Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM。
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラです。

人気のクラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 77人の作曲家の525曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくはこちらをクリック「ダウンロード販売について」

New songs and updates help
  • 楽曲のタイトルや説明文をクリックするとプレーヤーが出現します。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りから削除されます。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
    一度表示すればページを遷移させることなく曲の演奏を素早く開始することができます。
検索楽曲検索を開く

検索結果 252/525)#ロマン派音楽 ✖ 検索解除

PlayBizet:Carmen Suite No.1 Final.Les Toreadors

ビゼー カルメン組曲1より フィナーレ「闘牛士」

ビゼー(1838〜1875)

フランス

カルメンの護送役を命じられたホセは,カルメンに逃がしてくれとささやかれる。紐を緩めたホセは,カルメンに突き倒され,カルメンは高笑いを残して逃げ去る。第一幕の終了。 この曲はカルメンの中でも特に有名で人気があり、誰もが一回はきいた事のあるクラシックで、テレビ番組やCMでよく使われる便利な曲でもある。 「たけしのTVタックルのテーマ曲」としても有名。

絞込みタグ:Bizet France ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 (Release:1994/08、Update:2016/10)

PlayBizet:Chanson du Toreador Carmen Suite No.2-3

ビゼー カルメン組曲2より 闘牛士の歌

ビゼー(1838〜1875)

フランス

題名の「闘牛士の歌」は通称、「友よ、祝いの酒を」(Votre toast、 je peux vous le rendre)でも知られている。 第2幕でエスカミーリョ(バリトン)が歌い、酒場の客たちの男声合唱が加わる。

絞込みタグ:Bizet France ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2004/12、Update:2012/12)

PlayBizet:L’arlesienne Suite No.2 Farandole

ビゼー アルルの女 第2組曲 第4曲 ファランドール

ビゼー(1838〜1875)

フランス

フランス南部のプロヴァンス地方で踊られる舞曲『三人の王の行進』と『馬のダンス』種類の民謡をもとに作られている。 特に冒頭の主題は広く知られており、人気が高い曲のひとつ。

絞込みタグ:Bizet France ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 躍動 力強い (Release:1992/02、Update:2019/01)

PlayBrahms:Akademische Festouverture Op.80

ブラームス 大学祝典序曲 Academic Festival Overture

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

学生歌から適切な旋律を選択し、洗練された対位法や主題労作の技法、緻密に構成された音色を用いて、創意ある洗練された構成と音楽技法的に評価されるこの曲は、ブラームスが得意な毒舌やブラック・ユーモアで、「学生の酔いどれ歌のひどくがさつなメドレー」を作って『大学祝典序曲』と名づけたと語った。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 躍動 力強い 卒業式 入学式 (Release:2010/10、Update:2018/09)

PlayBrahms:Symphony No.1-1 Op.68

ブラームス 交響曲第1番 第1楽章 Un poco sostenuto - Allegro

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

19年の歳月をかけて、この交響曲第1番を完成させたといわれている。 ブラームスはベートーヴェンを崇拝していた。この作品は後に指揮者のビューローをして「ベートーヴェンの10番目の交響曲の様だ」と語らしめた。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2006/11、Update:2006/11)

PlayBrahms:Symphony No.1-4

ブラームス 交響曲第1番 第4楽章 Adagio - Piu andante -Allegro non troppo、 ma con brio

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

序奏部は堂々と威厳あふれ、木管楽器などを中心とした高揚感のある部分の後、有名なアルペン・ホルン的なホルンのソロの部分になる、このメロディは,ブラームスがクララ・シューマンに贈った情熱的な歌曲の一部。その後,トロンボーンにコラール風の美しい印象的なフレーズが出てくる。再現部を経てクライマックスであるコーダはリズム感ある晴れ晴れとした盛り上がりを見せながら力強く終わる。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2010/12、Update:2010/12)

PlayBrahms:Symphony No.4-1 Op.98

ブラームス 交響曲第4番 第1楽章 Allegro non troppo

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

ホ短調。2/2拍子。ソナタ形式 哀切な表情を持ったヴァイオリンの旋律と、管楽器の三連音を含むリズミックな楽句に続いてチェロとホルンが伸びやかに第2主題的なメロディーを歌う、後に三連音の動機を繰り返しながら悲劇的に第1主題がカノン風に現れ、アーメン終止的に終わる。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 情熱 甘美 美しい せつない ロマンチック (Release:2013/11、Update:2013/11)

