Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM。
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラです。

人気のクラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 77人の作曲家の521曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくはこちらをクリック「ダウンロード販売について」

New songs and updates help
  • 楽曲のタイトルや説明文をクリックするとプレーヤーが出現します。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りから削除されます。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
    一度表示すればページを遷移させることなく曲の演奏を素早く開始することができます。
検索楽曲検索を開く

検索結果 265/521)#シンフォニックオーケストラ ✖ 検索解除

PlayBrahms:Symphony No.4-1 Op.98

ブラームス 交響曲第4番 第1楽章 Allegro non troppo

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

ホ短調。2/2拍子。ソナタ形式 哀切な表情を持ったヴァイオリンの旋律と、管楽器の三連音を含むリズミックな楽句に続いてチェロとホルンが伸びやかに第2主題的なメロディーを歌う、後に三連音の動機を繰り返しながら悲劇的に第1主題がカノン風に現れ、アーメン終止的に終わる。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 情熱 甘美 美しい せつない ロマンチック

PlayBeethoven:Symphony No.7-1 Op.92

ベートーヴェン 交響曲第7番 第1楽章 Poco sostenuto-Vivace

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

明るく軽快な曲想から広く支持され、現在でも演奏される機会が多い。付点音符によるシチリアーノの軽快なリズムが主題部展開部再現部すべてを支配している。テレビや映画でもよく使用され、「のだめカンタービレ」 オープニング、エンディングや、アサヒビール「ザ・マスター」をはじめとするCM曲などでよく聴く。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 軽快


PlayTchaikovsky:Sleeping Beauty Op.66 Waltz

チャイコフスキー バレエ音楽「眠りの森の美女」より ワルツ

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

チャイコフスキーのバレエ音楽の中で最も演奏時間が長い。ディズニー映画としても有名。 ヨーロッパの古い民話・童話、さまざまなストーリーパターンがある。 「眠れる森の美女」オーロラ姫に呪いをかけた邪悪な妖精マレフィセントを主人公とするダークファンタジー。 2014年7月5日公開予定のディズニーアニメの実写版ではマレフィセントをアンジェリーナ・ジョリーが演じ、彼女の封印された過去とオーロラ姫を永遠の眠りにつかせる呪いをかけた理由が明かされる。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ 雄大 優雅 甘美 華麗 入学式

PlayBorodin:In the Steppes of Central Asia

ボロディン 中央アジアの高原にて

ボロディン(1833〜1887)

ロシア

ロシアの歌とアジアの旋律が溶け合って、不思議なハーモニーを作る。 ロシア人とアラビア人との中央アジア草原での交流を音楽化したもので、この情景はボロディンの想像であり、実際に行ったわけでは無いとされる。

絞込みタグ:Borodin Russia 国民楽派 交響詩 シンフォニックオーケストラ 牧歌的 のどか 甘美 美しい ゆったり

PlayPuccini:Turandot/Nessun Dorma

プッチーニ オペラ・トゥーランドットより「誰も寝てはならぬ」

プッチーニ(1858〜1924)

イタリア

歌劇『トゥーランドット』(伊:Turandot)のアリア。テノールのための名アリアとして有名。世界的には歌い始めの歌詞から『Nessun dorma』の題で親しまれている。日本でも「Nessun dorma」の和訳である『誰も寝てはならぬ』が通称となっている。フィギュアスケートの演技によく使用され、日本ではトリノオリンピックの演技で荒川静香が金メダルを獲得したことによりこの曲の人気が高くなった。

絞込みタグ:Puccini Italy ロマン派音楽 歌曲 シンフォニックオーケストラ 入学式 祝典 結婚式

PlayHolst:Mercury. The Winged Messenger. Op.32

ホルスト 組曲惑星より「水星」翼のある使者 The Planets

ホルスト(1874〜1934)

イギリス

第3曲「水星」。ホルストは、この曲を「心の象徴」と述べている。フルスコアを書いたのはこの曲のみで、曲の調がホ長調と変ロ長調の復調が用いられていて、楽器の持ち変えや交代が多く、演奏者には技術が要求され、腕の見せ所である。

絞込みタグ:Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ

PlayJohann Strauss II:An der schonen blauen Donau Op.314

ヨハン・シュトラウス2世 美しき青きドナウ

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

1867年に作曲された非常に有名で人気のあるワルツ。ヨハン・シュトラウス 二世やワルツの代名詞的な作品として広く親しまれている。 毎年1月1日に行われる、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートの定番曲でもある。 曲は弦楽器のトレモロに乗って有名な主題旋律をホルンが静かに奏し、ドナウ川の源流と黒い森の情景が描かれる。次第にワルツに発展し、ニ長調の主部となる。その後明るい5つのワルツが連結された後、主部が再現され、華やかなコーダとなり終わる。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ワルツ シンフォニックオーケストラ 躍動 優雅 気品 NewYear 入学式

PlayBeethoven:Symphony No1-1

ベートーヴェン 交響曲第1番 第1楽章 Adagio molto - Allegro con brio

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

古典派の作曲家の作曲技法(ハイドン、モーツァルト的)を踏襲していた初期の代表作。いわゆるベートーヴェンの強い個性は少なく、後期の大作群と比べると相対的に人気はないが、古典派の交響曲としては十分な完成度を誇っている。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayStravinsky:The Firebird 5. Hollentanz des Konigs Kastschei

ストラヴィンスキー 組曲「火の鳥」(1919年版)より 5.魔王カスチェイの凶悪な踊り

ストラヴィンスキー(1882〜1971)

ロシア

魔王カスチェイがやってきて王子の尋問をはじめる、王女達は魔王カスチェイに王子の身の上を懇願するが、魔王カスチェイはそれをはねのける。 やがて魔王カスチェイが王子に魔法をかけようとしたとき、王子は羽をかざす。 すると火の鳥が現れ、魔王カスチェイがかけた魔法が跳ね返され、手下どもは魔法の影響で踊りだし、ついには魔王カスチェイも踊りだし凶悪な舞踏が繰り広げられる。 ソチ五輪、町田樹選手のフィギュアプログラム曲

絞込みタグ:Stravinsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 重厚 神秘的

PlayDvorak:Symphony No.8 4.Allegro ma non troppo

ドヴォルザーク 交響曲第8番 第4楽章

ドヴォルザーク(1841〜1904)

チェコ共和国

トランペットによるファンファーレの導入のあと、チェロによって主題が静かにゆっくりと提示される。次は力強く速く変奏され、主題を元に激しく展開し、輝かしいコーダに入る。通常の二管編成:Fl.2、Ob.2、Cla.2、Fg.2、Hr.4、Tp.2、Tb.3、Tu1、Timp、Str5

絞込みタグ:Dvorak Czech Republic ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayHolst:Venus. The Bringer of Peace. Op.32

ホルスト 組曲惑星より「金星」平和もたらすもの The Planets

ホルスト(1874〜1934)

