明文をクリックするとプレーヤーが出現します。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りから削除されます。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
    一度表示すればページを遷移させることなく曲の演奏を素早く開始することができます。
検索楽曲検索を開く

検索結果 22/521)#NewYear ✖ 検索解除

PlayJohann Strauss II:G’schichten aus dem Wienerwald Op.325

ヨハン・シュトラウス2世 ウィーンの森の物語

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

1868年作曲のウィンナワルツ。オーストリアの民族楽器チター(ツィター/Zither)が使用されている。 チターは映画「第三の男」のテーマソングをアントーン・カラスが弾いた楽器としても知られている。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ワルツ シンフォニックオーケストラ のどか 華麗 優雅 NewYear

PlayBeethoven:Romance for Violin and Orchestra in F Major Op.50

ベートーヴェン ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス 第2番ヘ長調 作品50

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

1798年に作曲されたヴァイオリンと管弦楽のための楽曲。 楽器編成は、独奏ヴァイオリン、フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン(F管)2、弦五部。 ロンド形式による優美な小品

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 管弦楽 バイオリンとオーケストラ 繊細 美しい NewYear 入学式 卒業式

PlayJohann Strauss II:Kaiser-Walzer Op.437

ヨハン・シュトラウス2世 皇帝円舞曲

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

『皇帝円舞曲』は、1889年作曲のウィンナワルツ。シュトラウス2世晩年のワルツの中では最も人気のある楽曲だった。当時のオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が,ドイツ帝国皇帝ヴィルヘルム2世を表敬訪問した際に作曲された。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ワルツ シンフォニックオーケストラ 華麗 優雅 気品 NewYear

PlayJohann Strauss II:Wiener Blut

ヨハン・シュトラウス2世 ウィーン気質 Op. 354

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の娘ギーゼラとバイエルン公との結婚を祝して作曲された。後に同名のオペレッタが製作されている。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートでしばしば演奏される。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ワルツ シンフォニックオーケストラ 陽気 楽しい 明るい 優雅 NewYear

PlayJohann Strauss II:An der schonen blauen Donau Op.314

ヨハン・シュトラウス2世 美しき青きドナウ

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

1867年に作曲された非常に有名で人気のあるワルツ。ヨハン・シュトラウス 二世やワルツの代名詞的な作品として広く親しまれている。 毎年1月1日に行われる、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートの定番曲でもある。 曲は弦楽器のトレモロに乗って有名な主題旋律をホルンが静かに奏し、ドナウ川の源流と黒い森の情景が描かれる。次第にワルツに発展し、ニ長調の主部となる。その後明るい5つのワルツが連結された後、主部が再現され、華やかなコーダとなり終わる。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ワルツ シンフォニックオーケストラ 躍動 優雅 気品 NewYear 入学式

PlayJohann Strauss II:Die Fledermaus Overture Op.367

ヨハン・シュトラウス2世 こうもり序曲 オペレッタ『こうもり』より

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

『こうもり序曲(Die Fledermaus Overture)』は、1874年に初演された全三幕のオペレッタ(喜歌劇)「こうもり(Die Fledermaus)」で用いられる楽曲。数あるウィンナ・オペレッタの中でも最高峰とされる作品で、「オペレッタの王様」とも称される。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 陽気 楽しい 優雅 NewYear

PlayBeethoven:Symphony No.9-4 Op.125

ベートーヴェン 交響曲第9番 第4楽章 合唱付

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

O Freunde、 nicht diese Tone!Sondern laBt uns angenehmere anstimmen und freudenvollere. おお友よ、このような音ではない!我々はもっと心地よいもっと歓喜に満ち溢れる歌を歌おうではないか… 日本では、年末になると各地で第九のコンサートが開かれ、単に演奏を聴くだけではなく、合唱に参加型のコンサートも増えている。日本で年末に『第九』が頻繁に演奏されるのは、戦後オーケストラの収入が少なく、楽団員の年末年始の生活状況を改善するため、「必ず客が入る曲目」であった『第九』を日本交響楽団(今のN響)が年末に演奏するようになり、それが定着したと言われている。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 力強い 荘厳 躍動 NewYear 年末年始

PlayVivaldi:The Four Seasons-spring-2 RV.269

ヴィヴァルディ 協奏曲「四季」第1番「春」2 Largo

ヴィヴァルディ(1678〜1741)

イタリア

牧草地に花は咲き乱れ、空に伸びた枝の茂った葉はガサガサ音を立てる。羊飼は眠り、忠実な猟犬は(私の)そばにいる。 弦楽器の静かな旋律にソロヴァイオリンがのどかなメロディを奏でる。ヴィオラの低いCis音が吠える犬を表現している。

絞込みタグ:Vivaldi Italy バロック音楽 協奏曲 バイオリンとオーケストラ NewYear

PlayBeethoven:Symphony No.9 Op.125 1. Allegro ma non troppo、 un poco maestoso

ベートーヴェン 交響曲第9番 第1楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

ニ短調 2/4拍子、ソナタ形式。第九 冒頭の弦楽器のトレモロにのせて第1主題の断片的な動機が提示される。第1主題は、ニ音とイ音による完全五度を骨格とした力強い主題であり、音楽に大きな律動感を与えている。第2主題部の導入部は、第4楽章で現れる「歓喜」の主題を予め暗示させるような効果を持つ。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 NewYear 年末年始

PlayVivaldi:The Four Seasons-spring-1 RV.269

ヴィヴァルディ 協奏曲「四季」第1番「春」1 Allegro

ヴィヴァルディ(1678〜1741)

イタリア

春がやってきた、小鳥は喜び囀りながら祝っている。小川のせせらぎ、風が優しく撫でる。 春を告げる雷が轟音を立て黒い雲が空を覆う、そして嵐は去り小鳥は素晴らしい声で歌う。 鳥の声をソロヴァイオリンが高らかにそして華やかにうたいあげる。

絞込みタグ:Vivaldi Italy バロック音楽 協奏曲 バイオリンとオーケストラ 軽快 優雅 NewYear 入学式

PlayBeethoven:Symphony No9-2 Molto vivace - Presto

ベートーヴェン 交響曲第9番 第2楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

ニ短調 3/8拍子 - ニ長調 2/2拍子、複合三部形式をとるスケルツォ楽章 弦楽器のユニゾンとティンパニで始まる序奏に続き提示部ではフーガのようにテーマが絡み合い、展開部ではティンパニが活躍する。中間部の旋律は、歓喜の主題に似ている。オーボエによる主題提示の後、弦楽器群のフーガ風旋律を経てホルンが同じ主題を提示し、木管楽器群の主題提示の後、今度は全合奏で主題を演奏する。(第九)

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 気品 繊細 NewYear 年末年始

PlayBeethoven:Symphony No.9-3 Adagio molto e cantabile - Andante maestoso

ベートーヴェン 交響曲第9番 第3楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

第九の中で瞑想的な緩徐楽章。木管パートとホルンのハーモニーが美しい。当時のホルンはまだナチュラルホルンが主流で、4番ホルンの独奏は、微妙なゲシュトプフト奏法を駆使しなければ演奏することができなかった。 2つの主題が交互に現れる一種のロンド形式で、やはり最終楽章が有名で人気があるが、この楽章のファンも多い。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ ゆったり 繊細 華麗 NewYear 年末年始

close

楽曲検索

Loading…