PlayBrahms:Symphony No.4-3

ブラームス 交響曲第4番 第3楽章 Allegro giocoso

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

ハ長調。2/4拍子。ソナタ形式。 ブラームスのこれまでの3楽章は間奏曲風の比較的穏やかなものが多かったが、初めてスケルツォ的で、なおかつ2/4拍子の楽章とした。第1主題が豪快、快活にややせわしなく始まり、第2主題はト長調でヴァイオリンによる落ち着いた表情になる。展開部ではホルンが嬰ハ長調で第1主題を変奏し途中から回帰して再現部となる。コーダでは各楽器が第1主題の掛け合いをして振幅の大きな最高潮をむかえる。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 堂々 優雅 (Release:2014/02、Update:2014/02)

PlayBrahms:Clarinet Quintet 1st Mov. op.115

ブラームス クラリネット五重奏曲 第一楽章

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

ブラームスの晩年に完成された、代表的な室内楽曲の1つ。歌曲的な雰囲気に満ちたハーモニーとメロディ、柔軟な旋律線のすべてをクラリネットが担当し、これが橋渡しとなって展開部へ進む。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 室内楽 クラリネットと弦楽 牧歌的 優雅 甘美 落ち着き (Release:2013/12、Update:2013/12)

PlayBerlioz:Symphonie fantastique 4.Marche au Supplice.

ベルリオーズ 幻想交響曲 第4楽章 断頭台への行進

ベルリオーズ(1803〜1869)

フランス

彼は夢の中で愛していた彼女を殺し、死刑を宣告され、断頭台へ引かれていく。行列は行進曲にあわせて前進し、その行進曲は時に暗く荒々しく、時に華やかに厳かになる。その中で鈍く重い足音に切れ目なく続くより騒々しい轟音。ついに、固定観念が再び一瞬現われるが、それはあたかも最後の愛の思いのように死の一撃によって遮られる。

絞込みタグ:Berlioz France ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 幻想的 せつない 不気味 (Release:2004/11、Update:2016/11)

PlayBerlioz:Symphonie fantastique 5.Songe d’une nuit du Sabbat

ベルリオーズ 幻想交響曲第5楽章 ワルプルギスの夜の夢

ベルリオーズ(1803〜1869)

フランス

「ワルプルギスの夜の夢」と訳される事もある。グレゴリオ聖歌『怒りの日』(Dies Irae)が主題に用いられ(Tubaのソロ)、全管弦楽の咆哮のうちに圧倒的なクライマックスを築いて曲が閉じられる。曲の終結部近くでは弓の木部で弦を叩くコル・レーニョ奏法が用いられている(高価な弓を使う奏者はそれを嫌い、スペアの安い弓をこの演奏で使うこともある)

絞込みタグ:Berlioz France ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2007/10、Update:2008/01)

PlayChopin:Nocturne No2. Op.9-2

ショパン ノクターン第2番

ショパン(1810〜1849)

ポーランド

ショパンが生涯愛用していたピアノのメーカーである「プレイエル社」社長カミーユ・プレイエルの妻マリーに献呈。ショパンのノクターンとしては最もよく知られた曲である。 浅田真央のソチ五輪のショートプログラムのテーマ曲。 2006-2007シーズンのショートプログラム及び2013-2014シーズンのショートプログラムでも使用。

絞込みタグ:Chopin Poland ロマン派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 美しい ロマンチック 卒業式 (Release:2007/03、Update:2007/03)

PlayChopin:Valse du Petit Chien Op.64-1

ショパン 子犬のワルツ Valse

ショパン(1810〜1849)

ポーランド

ショパンの恋人であったジョルジュ・サンドが飼っていた子犬が、自分の尻尾を追ってぐるぐる回る様子を音楽で描写して欲しいと頼まれ、即興的に作曲されたものといわれている。

絞込みタグ:Chopin Poland ロマン派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 (Release:2007/03、Update:2007/03)

PlayChopin:24 Preludes、 Op.28 15、 Sostenuto in Db Raindrop

ショパン 24の前奏曲集より 第15番「雨だれ」

ショパン(1810〜1849)

ポーランド

24の前奏曲集の中でも、最も有名な曲のひとつで「ショパン名曲集」の定番、この曲は24曲中最も演奏時間が長い。全曲を通して一定のリズムで刻まれる 音から、「雨だれの前奏曲」として知られている。 変ニ長調、ソステヌート、4分の4拍子。

絞込みタグ:Chopin Poland ロマン派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 (Release:2011/09、Update:2011/09)

PlayChopin:Ballade No. 1 Op.23 g moll

ショパン バラード第一番 ト短調 作品23

ショパン(1810〜1849)

ポーランド

ショパン最初のバラードで、初期の代表作。 「バラード」は、ショパンがピアノ作品に初めて用いた名称、序奏・主題の拍子は4分の6拍子、形式はソナタ形式の自由な変形。 フィギュアスケートの羽生結弦選手が2014年のプログラムでこの曲をジェフリー・バトルの振り付けで使用した。