イギリス

第2曲「金星」。中間部には夜空を感じさせるヴァイオリンやチェロのソロもあり、ゆっくりと優しく、少しずつ展開していく。グロッケンシュピールの音が、効果的に使われている。

絞込みタグ:Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ

PlayBeethoven:Symphony No.7-4 Op.92

ベートーヴェン 交響曲第7番 第4楽章 Allegro con brio

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

熱狂的なフィナーレ。古典音楽では普通4/4拍子の1拍めと3拍めに強拍画来るが、アウフタクトである2拍目、4拍目にアクセントが置かれ、現代のポップスのリズムに通ずるものがあり、ベートーヴェンの交響曲中でも、最もリズミカルな曲である。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayStravinsky:The Firebird 7. Finale

ストラヴィンスキー 組曲「火の鳥」(1919年版)より 7. 終曲

ストラヴィンスキー(1882〜1971)

ロシア

「子守歌」と「終曲」の間は切れ目無く演奏される事が多い。切れ目無く演奏する方法と、1曲ずつ区切って演奏する方法とがあり、どちらの方法もスコアに印刷されている。 終曲は、コラールが繰り返され、輝かしく全てが収まる大団円へと高まっていく。

絞込みタグ:Stravinsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 力強い 情熱

PlayJohann Strauss II:Kaiser-Walzer Op.437

ヨハン・シュトラウス2世 皇帝円舞曲

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

『皇帝円舞曲』は、1889年作曲のウィンナワルツ。シュトラウス2世晩年のワルツの中では最も人気のある楽曲だった。当時のオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が,ドイツ帝国皇帝ヴィルヘルム2世を表敬訪問した際に作曲された。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ワルツ シンフォニックオーケストラ 華麗 優雅 気品 NewYear

PlayBeethoven:Fidelio Overture Op.72

ベートーヴェン 歌劇 フィデリオ 序曲

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

「フィデリオ」は、ベートーヴェンの唯一のオペラである。「フィデリオ」の序曲をは何度も改訂を重ねられたため、「フィデリオ序曲」あるいは「レオノーレ序曲」として4曲が書かれている。三度目の公演のため台本を改訂した際に作られたのがこの曲で、今日では、「フィデリオ」序曲として一般的になっている。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ

PlayProkofiev:Peter and Wolf Introduction

プロコフィエフ 「ピーターと狼」より 楽器と登場人物の紹介

プロコフィエフ(1891〜1953)

ロシア

ピーター(弦楽合奏)、お祖父さん(ファゴット)、小鳥(フルート)、アヒル(オーボエ)、猫(クラリネット)、狼(3本のホルン)、猟師の撃つ鉄砲(ティンパニやバスドラム)&ナレーター

絞込みタグ:Prokofiev Russia ロマン派音楽 交響的物語 シンフォニックオーケストラ

PlayJohann Strauss II:Wiener Blut

ヨハン・シュトラウス2世 ウィーン気質 Op. 354

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の娘ギーゼラとバイエルン公との結婚を祝して作曲された。後に同名のオペレッタが製作されている。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートでしばしば演奏される。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ワルツ シンフォニックオーケストラ 陽気 楽しい 明るい 優雅 NewYear

PlayPonchielli:Dance Of The Hours (first half)

ポンキエルリ 歌劇ジョコンダより「時の踊り」 前半

ポンキエルリ(1834〜1886)

イタリア

「時の踊り」はディズニー映画「ファンタジア」(1940年)に流用されて有名となった。その後1962年にナンシー・シナトラが「レモンのキッス」としてポピュラー・ソングにアレンジして歌った。この歌はアメリカ本国より日本で人気が出て、ザ・ピーナッツをはじめ多くの歌手がカバーした。2002年には小柳ゆきが「Lovin’ You」の題でアレンジを行いカバーした。

絞込みタグ:Ponchielli Italy ロマン派音楽 オペラ シンフォニックオーケストラ 幻想的 かわいい やさしい クリスマス 卒業式

PlayW.A.Mozart:Symphony No.39-1 K.543

モーツァルト 交響曲 第39番 第1楽章 Adagio-Allegro

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

モーツァルト晩年の「3大交響曲」(第39番、第40番、第41番)の最初の曲。 モーツァルトは、交響曲第40番を除き、これらの曲の演奏を聴かずに世を去ったと推測されている。 変ホ長調 2/2拍子(序奏)3/4拍子

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayBrahms:Symphony No.1-1 Op.68

ブラームス 交響曲第1番 第1楽章 Un poco sostenuto - Allegro

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

19年の歳月をかけて、この交響曲第1番を完成させたといわれている。 ブラームスはベートーヴェンを崇拝していた。この作品は後に指揮者のビューローをして「ベートーヴェンの10番目の交響曲の様だ」と語らしめた。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayBeethoven:Symphony No.9-4 Op.125

ベートーヴェン 交響曲第9番 第4楽章 合唱付

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

O Freunde、 nicht diese Tone!Sondern laBt uns angenehmere anstimmen und freudenvollere. おお友よ、このような音ではない!我々はもっと心地よいもっと歓喜に満ち溢れる歌を歌おうではないか… 日本では、年末になると各地で第九のコンサートが開かれ、単に演奏を聴くだけではなく、合唱に参加型のコンサートも増えている。日本で年末に『第九』が頻繁に演奏されるのは、戦後オーケストラの収入が少なく、楽団員の年末年始の生活状況を改善するため、「必ず客が入る曲目」であった『第九』を日本交響楽団(今のN響)が年末に演奏するようになり、それが定着したと言われている。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 力強い 荘厳 躍動 NewYear 年末年始

PlayBeethoven:Symphony No.9 Op.125 1. Allegro ma non troppo、 un poco maestoso

ベートーヴェン 交響曲第9番 第1楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

ニ短調 2/4拍子、ソナタ形式。第九 冒頭の弦楽器のトレモロにのせて第1主題の断片的な動機が提示される。第1主題は、ニ音とイ音による完全五度を骨格とした力強い主題であり、音楽に大きな律動感を与えている。第2主題部の導入部は、第4楽章で現れる「歓喜」の主題を予め暗示させるような効果を持つ。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 NewYear 年末年始

PlayW.A.Mozart:Symphony No.39 Andante con moto

モーツァルト 交響曲 第39番 第2楽章 Andante con moto

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

編成: フルート1、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2 第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス (木管楽器群にオーボエを欠くのは、モーツァルトの作品では例外的な編成である。)

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayWagner:elsa’s Procession to the Cathedral

ワーグナー 歌劇ローエングリーンより大聖堂へのエルザの行列

ワーグナー(1813〜1883)

ドイツ

白鳥の騎士(ローエングリーン)がエルザと婚礼の式の為に礼拝堂へ向かう時の入場の音楽。 木管の清楚な旋律が次第に高揚していく、吹奏楽による演奏がよく知られる。 ここではブラスバンド風に組み立ててみました。

