Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM。
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラです。

人気のクラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 77人の作曲家の524曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくはこちらをクリック「ダウンロード販売について」

New songs and updates help
  • 楽曲のタイトルや説明文をクリックするとプレーヤーが出現します。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りから削除されます。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
    一度表示すればページを遷移させることなく曲の演奏を素早く開始することができます。
検索楽曲検索を開く

検索結果 41/524)#軽快 ✖ 検索解除

PlayBartok:6 Romanian Folk Dances 5. Poarga Romaneasca - Allegro

バルトーク 6つのルーマニア民族舞曲より 5. ルーマニア風ポルカ

バルトーク(1881〜1945)

ハンガリー

Allegro ニ調。元は村の青年によるフィドラの演奏である。 8拍を一単位とする独特なポルカのフレーズで、2拍子と3拍子に交互に入れ替わる。チェコの影響を感じさせるリズム的には面白い楽章。

絞込みタグ:Bartok Hungary 国民楽派 組曲 ピアノ独奏 軽快 気まぐれ 繊細 かわいい エキゾチック

PlayTchaikovsky:Symphony No.6-2 op.74

チャイコフスキー 交響曲 第6番 「悲愴」第2楽章 Allegro con grazia

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

複合三部形式、ニ長調 4分の5拍子という混合拍子によるワルツ。スラブの音楽によく見られる拍子で、優雅でありながらも不安定な暗さと慰めのようなメロディーが交差する。中間部はロ短調に転調し、一層暗さに支配され、終楽章のフィナーレと同様の主題が現れる。 5拍子の曲と言えば、Jazzのテイク・ファイヴ、映画音楽のMission Impossibleのテーマ、「マルサの女」のテーマ。 小生はこの「マルサの女」のサウンドトラックのシンセサウンドと打ち込みの担当をやらせていただきました。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 優雅 気品 美しい せつない

PlayW.A.Mozart:Concert Rondo Allegro

モーツァルト ホルンのためのコンチェルトロンド 変ホ長調 K.371

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

1781年に作曲された単一のロンド楽章。 独奏部分は完成しているが、伴奏部分のスコアは未完成部分が多い。1989年、長い間紛失していた中間部の60小節の自筆譜が発見され、この曲の本来の姿がようやく判明したが正式なスコアを見つけるのは難しい。それ以前は、この部分を欠落させたまま補筆・録音されていた。「協奏風ロンド」、「コンサートロンド」などと呼ぶ場合もある。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとピアノ 軽快 陽気 のどか 優雅

PlayW.A.Mozart:The Marriage of Figaro Overture K.V.492

モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

序曲(この曲)と全4幕からなるオペラ。 初演は、モーツァルトが30歳の時、1786年5月1日 ウィーン、ブルク劇場。 結婚を間近に控えているアルマヴィーヴァ伯爵の家来、フィガロと屋敷の小間使い、スザンナ、フィガロに恨みを持つ医者バルトロ、ロジーナ伯爵夫人など、描き出す巧みな人間関係...上質な喜劇といして楽しめるオペラ。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい 優雅

PlayHaydn:Opera Mondo della Luna Overture

ハイドン オペラ「月の世界」 序曲

ハイドン(1732〜1809)

オーストリア

3幕からなるオペラの序曲。 原作は喜劇作家カルロ・ゴルドーニのイタリア語の戯曲、上演やレコーディングがほとんどなされていない。 ハイドンは、この序曲を後に交響曲第63番の第1楽章に転用してている。

絞込みタグ:Haydn Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 軽快 明るい 気品

PlayJS.Bach:Messe h-moll:Aria Quoniam tu solus sanctus

バッハ ミサ曲ロ短調よりアリア(バス) 汝の望みなれば

バッハ(1685〜1750)

ドイツ

Quoniam tu solus sanctus.「汝の望みなれば」ラテン語。キリスト教ミサで唱えるグロリアの一節。 ホルンのオブリガートは、「コルノ・ダ・カッチャ」(Corno da caccia)という現在のフレンチ・ホルンの先祖であるナチュラルホルンで演奏された。 ニ長調、アンダンテ・レント、3/4拍子。