絞込みタグ:Chopin Poland ロマン派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 甘美 気品 落ち着き 不安 (Release:2014/12、Update:2014/12)

PlayDelibes:COPPelIA Balleti in Two Acts - Valse

レオ・ドリーブ バレエ「コッペリア」より スワニルダのワルツ

レオ・ドリーブ(1836〜1891)

フランス

コッペリア(Coppelia)は、1867年作曲。オペラ座で1870年5月25日初演された。 「コッペリア」とは、動く人形を題材としたバレエ作品、およびその人形の名前。 村の娘、スワニルダ(フランツの恋人)の第二幕でのワルツ。

絞込みタグ:Delibes France ロマン派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ かわいい クリスマス 入学式 卒業式 結婚式 (Release:2012/03、Update:2012/03)

PlayDukas:L’Apprenti Sorcier Scherzo

デュカス 交響詩「魔法使いの弟子」

デュカス(1865〜1935)

フランス

老いた魔法使いが若い見習いに雑用を言い残し、自分の工房を旅立つところから物語が始まる。 ディズニーのアニメ映画「ファンタジア」に転用され、ミッキーマウスが「魔法使いの弟子」役を演技したことにより、いっそう有名になった。

絞込みタグ:Dukas France ロマン派音楽 交響詩 シンフォニックオーケストラ 躍動 にぎやか 楽しい 気まぐれ かわいい (Release:2005/09、Update:2019/10)


PlayDvorak:Symphony No.8 3. Allegro grazioso-Molto vivac

ドヴォルザーク 交響曲第8番 第3楽章

ドヴォルザーク(1841〜1904)

チェコ共和国

ヴァイオリンで始まる美しいメロディーは3拍子の舞曲で、スケルツォではなくワルツ風になっている。 中間部の旋律は、歌劇「がんこな連中」からとられたものであり、全曲の中で最も有名な楽章。

絞込みタグ:Dvorak Czech Republic ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 甘美 気品 繊細 美しい (Release:2007/03、Update:2017/07)

PlayDvorak:Symphony No.8 4.Allegro ma non troppo

ドヴォルザーク 交響曲第8番 第4楽章

ドヴォルザーク(1841〜1904)

チェコ共和国

トランペットによるファンファーレの導入のあと、チェロによって主題が静かにゆっくりと提示される。次は力強く速く変奏され、主題を元に激しく展開し、輝かしいコーダに入る。通常の二管編成:Fl.2、Ob.2、Cla.2、Fg.2、Hr.4、Tp.2、Tb.3、Tu1、Timp、Str5

絞込みタグ:Dvorak Czech Republic ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2009/11、Update:2009/11)

PlayDvorak:String Quartet No.12 AMERICAN op.96

ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲アメリカ 第1楽章

ドヴォルザーク(1841〜1904)

チェコ共和国

1893年5月に交響曲第9番「新世界より」を書き上げ、アメリカでの最初の夏期休暇中に、友人一家が演奏するために、わずかな期間(2週間程度)で完成させた曲。ドヴォルザークの室内楽作品中最も親しまれている作品のひとつである。

絞込みタグ:Dvorak Czech Republic ロマン派音楽 室内楽 弦楽四重奏 (Release:2010/11、Update:2010/11)

PlayDvorak:Slavic dance No.10

ドヴォルザーク スラヴ舞曲 10番 ホ短調

ドヴォルザーク(1841〜1904)

チェコ共和国

元はピアノ連弾のために書かれたが、ドヴォルザーク自身によって全曲が管弦楽用に編曲された。各8曲からなる第1集作品46と第2集作品72がある。この第10番は第2集の2曲目で、アレグレット・グラツィオーソ ホ短調 8分の3拍子。哀愁を帯びたメロディーが魅力的。

絞込みタグ:Dvorak Czech Republic ロマン派音楽 舞曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 美しい やさしい せつない ロマンチック (Release:2013/09、Update:2013/09)

PlayDvorak:Songs My Mother Taught Me

ドヴォルザーク 母が教えてくれた歌 《ジプシー歌曲集》作品55の第4曲

ドヴォルザーク(1841〜1904)

チェコ共和国

ドヴォルジャークの歌曲の中では最も有名で、フリッツ・クライスラーが、《ユーモレスク 変ト長調》《遠き山に日は落ちて》《スラヴ舞曲 ホ短調》と同じくヴァイオリンとピアノのために編曲したことによって、いっそう有名になった。 歌詞 母がこの歌を教えてくれたあの日、 母は涙を浮かべていた。 今、子供にこの歌を教える私の目から、 涙が溢れ出す。

絞込みタグ:Dvorak Czech Republic ロマン派音楽 歌曲 バイオリンとピアノ せつない やさしい 懐かしい