絞込みタグ:Wagner Germany ロマン派音楽 歌劇 シンフォニックオーケストラ 荘厳 入学式 卒業式 結婚式

PlayHolst:Neptune、 The Mystic Op.32

ホルスト 海王星-神秘なる者 The Planets

ホルスト(1874〜1934)

イギリス

第7曲「海王星」。静かな曲、後半から女声合唱も演奏に加わり、消え入るように終わる。楽譜の最後の1小節に反復記号が記され、「この小節は音が静寂の中に消え入るまでリピートせよ」(This bar to be repeated until the sound is lost in the distance.)と書いてある。

絞込みタグ:Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ

PlayBerlioz:Symphonie fantastique 5.Songe d’une nuit du Sabbat

ベルリオーズ 幻想交響曲第5楽章 ワルプルギスの夜の夢

ベルリオーズ(1803〜1869)

フランス

「ワルプルギスの夜の夢」と訳される事もある。グレゴリオ聖歌『怒りの日』(Dies Irae)が主題に用いられ(Tubaのソロ)、全管弦楽の咆哮のうちに圧倒的なクライマックスを築いて曲が閉じられる。曲の終結部近くでは弓の木部で弦を叩くコル・レーニョ奏法が用いられている(高価な弓を使う奏者はそれを嫌い、スペアの安い弓をこの演奏で使うこともある)

絞込みタグ:Berlioz France ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlaySousa:The Liberty Bell

スーザ 自由の鐘 Marche

スーザ(1854〜1932)

アメリカ

演奏機会の多い人気の曲で、ビル・クリントン大統領やブッシュ大統領、オバマ大統領などの就任式にもアメリカ海兵隊軍楽隊によって演奏されている。当初はオペレッタ「The Devils Deputy」のために作曲された楽曲だったが、オペレッタ自体が無くなりお蔵入りになったが、シカゴ・コロンブス万国博覧会で楽曲のタイトルを「自由の鐘」にする事を思いついた。 イギリスの伝説的コメディ番組「空飛ぶモンティ・パイソン」でオープニング曲として使われた。

絞込みタグ:Sousa USA ロマン派音楽 行進曲 シンフォニックオーケストラ 力強い 軽快 楽しい 明るい

PlayHaydn:Symphony No.104 (London) 1st mov

ハイドン 交響曲第104番「ロンドン」 第1楽章 Adagio - Allegro

ハイドン(1732〜1809)

オーストリア

ハイドンが作曲した最後の交響曲、ニ短調、4/4拍子 → ニ長調、2/2拍子。序奏付きのソナタ形式。 「ロンドン」の名称は、19世紀になってから付けられたもので特に意味はないとされている。

絞込みタグ:Haydn Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 重厚 素朴 華麗

PlayRachmaninov:Scherzo for Orchestra in D minor

ラフマニノフ 管弦楽のためのスケルツォ ニ短調

ラフマニノフ(1873〜1943)

ロシア

ラフマニノフの現存する作品の中で、最も初期の管弦楽曲 まだ14歳の少年であった1887年頃書かれた。その頃彼はピアノクラスで勉強していて、和声と管弦楽の課程はまだ修了していなかった。素朴なあじわいで、どことなく東洋風であり、まるでロシア国民楽派の作品のようである。譜面には「第3楽章」と記入されていることから、より大規模な作品にするつもりだったことが伺われる。

絞込みタグ:Rachmaninov Russia ロマン派音楽 管弦楽 シンフォニックオーケストラ 楽しい 気まぐれ 不安

PlayDvorak:Slavic dance No.10

ドヴォルザーク スラヴ舞曲 10番 ホ短調

ドヴォルザーク(1841〜1904)

チェコ共和国

元はピアノ連弾のために書かれたが、ドヴォルザーク自身によって全曲が管弦楽用に編曲された。各8曲からなる第1集作品46と第2集作品72がある。この第10番は第2集の2曲目で、アレグレット・グラツィオーソ ホ短調 8分の3拍子。哀愁を帯びたメロディーが魅力的。

絞込みタグ:Dvorak Czech Republic ロマン派音楽 舞曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 美しい やさしい せつない ロマンチック

PlayHaydn:Opera Mondo della Luna Overture

ハイドン オペラ「月の世界」 序曲

ハイドン(1732〜1809)

オーストリア

3幕からなるオペラの序曲。 原作は喜劇作家カルロ・ゴルドーニのイタリア語の戯曲、上演やレコーディングがほとんどなされていない。 ハイドンは、この序曲を後に交響曲第63番の第1楽章に転用してている。

絞込みタグ:Haydn Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 軽快 明るい 気品

PlaySchubert:Symphony No.8-2 Unfinished

シューベルト 交響曲第8番(7番)「未完成」 第2楽章 Andante con moto

シューベルト(1797〜1828)

オーストリア

ホ長調、8分の3拍子。三部形式。穏やかな下降音階の第1主題が提示される。コーダでは、シューベルトが好んで用いた三度転調により一時変イ長調に転調する。 この第2楽章まで完成させ、スケルツォ(第3楽章)をスケッチまでほぼ仕上げながら、そこで作曲を中止してしまった。このような経緯により交響曲ロ短調D759は、第2楽章までしかない未完成交響曲となってしまった。「シューベルトは、第2楽章までのままでも十分に芸術的であると判断し、それ以上のつけたしは蛇足に過ぎないと考えた」という説などがある。

絞込みタグ:Schubert Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 甘美 気品 美しい やさしい

PlayJohann Strauss II:Pizzicato Polka

ヨハン・シュトラウス2世 ピッチカート ポルカ

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

ヨハン・シュトラウス2世とヨーゼフ・シュトラウス兄弟の2人によって作曲された。ロシア旅行の際、サンクトペテルブルクか、パヴロフスク駅舎でピアノの連弾をしてこの作品が生まれたとされている。 弦楽器のピツィカートだけで演奏されるユーモラスな曲で、ウィーンフィル・ニューイヤー・コンサートでは、3番目に登場回数が多い作品。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ポルカ シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい かわいい やさしい NewYear

PlayStravinsky:The Firebird 3. Variation des Feuervogels

ストラヴィンスキー 組曲「火の鳥」(1919年版)より 3.火の鳥の踊り ヴァリアシオン

ストラヴィンスキー(1882〜1971)

ロシア

ヴァリアシオンはソロの踊りを表す用語(仏)、英語でのヴァリエーション。 火の鳥の踊りを男性・女性ともに全てのダンサーが同じ振付で踊る。

絞込みタグ:Stravinsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 繊細

PlayJS.Bach:Kyrie eleison BWV232

バッハ ミサ曲ロ短調よりキリエ Messe h-moll:Kyrie eleison

バッハ(1685〜1750)

ドイツ

マタイ受難曲、ヨハネ受難曲と並び、バッハの作品の中でも最高峰に位置するとされている全曲は27曲から成る1曲目。フーガ様の対位法が基本で古風なモテットからロココ風のアリアまで多岐なスタイルで、ニ長調を基調とするが、最初の曲はロ短調である。 五部合唱(ソプラノ1、2、アルト、テナー、バス)。ロ短調、アダージョ、ラルゴ、 4/4