絞込みタグ:JS.Bach Germany バロック音楽 ミサ曲 合唱とオーケストラ 軽快 優雅 繊細 祈り

PlayW.A.Mozart:Symphony No. 31 Paris 1. Allegro assai

モーツァルト 交響曲第31番《パリ》 第一楽章

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

1778年、パリの演奏団体コンセール・スピリチュエルの支配人ジャン・ル・グロからの依頼によって作曲されたため『パリ』の愛称で呼ばれる。クラリネットを含む完全な2管編成。 第1楽章 アレグロ・アッサイ ニ長調 4分の4拍子 ソナタ形式

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 軽快 明るい 優雅 優しい

PlayLeroy Anderson:Sleigh Ride

リロイ・アンダーソン スレッジ・ライド そりすべり

リロイ・アンダーソン(1908〜1975)

アメリカ

オリジナルのオーケストラ用編成のほか、吹奏楽やJAZZバンド用など様々な編曲版があり、クリスマスシーズンにはそれらによっても多く演奏される。米国の作詞家ミッチェル・パリッシュにより英語の歌詞がつけられて、アンドリュー・シスターズやビング・クロスビー、ロネッツ、カーペンターズ、ベイビーフェイスら多くの歌手によっても歌われている。

絞込みタグ:Leroy Anderson USA その他・現在 ポップ ポップスオーケストラ 軽快 陽気 楽しい クリスマス

PlayTV-Radio:Radio calisthenics 2

テレビ・ラジオ音楽 ラジオ体操 第二

テレビ・ラジオ音楽(1901〜2020)

*

80年以上の歴史を持つ「ラジオ体操」は、1928年(昭和3年)に「国民保健体操」として逓信省簡易保険局が制定し、日本放送協会のラジオ放送で広く普及した。「ラジオ体操第二」は、体操の内容とともに、作曲家「團伊玖磨」によって音楽も1952年(昭和27年)に再構成された。

絞込みタグ:TV-Radio * その他・現在 ピアノ曲 ピアノ独奏 軽快 懐かしい

PlayHolst:The Planets : Jupiter. Op.32 The Bringer of Jollity.

ホルスト 組曲惑星より「木星」 ジュピター、快楽をもたらすもの

ホルスト(1874〜1934)

イギリス

第4曲「木星」。組曲中、最もよく知られている曲。 特に中間部「Andante maestoso」のメロディーが非常に有名。様々なシーンで使用され、ダイアナ元皇太子妃の葬儀に教会オルガンアレンジでで演奏されり、平原綾香がデビュー曲で、吉元由美により歌詞が付けられたものを『Jupiter』としてリリースした曲が流行った事があった。また、組曲として、冨田勲の「惑星」は当時のアナログシンセサイザーの多重録音で仕上げた物であり、世界的に評価された。

絞込みタグ:Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 躍動 軽快 落ち着き

PlayBeethoven:Piano Sonata No20 1st Mvmt. Allegro ma non troppo

ベートーヴェン ピアノソナタ第20番 第1楽章 Allegro ma non troppo

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

元々の題名は「2つのやさしいソナタ」で、2楽章の形式から、しばしばソナチネとされる。 この作品は弟子のために書かれ、それを経済面などやむを得ない事情により出版したものと考えられる。題名通り演奏も容易であり、日本でも初歩の教材として頻繁に取り上げられ、有名である。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 軽快 ほのぼの かわいい

PlayBeethoven:Symphony No. 4 1st Mov.