絞込みタグ:JS.Bach Germany バロック音楽 ミサ曲 シンフォニックオーケストラ 気品 繊細 祈り 神秘的

PlayTchaikovsky:Slavonian March Bb minor op.31

チャイコフスキー スラブ行進曲 変ロ短調 作品31

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

セルビア民謡『太陽は明るく輝かず』の旋律から、か弱く悲しげに始まる。 中間部は、同じくセルビア民謡の『懐かしいセルビアの戸口』からの快活なメロディ、続いて同じくセルビア民謡の『セルビア人は敵の銃を恐れない』からの勇壮なメロディが繰り出される。その後、主題が情熱的に再現され、終盤では帝政ロシア国歌『神よ、皇帝を護りたまえ』が力強く奏でられ、祝祭的な響きののち、曲が締めくくられる。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 行進曲 シンフォニックオーケストラ

PlaySaint-Saens:Bacchanale - Samson et Dalila

サン=サーンス 「バッカナール」サムソンとデリラ

サン=サーンス(1835〜1921)

フランス

「サムソンとデリラ」は現在でも上演されることの多い、サン・サーンスを代表するオペラのひとつ。 オリエンタルでエキゾチックな旋律が大きな特徴で、これを中心にたたみ掛けるように音楽が進行していく。 この曲は、フィギュアスケートの安藤美姫選手や浅田真央選手のプログラム曲になった事もある。

絞込みタグ:Saint-Saens France ロマン派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ

PlayBeethoven:Symphony No.3-1 Op.55 Sinfonia eroica

ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」 第1楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

原題:伊: Sinfonia eroica、 composta per festeggiare il sovvenire d’un grand’uomo 英雄交響曲、「ある偉大なる人の思い出に捧ぐ」は、ベートーヴェンが作曲した3番目の交響曲である。 1804年に完成された。「英雄」のほか、イタリア語の原題に由来する「エロイカ」の名で呼ばれることも多い。ベートーヴェンの最も重要な作品のひとつ。 第1楽章 Allegro con brio 変ホ長調 3/4拍子

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayW.A.Mozart:The Marriage of Figaro Overture K.V.492

モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

序曲(この曲)と全4幕からなるオペラ。 初演は、モーツァルトが30歳の時、1786年5月1日 ウィーン、ブルク劇場。 結婚を間近に控えているアルマヴィーヴァ伯爵の家来、フィガロと屋敷の小間使い、スザンナ、フィガロに恨みを持つ医者バルトロ、ロジーナ伯爵夫人など、描き出す巧みな人間関係...上質な喜劇といして楽しめるオペラ。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい 優雅

PlayBeethoven:Symphony No.6-2 Andante molto mosso:12/8

ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」第2楽章 「小川のほとりの情景」

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

流麗で長閑なメロディーにより小川のほとりの情景が表現される。楽章を通して小川のせせらぎの音が弦楽合奏で奏でられ、曲の終結部では夜鶯や鶉、カッコウの鳴き声が木管楽器で模倣される。原題はSzene am Bach. ソナタ形式。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlaySibelius:Finlandia

シベリウス フィンランディア 作品26

シベリウス(1865〜1957)

フィンランド

フィンランドが帝政ロシアの圧政に苦しめられていた1900年当時、独立運動が起こっていた頃、フィンランドに対する熱い愛国心を込めて作曲された名曲。中間部に出てくる「フィンランディア讃歌」はフィンランドの「第2の国歌」として親しまれているメロディで、独立して唱が付け加えられ歌われることもある。 映画「ダイ・ハード2」のエンディングに、この曲が使用されている。

絞込みタグ:Sibelius Finland 国民楽派 交響詩 シンフォニックオーケストラ 堂々 力強い 情熱

PlayBeethoven:Symphony No3 eroica Op.55、 Mvt.3 Scherzo: Allegro vivace

ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」 第3楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

複合三部形式のトリオ(中間部)に有名なホルン三重奏がある。当時のホルンでは、ストップ奏法で演奏する難しい緊張感のある部分であったが、現在のバルブホルンではその効果は得にくい。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayRavel:Pavane pour une infante defunte

ラヴェル(ラベル) 亡き王女のためのパヴァーヌ

ラヴェル(ラベル)(1875〜1937)

フランス

1899年に作曲したピアノ曲を1910年に管弦楽曲に編曲。 弦楽器のピッチカートに乗り、ホルンのソロで始まるこの曲は優雅でラヴェルらしい繊細さを持つ美しい小品。 ラヴェルが晩年、自動車事故により記憶障害が発症してしまった際、この曲を聴いて「この曲はとてもすばらしい、誰が書いた曲だろう。」と言ったという逸話もある。

絞込みタグ:Ravel France 印象派音楽 管弦楽 シンフォニックオーケストラ せつない 甘美 祈り 卒業式

PlayStravinsky:The Firebird 4. Round Dance of the Princesses

ストラヴィンスキー 組曲「火の鳥」(1919年版)より 4.王女たちのロンド(ホロヴォード舞曲)

ストラヴィンスキー(1882〜1971)

ロシア

魔王に捕らわれた王女たちが、黄金のリンゴの木の周りで踊っている。 王女の1人、ツァレーヴナと恋に落ちたイワンは、魔王に捕まると石にされてしまう事、夜明けまでに宮殿に帰らねばならない事を告げられる。そして夜が明け始め、女たちの姿は遠ざかりイワンは宮殿への潜入を試みる。 曲中、オーボエで演奏されるメロディーは、ホロヴォードと呼ばれる古いロシア舞曲。

絞込みタグ:Stravinsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 牧歌的 せつない 神秘的

PlaySmetana:Die Moldau from Ma Vlast

スメタナ 交響詩「わが祖国」よりモルダウ Marche

スメタナ(1824〜1884)

チェコ共和国

6つの交響詩から成る連作交響詩の第2曲。 言語では、「ヴルタヴァ(Vltava)」、モルダウはドイツ語。一連の交響詩群の中で最も知られた作品であり、単独で演奏される事も多い。源流近くからプラハを流れ、エルベ川へ合流するまでの様子が描かれている。 毎年行なわれるプラハの春音楽祭のオープニング曲として演奏されることが恒例になっている。

絞込みタグ:Smetana Czech Republic 国民楽派 交響詩 シンフォニックオーケストラ

PlayW.A.Mozart:Symphony No.25-1 K.183

モーツァルト 交響曲 第25番 第1楽章 Allegro con brio

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

Allegro con brio ト短調、ソナタ形式 モーツァルトの交響曲のうち、短調で書かれているのはこの曲と第40番のみである。第40番のト短調交響曲に対して、小ト短調ともよばれる、わずか17歳の時に作曲された。 映画『アマデウス』の冒頭部分で使用されたことで有名。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayStrauss-R:Also sprach Zarathustra Einleitung (Richard Georg Strauss)