ベートーヴェン 交響曲第4番 第1楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

交響曲第4番変ロ長調 作品60(in B-flat major, Opus 60) ベートーベンの9つの交響曲には、表題がついているものが多いが、交響曲第3番「英雄」と交響曲第5番「運命」の間にあるこの4番は、有名な名前もなく目立たないが、「運命」オペラ「フィデリオ」・ラズモフスキー弦楽四重奏曲集・ピアノ協奏曲第4番などと同時期に作られた意欲的な作品である。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 躍動 軽快 情熱

PlayShostakovich:Festive Overture Op.96

ショスタコーヴィチ 祝典序曲 作品96

ショスタコーヴィチ(1906〜1975)

ソヴィエト

ロシア革命37周年記念という、中途半端な記念日に、大至急仕上げてほしいとの劇場からの依頼で、わずか3日で仕上げたと言われている。 トランペットの明るく華やかなファンファーレで始まり、軽快で早い旋律が、はじめクラリネットで主奏されヴァイオリンに引き継ぎ、次の主題をチェロとホルンが抒情的に歌い出す、やがてファンファーレが戻ると、賑々しいコーダに至る。吹奏楽用の編曲でも盛んに演奏されている。

絞込みタグ:Shostakovich Soviet 近代音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 楽しい 軽快 祝典

PlayBizet:Carmen Suite No.1 Final.Les Toreadors

ビゼー カルメン組曲1より フィナーレ「闘牛士」

ビゼー(1838〜1875)

フランス

カルメンの護送役を命じられたホセは,カルメンに逃がしてくれとささやかれる。紐を緩めたホセは,カルメンに突き倒され,カルメンは高笑いを残して逃げ去る。第一幕の終了。 この曲はカルメンの中でも特に有名で人気があり、誰もが一回はきいた事のあるクラシックで、テレビ番組やCMでよく使われる便利な曲でもある。 「たけしのTVタックルのテーマ曲」としても有名。

絞込みタグ:Bizet France ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 軽快

PlayLloyd Webber:The Phantom of the Opera

ロイド・ウェバー オペラ座の怪人

ロイド・ウェバー(1948〜0)

イギリス

1909年に発表されたフランスの作家ガストン・ルルーによって書かれた小説。多数の映画、テレビ映画、ミュージカルなどが作られている。イギリスの作曲家「アンドリュー・ロイド・ウェバー」が作曲した曲のカバー、アレンジです。 最近のフィギュアスケートの競技で多くの選手達が採用している曲でもある。

絞込みタグ:Lloyd Webber England その他・現在 管弦楽 ポップスオーケストラ 軽快 せつない

PlayVivaldi:The Four Seasons-spring-1 RV.269

ヴィヴァルディ 協奏曲「四季」第1番「春」1 Allegro

ヴィヴァルディ(1678〜1741)

イタリア

春がやってきた、小鳥は喜び囀りながら祝っている。小川のせせらぎ、風が優しく撫でる。 春を告げる雷が轟音を立て黒い雲が空を覆う、そして嵐は去り小鳥は素晴らしい声で歌う。 鳥の声をソロヴァイオリンが高らかにそして華やかにうたいあげる。

絞込みタグ:Vivaldi Italy バロック音楽 協奏曲 バイオリンとオーケストラ 軽快 優雅 NewYear 入学式

PlaySousa:The Liberty Bell

スーザ 自由の鐘 Marche

スーザ(1854〜1932)

アメリカ

演奏機会の多い人気の曲で、ビル・クリントン大統領やブッシュ大統領、オバマ大統領などの就任式にもアメリカ海兵隊軍楽隊によって演奏されている。当初はオペレッタ「The Devils Deputy」のために作曲された楽曲だったが、オペレッタ自体が無くなりお蔵入りになったが、シカゴ・コロンブス万国博覧会で楽曲のタイトルを「自由の鐘」にする事を思いついた。 イギリスの伝説的コメディ番組「空飛ぶモンティ・パイソン」でオープニング曲として使われた。

絞込みタグ:Sousa USA ロマン派音楽 行進曲 シンフォニックオーケストラ 力強い 軽快 楽しい 明るい

PlayScott Joplin:The Entertainer

スコット・ジョプリン ジ・エンターテイナー

スコット・ジョプリン(1869〜1917)

アメリカ

「ラグタイム・トゥー・ステップ」(A rag time two step)という副題がつけられている。これは1911年頃に流行したダンスの一種で、当時作られたラグタイム曲に良く用いられていた。 1973年のアカデミー賞受賞映画『スティング』のテーマ曲として使用されたことをきっかけに、1970年代のラグタイム復興の一端を担うこととなった。

絞込みタグ:Scott Joplin USA ロマン派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 軽快 クリスマス

PlayJohann Strauss II:Pizzicato Polka

ヨハン・シュトラウス2世 ピッチカート ポルカ

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

ヨハン・シュトラウス2世とヨーゼフ・シュトラウス兄弟の2人によって作曲された。ロシア旅行の際、サンクトペテルブルクか、パヴロフスク駅舎でピアノの連弾をしてこの作品が生まれたとされている。 弦楽器のピツィカートだけで演奏されるユーモラスな曲で、ウィーンフィル・ニューイヤー・コンサートでは、3番目に登場回数が多い作品。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ポルカ シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい かわいい やさしい NewYear

PlayTchaikovsky:The Nutcracker Suite. Op.71a Marche

チャイコフスキー クルミ割人形組曲より 第2曲 行進曲

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

Tempo di marcia viva、ト長調、4分の4拍子(ロンド形式)

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい かわいい やさしい クリスマス


PlayBorodin:Polovtsian Dances

ボロディン 歌劇イーゴリ公より 「ダッタン人の踊り」

ボロディン(1833〜1887)

ロシア

オペラ『イーゴリ公』の第2幕の曲(韃靼人の踊り)。この曲は独立で演奏される事も多い。オペラでは合唱を伴うが、演奏会では合唱のパートを省略することもある。序曲や「ポロヴェツ人の行進」などと併せて『イーゴリ公組曲』とすることもある。JR東海の「うまし うるわし 奈良」で使用されている。 【構成】 1.序奏: Andantino 4/4、イ長調、2.娘達の踊り: Andantino 4/4 イ長調、3.男達の踊り: Allegro vivo 4/4 ヘ長調、4.全員の踊り: Allegro 3/4 ニ長調、5.少年達の踊りと、男達の踊り: Presto 6/8 ニ短調、6.娘達の踊りと少年達の踊り Moderato alla breve 2/2、7.少年達の踊りと男達の踊り: Presto 6/8 ニ短調、8.全員の踊り: Allegro con spirito 4/4 イ長調

絞込みタグ:Borodin Russia 国民楽派 舞曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 軽快 優雅

PlayW.A.Mozart:Symphony No. 31 Paris 3. Allegro grazioso-Molto vivac

モーツァルト 交響曲第31番《パリ》 第三楽章

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

終楽章はこの第三楽章。 アレグロ ニ長調 2分の2拍子 ソナタ形式。ピアニッシモで始まり、突然のフォルテで驚かせるような始まり方をするフィナーレ。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい 優雅 繊細

PlayBeethoven:Symphony No.7-1 Op.92

ベートーヴェン 交響曲第7番 第1楽章 Poco sostenuto-Vivace

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

明るく軽快な曲想から広く支持され、現在でも演奏される機会が多い。付点音符によるシチリアーノの軽快なリズムが主題部展開部再現部すべてを支配している。テレビや映画でもよく使用され、「のだめカンタービレ」 オープニング、エンディングや、アサヒビール「ザ・マスター」をはじめとするCM曲などでよく聴く。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 軽快

PlayJS.Bach:Die Brandenburgischen Konzerte1-1 BWV1046

バッハ ブランデンブルク協奏曲 第1番 第1楽章

バッハ(1685〜1750)

ドイツ

ブランデンブルク協奏曲は、バッハ自身は「いくつもの楽器による協奏曲集」と記している、全部で66曲の協奏曲集、作曲の順番は実際には不同で、1番は実は3番目に作られた曲だと言われている。

絞込みタグ:JS.Bach Germany バロック音楽 協奏曲 チェンバーオーケストラ 明るい 軽快 気品 入学式 祝典

close

楽曲検索

Loading…