リヒャルト・シュトラウス 『2001年宇宙の旅』冒頭 (「ツァラトゥストラはかく語りき」導入部)

リヒャルト・シュトラウス(1864〜1949)

ドイツ連邦

映画『2001年宇宙の旅』冒頭でこの第1部「導入部」の部分が使われている。 曲は『ツァラトゥストラはこう語った』(Also sprach Zarathustra)作品30。リヒャルト・シュトラウスが1896年に作曲した交響詩。

絞込みタグ:Strauss-R Deutscher Bund ロマン派音楽 交響詩 シンフォニックオーケストラ

PlayJohann Strauss II:G’schichten aus dem Wienerwald Op.325

ヨハン・シュトラウス2世 ウィーンの森の物語

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

1868年作曲のウィンナワルツ。オーストリアの民族楽器チター(ツィター/Zither)が使用されている。 チターは映画「第三の男」のテーマソングをアントーン・カラスが弾いた楽器としても知られている。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ワルツ シンフォニックオーケストラ のどか 華麗 優雅 NewYear

PlayMussorgsky:Tableaux d’une exposition

ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」 キエフの大門 La Grande Porte De KIEV de Poule

ムソルグスキー(1839〜1881)

ロシア

「展覧会の絵」の終曲。ラヴェルの管弦楽編曲版。いまの「ウクライナ」当時は「キエフ公国」の首都にあった「黄金の門」が浮かんでくる。 ナニコレ珍百景のBGMで後半のフレーズが使われている。

絞込みタグ:Mussorgsky Russia 国民楽派 組曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 雄大 重厚 躍動

PlayProkofiev:Peter and Wolf birds and ducks Kano Ken

プロコフィエフ 「ピーターと狼」より 小鳥とアヒルのけんか

プロコフィエフ(1891〜1953)

ロシア

「君は鳥のくせに飛べないのかい」と言いました。アヒルは「君は鳥のくせに泳げないのかい」と答えて池の中に飛び込みました。アヒルは泳ぎながら、小鳥は岸を飛び回りながら言い争いました。 ふと、ピータが気づいたとき、一匹の猫が草の上を這って行きます。

絞込みタグ:Prokofiev Russia ロマン派音楽 交響的物語 シンフォニックオーケストラ

PlayBeethoven:Egomont overture Op.84

ベートーヴェン エグモント序曲

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの1787年の同名の戯曲のための劇付随音楽。現在ではこの序曲のみが単独で演奏される事が多いが、全10曲の構成である(この序曲は1番目)。力強く雄渾多感な序曲は、ベートーヴェン中期の終わりに位置する作品で、「交響曲 第5番」と同じくらいに有名。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ

PlayRossini:Barbiere di Siviglia Overture

ロッシーニ セビリアの理髪師 序曲

ロッシーニ(1792〜1868)

イタリア

カロン・ド・ボーマルシェ(フランスの劇作家)の書いた風刺的な戯曲を題材に作曲された2幕のオペラの序曲。この序曲は単独で演奏されることも多い。元々はオペラ『パルミーラのアウレリアーノ』(1813年作曲)の序曲として書かれたものである。喜劇『フィガロの結婚』、正劇『罪の母』とともに3部作と言われている。

絞込みタグ:Rossini Italy 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ

PlayBorodin:Polovtsian Dances

ボロディン 歌劇イーゴリ公より 「ダッタン人の踊り」

ボロディン(1833〜1887)

ロシア

オペラ『イーゴリ公』の第2幕の曲(韃靼人の踊り)。この曲は独立で演奏される事も多い。オペラでは合唱を伴うが、演奏会では合唱のパートを省略することもある。序曲や「ポロヴェツ人の行進」などと併せて『イーゴリ公組曲』とすることもある。JR東海の「うまし うるわし 奈良」で使用されている。 【構成】 1.序奏: Andantino 4/4、イ長調、2.娘達の踊り: Andantino 4/4 イ長調、3.男達の踊り: Allegro vivo 4/4 ヘ長調、4.全員の踊り: Allegro 3/4 ニ長調、5.少年達の踊りと、男達の踊り: Presto 6/8 ニ短調、6.娘達の踊りと少年達の踊り Moderato alla breve 2/2、7.少年達の踊りと男達の踊り: Presto 6/8 ニ短調、8.全員の踊り: Allegro con spirito 4/4 イ長調

絞込みタグ:Borodin Russia 国民楽派 舞曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 軽快 優雅

PlayBeethoven:Symphony5 mvt.1 Op.67

ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」第1楽章 Allegro con brio

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

「ダダダダーン」という有名な動機に始まる。史上初めてピッコロ、コントラファゴット、トロンボーンが導入された交響曲。当時の管弦楽では「珍しい楽器」だった。日本では一般に「運命」と呼ばれ(これは通称であって正式な題名ではない)、クラシック音楽の中でも最も有名な曲の1つである。その主題展開の技法や「暗から明へ」というドラマチックな楽曲構成は後世の作曲家に模範とされた。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 情熱

PlayTchaikovsky:The Nutcracker Suite Op.71a Valse des fleurs

チャイコフスキー クルミ割人形組曲より 第8曲 花のワルツ

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

Tempo di Valse、ニ長調、4分の3拍子(複合三部形式)。クラシック音楽の中でも非常にポピュラーな曲であり、単独で演奏されることも多い。ホルンによる主題、弦による有名なワルツの旋律、そして情熱的な旋律がヴィオラ・チェロに続き、クライマックスでまとめられ、大交響楽的に終わる。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 優雅 華麗 クリスマス 入学式

PlayStravinsky:The Firebird 6. Lullaby (Berceuse)

ストラヴィンスキー 組曲「火の鳥」(1919年版)より 6.子守歌

ストラヴィンスキー(1882〜1971)

ロシア

踊り疲れた魔物に火の鳥が歌って聴かせるファンタスティックな「子守唄」 子守唄のファゴットとオーボエのソロ掛け合いは、テンポをおさえた暖かいメロディーではじまり、際限まで弱音を意識したピアニッシモでフィナーレに進む。

絞込みタグ:Stravinsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ ゆったり おごそか

PlayJohann Strauss II:Die Fledermaus Overture Op.367

ヨハン・シュトラウス2世 こうもり序曲 オペレッタ『こうもり』より

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

『こうもり序曲(Die Fledermaus Overture)』は、1874年に初演された全三幕のオペレッタ(喜歌劇)「こうもり(Die Fledermaus)」で用いられる楽曲。数あるウィンナ・オペレッタの中でも最高峰とされる作品で、「オペレッタの王様」とも称される。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 陽気 楽しい 優雅 NewYear

PlayDelibes:COPPelIA Balleti in Two Acts - Valse

レオ・ドリーブ バレエ「コッペリア」より スワニルダのワルツ

レオ・ドリーブ(1836〜1891)

フランス

コッペリア(Coppelia)は、1867年作曲。オペラ座で1870年5月25日初演された。 「コッペリア」とは、動く人形を題材としたバレエ作品、およびその人形の名前。 村の娘、スワニルダ(フランツの恋人)の第二幕でのワルツ。

絞込みタグ:Delibes France ロマン派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ かわいい クリスマス 入学式 卒業式 結婚式

PlaySchumann:Symphony No.4 2nd. Mov. Ziemlich langsam

シューマン 交響曲四番 第二楽章 ロマンツェ

シューマン(1810〜1856)

ドイツ

ロマンツェ かなり緩やかに。イ短調、3/4拍子、三部形式。 オーボエとチェロのソロにより、第一楽章の第一主題に基づく中世ロマンス的な旋律と序奏の主題を示す。中間部はソロヴァイオリンが3連符で流れるような旋律を奏で、静かに終わる。

絞込みタグ:Schumann Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 繊細 ゆったり ロマンチック

PlayFaure:Pavane op.50

フォーレ パヴァーヌ 作品50

フォーレ(1845〜1924)

フランス

小規模な編成で、曲の最初は室内楽的な響きが特徴的。甘美で崇高、清楚な旋律美で知られフォーレの他の管弦楽作品と同様、木管楽器、特にフルートに重点が置かれている。フォーレの中期を代表する傑作。

絞込みタグ:Faure France ロマン派音楽 管弦楽 シンフォニックオーケストラ 素朴 情熱 繊細 卒業式

PlayBeethoven:Symphony No. 4 1st Mov.

ベートーヴェン 交響曲第4番 第1楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

交響曲第4番変ロ長調 作品60(in B-flat major, Opus 60) ベートーベンの9つの交響曲には、表題がついているものが多いが、交響曲第3番「英雄」と交響曲第5番「運命」の間にあるこの4番は、有名な名前もなく目立たないが、「運命」オペラ「フィデリオ」・ラズモフスキー弦楽四重奏曲集・ピアノ協奏曲第4番などと同時期に作られた意欲的な作品である。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 躍動 軽快 情熱

PlayRachmaninov:Symphony No. 2-2 op.27

ラフマニノフ 交響曲2番 第2楽章 Andante

ラフマニノフ(1873〜1943)

ロシア

Allegro molto イ短調、2/2拍子、複合三部形式のスケルツォ。 ラフマニノフが気に入っていたグレゴリオ聖歌の「怒りの日」のモチーフが、冒頭のリズムに乗ってホルンによって示され、その主題を中心に曲は盛り上がり金管群によって高まるがクラリネットのソロをきっかけにモデラート部ではヴァイオリンを中心に民謡風の柔和なメロディーを歌う。中間部では曲想が大きく変わり、せわしないスケルツォ主題へと戻って、曲は再び盛り上がり、コーダでは金管のコラールによる旋律が交錯し、弱々しく楽章を閉じる。

絞込みタグ:Rachmaninov Russia ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlaySchubert:Symphony No.8-1 D.759

シューベルト 交響曲 第8番 ロ短調「未完成」第1楽章 Unfinished

シューベルト(1797〜1828)

オーストリア

交響曲は通常4つの楽章から構成されるが、シューベルトは第2楽章まで完成させ、スケルツォ(第3楽章)をほぼ仕上げながら、そこで作曲をやめてしまっため、第2楽章までしかない未完成交響曲となってしまった。 かつてのレコード業界では「運命(ベートーヴェン)」と「未完成」の大衆的な人気にあやかり、組み合わせる事が多く、今でもコンサートのプログラムではこのカップリングは多い。

絞込みタグ:Schubert Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayBizet:L’arlesienne Suite No.2 Farandole

ビゼー アルルの女 第2組曲 第4曲 ファランドール

ビゼー(1838〜1875)

フランス

フランス南部のプロヴァンス地方で踊られる舞曲『三人の王の行進』と『馬のダンス』種類の民謡をもとに作られている。 特に冒頭の主題は広く知られており、人気が高い曲のひとつ。

絞込みタグ:Bizet France ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 躍動 力強い

PlayRespighi:The Pines of the Appian Way (Pini di Roma)

レスピーギ 交響詩「ローマの松」から「アッピア街道の松」

レスピーギ(1879〜1936)

イタリア

「アッピア街道の霧深い夜あけ。不思議な風景を見まもっている離れた松。果てしない足音の静かな休みないリズム。詩人は、過去の栄光の幻想的な姿を浮べる。トランペットがひびき、新しく昇る太陽の響きの中で、執政官の軍隊がサクラ街道を前進し、カピトレ丘へ勝ち誇って登ってゆく。」 ピアニッシモから「軍隊の行進」に伴い徐々に音強を増し、フォルティッシモに至る。舞台上の管弦楽に加え、バンダのファンファーレが加わり、勇壮に全曲を閉じる。舞台裏の金管楽器はしばしば客席の脇や後ろ、2階席などに置かれ、立体的な音響を響き渡らせることがある。

絞込みタグ:Respighi Italy ロマン派音楽 交響詩 シンフォニックオーケストラ 力強い 幻想的

PlayTchaikovsky:Overture Solennelle 1812 op.49

チャイコフスキー 大序曲1812年

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

タイトルの「1812年」はナポレオンのロシア遠征が行われた年。チャイコフスキーは特に精魂を込めて書き上げた作品ではなかったものの、歴史的事件を通俗的に表現したわかりやすさによって人気のある作品でTVやCMなどでもよく使われる。クライマックス付近では楽譜上に大砲 (cannon) の指定がある。この曲は「ラ・マルセイエーズ」と「神よツァーリを護り給え」を使用しているが、1812年にはどちらも、まだ国歌ではなかった。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ にぎやか 力強い 荘厳 躍動 重厚

PlayTchaikovsky:Symphony No.6-2 op.74

チャイコフスキー 交響曲 第6番 「悲愴」第2楽章 Allegro con grazia

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

複合三部形式、ニ長調 4分の5拍子という混合拍子によるワルツ。スラブの音楽によく見られる拍子で、優雅でありながらも不安定な暗さと慰めのようなメロディーが交差する。中間部はロ短調に転調し、一層暗さに支配され、終楽章のフィナーレと同様の主題が現れる。 5拍子の曲と言えば、Jazzのテイク・ファイヴ、映画音楽のMission Impossibleのテーマ、「マルサの女」のテーマ。 小生はこの「マルサの女」のサウンドトラックのシンセサウンドと打ち込みの担当をやらせていただきました。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 優雅 気品 美しい せつない

PlayTchaikovsky:Symphony No.4-3

チャイコフスキー 交響曲第4番 第3楽章 Scherzo Allegro

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

弦楽器は終始弓を持つことなくピチカートで演奏する。 木管楽器のアンサンブルは非常に演奏の難しい旋律の掛け合いで中間部主題が演奏される、主題の断片と金管楽器の行進曲の断片が絡まりながら静かに消えるように終わる。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayProkofiev:Romeo and Juliet Op.64tar

プロコフィエフ 「ロミオとジュリエット」第2組曲より モンタギュー家とキャピュレット家

プロコフィエフ(1891〜1953)

ロシア

組曲第2番の1番目の曲。1937年4月15日、レニングラードで作曲者の指揮により初演され、現在でもこの第2番が一番多くコンサートで演奏される。ソフトバンクのCMなどで使われた。

絞込みタグ:Prokofiev Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ

PlayBeethoven:Symphony No2-1 Adagio molto - Allegro con brio

ベートーヴェン 交響曲第2番 第1楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

第1楽章 Adagio molto ニ長調 3/4拍子 - Allegro con brio ニ長調 4/4拍子 随所に、後の交響曲第9番を思わせるパッセージが登場する。 交響曲第9番、交響曲第1番と同じく、ハイドン、モーツァルトといった古典派の作曲家の作曲技法を踏襲していた時期の作品であり、中期、後期の大作群と比べると相対的に人気はないが、古典派の交響曲としては十分な完成度を誇っている。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayBeethoven:Symphony No. 6-5 Allegretto Hirtengesange. Frohe und dankbare Gefuhle nach dem Sturm.

ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」第5楽章 「牧人の歌−嵐の後の喜ばしい感謝の感情」

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

雨が上がり、日が差し、自然への畏敬と感謝の牧歌が歌い上げられる長閑で穏やかな牧歌の印象。牧笛を模したクラリネットとホルンによる導入句が象徴的。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlaySchumann:Symphony No.4 in D minor Op.120 1st Movement

シューマン 交響曲4番 第1楽章

シューマン(1810〜1856)

ドイツ

ニ短調:かなり緩やかに (Ziemlich langsam) − 生き生きと (Lebhaft) 妻クララの22歳の誕生日1841年9月13日に、誕生日プレゼントとして彼女に贈られた。作曲はその直前3か月間で行われた。 この曲は実は最後の曲ではなく、第2番として作曲されたようだが、出版順ということで4番ということになっている。

絞込みタグ:Schumann Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 重厚 情熱

PlayBeethoven:Symphony No.6-1:Op.68 Allegro ma non troppo

ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」第1楽章 「田園に到着した歓び」

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

ロマン派以降の標題音楽の作曲家に大きく影響を与えたベートーヴェンの9つの交響曲の中においては、唯一の5楽章で構成されている交響曲。各楽章に表題がつけられている。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayMascagni:Cavalleria Rusticana Intermezzo

マスカーニ カヴァレリア・ルスティカーナ 間奏曲

マスカーニ(1863〜1945)

イタリア

1890年初演の歌劇、タイトルは「田舎の騎士道」を意味する。 劇中で演奏される楽曲の中でも、この『間奏曲』が特に有名で、単独での演奏機会も多い。

絞込みタグ:Mascagni Italy ロマン派音楽 歌劇 シンフォニックオーケストラ やさしい 優雅 クリスマス 卒業式 結婚式

PlayBeethoven:Symphony No.6-4 Allegro

ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」第4楽章 「雷雨、嵐」

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

原題はGewitter und Sturm、特に決まった形式はない。この楽章のみピッコロとティンパニが加わり、楽しい村民の集いを突然襲った昼下がりの激しい驟雨の様子を活写する。低弦が遠雷の様子を、中高弦・木管が怪しい風音・閃光と雨足を、全管とティンパニが激しい雷鳴と大地の鳴動を表現し、最終部では雨足が遠のき雷雲が去って晴れ間が差した清々しい麗らかな田舎の情景が奏でられる。第2のスケルツォと位置付けることもできる。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayShostakovich:Allegro non troppo 作品47

ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 革命 第4楽章

ショスタコーヴィチ(1906〜1975)

ソヴィエト

ソビエト連邦時代の1937年に作曲され、革命20周年に初演された。 「革命」という題名は、ベートーヴェンの「運命」と同様、正式な標題ではない。 この楽章は、テンポの解釈などに演奏上の問題となるところが多く諸説入り交じり、 真相の究明については、自筆譜の研究が進むことを待たざるを得ないのが現状。

絞込みタグ:Shostakovich Soviet 近代音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 重厚 躍動

PlayProkofiev:Peter and Wolf attacked by a cat

プロコフィエフ 「ピーターと狼」より 猫に襲われる

プロコフィエフ(1891〜1953)

ロシア

「あぶない!」ピーターは叫びました。小鳥はすぐに木の上に飛び上がりました。池の中でアヒルが猫に向かってガアガア怒ります。猫は木の周りを回りながら考えました、「のぼって行っても無駄かな...」

絞込みタグ:Prokofiev Russia ロマン派音楽 交響的物語 シンフォニックオーケストラ

PlayW.A.Mozart:Symphony No.40-1 K.550

モーツァルト 交響曲 第40番 第1楽章 Molto Allegro

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

モルト・アレグロ、ト短調 2分の2拍子 ソナタ形式。 最初の有名な主題(2音の短二度下降型)は、「ため息のモチーフ」とも呼ばれ、全曲で姿を繰り返し表す特徴的な旋律。 モーツァルトの交響曲の中でも最も有名なものの1つで、短調のものはこの作品を含めてわずか2曲しかなく、その両方がト短調であるため、こちらを「大ト短調」、もう一方の交響曲第25番を「小ト短調」と呼ぶことがある。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 甘美 繊細 せつない

PlayTchaikovsky:Symphony No.6-4 op.74

チャイコフスキー 交響曲 第6番 「悲愴」第4楽章 Finale.

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

Adagio lamentoso - Andante - Andante non tanto。ソナタ形式的な構成を持つ複合三部形式、ロ短調。 冒頭のメロディーは第1バイオリンと第2バイオリンが主旋律を1音ごとに交互に弾く独創的なオーケストレーションが面白い。曲は次第に高潮し、情熱的なクライマックスを経て曲は消えるように終わる。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 重厚 繊細 静寂 落ち着き おごそか

PlayMahler:Symphony No.5 5th mov.

マーラー 交響曲第5番 第5楽章

マーラー(1860〜1911)

オーストリア

ホルン、ファゴット、クラリネットの牧歌的な掛け合いから始まる。 第1主題はホルンによるなだらかな下降音型、第2主題は低弦による細かいフーガ的な展開、軽快に舞うような展開部に入り、次第に力を増してクライマックスに向かい再現部に入り、勝利のコラールが力強く演奏され華々しく終わる。

絞込みタグ:Mahler Austria ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 力強い 牧歌的 優雅 優しい

PlayBrahms:Symphony No.4-3

ブラームス 交響曲第4番 第3楽章 Allegro giocoso

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

ハ長調。2/4拍子。ソナタ形式。 ブラームスのこれまでの3楽章は間奏曲風の比較的穏やかなものが多かったが、初めてスケルツォ的で、なおかつ2/4拍子の楽章とした。第1主題が豪快、快活にややせわしなく始まり、第2主題はト長調でヴァイオリンによる落ち着いた表情になる。展開部ではホルンが嬰ハ長調で第1主題を変奏し途中から回帰して再現部となる。コーダでは各楽器が第1主題の掛け合いをして振幅の大きな最高潮をむかえる。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 堂々 優雅

PlayBizet:Carmen Suite No.1 Final.Les Toreadors

ビゼー カルメン組曲1より フィナーレ「闘牛士」

ビゼー(1838〜1875)

フランス

カルメンの護送役を命じられたホセは,カルメンに逃がしてくれとささやかれる。紐を緩めたホセは,カルメンに突き倒され,カルメンは高笑いを残して逃げ去る。第一幕の終了。 この曲はカルメンの中でも特に有名で人気があり、誰もが一回はきいた事のあるクラシックで、テレビ番組やCMでよく使われる便利な曲でもある。 「たけしのTVタックルのテーマ曲」としても有名。

絞込みタグ:Bizet France ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 軽快

PlayBeethoven:Symphony No.8 1. Allegro vivace e con brio

ベートーヴェン 交響曲第8番 第1楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

ヘ長調 作品93 1. Allegro vivace e con brio 4分の3拍子 比較的小規模で古典的な印象を受けるが、従来の古典的な形式に則っていて、独創的で工夫と表現にあふれた傑作。 スフォルツァンドを多用し音のバランスをとるのが難しい。第2主題がニ長調を通り、ワルツ調に提示される。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 優雅

PlayW.A.Mozart:Symphony No. 31 Paris 3. Allegro grazioso-Molto vivac

モーツァルト 交響曲第31番《パリ》 第三楽章

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

終楽章はこの第三楽章。 アレグロ ニ長調 2分の2拍子 ソナタ形式。ピアニッシモで始まり、突然のフォルテで驚かせるような始まり方をするフィナーレ。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい 優雅 繊細

PlayRavel:Bolero Tempo di Bolero moderato assai

ラヴェル(ラベル) ボレロ ハ長調

ラヴェル(ラベル)(1875〜1937)

フランス

特徴のあるバレエ音楽、初演は1928年11月22日、パリのオペラ座。 最後まで同じリズムが保持され、ダイナミクスの指示は最後に向かうクレッシェンドのみ。 「セビリアのある酒場で一人の踊り子が舞台で足慣らしをしている、やがて興が乗ってきて、振りが大きくなってくる。最初はそっぽを向いていた客たちも、次第に踊りに目を向け、最後には一緒に踊り出す。」と言うあらすじ。 映画やTV、CM、様々な場面で使われている。クロード・ルルーシュ監督の映画『愛と哀しみのボレロ』1984年サラエボオリンピック、アイスダンスのイギリスのジェーン・トービルとクリストファー・ディーンのペアの曲等。 (音源変更してリミックスして再演奏しました)

絞込みタグ:Ravel France 印象派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ 雄大 重厚 情熱 甘美

PlayBerlioz:Symphonie fantastique 4.Marche au Supplice.

ベルリオーズ 幻想交響曲 第4楽章 断頭台への行進

ベルリオーズ(1803〜1869)

フランス

彼は夢の中で愛していた彼女を殺し、死刑を宣告され、断頭台へ引かれていく。行列は行進曲にあわせて前進し、その行進曲は時に暗く荒々しく、時に華やかに厳かになる。その中で鈍く重い足音に切れ目なく続くより騒々しい轟音。ついに、固定観念が再び一瞬現われるが、それはあたかも最後の愛の思いのように死の一撃によって遮られる。

絞込みタグ:Berlioz France ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 幻想的 せつない 不気味

PlayBeethoven:Symphony No.5-3 Op.67

ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」第3楽章 Allegro

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

複合三部形式。スケルツォ - トリオ - スケルツォ - コーダという構成。「運命の主題」の冒頭の休符を取り去り、スケルツォの3拍にうまく当てはめている。トリオのあと再びスケルツォに戻り、本来の演奏ではコーダから、アタッカで(間を取らず)4楽章に繋がる。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlaySchubert:Symphony No.9-1

シューベルト 交響曲第9番 第1楽章 ハ長調 D 944 「ザ・グレイト」

シューベルト(1797〜1828)

オーストリア

通称「ザ・グレート」と呼ばれるこの曲は、同じく「ハ長調」の「第6番に比較して大きい」といった程度の意味合で「偉大な」という意味は持たなかったが、そのスケールや楽想、規模は「ザ・グレート」の名に相応しく、現在ではこの曲の通称として定着している。 第1楽章は、 序奏付きソナタ形式。ホルンの伴奏を伴うユニゾンでおおらかに始まり、この序奏部分が楽章全体を構成する主要なモチーフを提示している。

絞込みタグ:Schubert Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayBeethoven:Symphony No.5-4 Op.67

ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」第4楽章 Allegro

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

第3楽章から続けて演奏される。楽器編成にピッコロ、コントラファゴット、トロンボーンが加わり、色彩的な管楽器が増強され他の楽章に比べて響きが非常に華やかである。コーダでは加速し「暗から明へ」における「明」の絶頂で華やかに曲を閉じる。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayWagner:Ride of the Valkyries

ワーグナー 楽劇 ワルキューレの騎行 (第三幕の前奏曲)

ワーグナー(1813〜1883)

ドイツ

楽劇 「ニーベルングの指輪」の第一夜 楽劇「ワルキューレ」の第三幕の前奏曲。 「ワルキューレ」とは、北欧神話に登場する「戦死者を選ぶ者」という意味(戦乙女、戦女神など)を持つ。 フランシス・コッポラ監督による映画「地獄の黙示録」でアメリカ軍のヘリコプター部隊が兵士の士気を高め、住民の恐怖心を煽るために、ヘリコプターに積んだスピーカーから大音量で流される場面は有名。

絞込みタグ:Wagner Germany ロマン派音楽 歌劇 シンフォニックオーケストラ 重厚 力強い

PlayBrahms:Akademische Festouverture Op.80

ブラームス 大学祝典序曲 Academic Festival Overture

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

学生歌から適切な旋律を選択し、洗練された対位法や主題労作の技法、緻密に構成された音色を用いて、創意ある洗練された構成と音楽技法的に評価されるこの曲は、ブラームスが得意な毒舌やブラック・ユーモアで、「学生の酔いどれ歌のひどくがさつなメドレー」を作って『大学祝典序曲』と名づけたと語った。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 躍動 力強い 卒業式 入学式

PlayShostakovich:Festive Overture Op.96

ショスタコーヴィチ 祝典序曲 作品96

ショスタコーヴィチ(1906〜1975)

ソヴィエト

ロシア革命37周年記念という、中途半端な記念日に、大至急仕上げてほしいとの劇場からの依頼で、わずか3日で仕上げたと言われている。 トランペットの明るく華やかなファンファーレで始まり、軽快で早い旋律が、はじめクラリネットで主奏されヴァイオリンに引き継ぎ、次の主題をチェロとホルンが抒情的に歌い出す、やがてファンファーレが戻ると、賑々しいコーダに至る。吹奏楽用の編曲でも盛んに演奏されている。

絞込みタグ:Shostakovich Soviet 近代音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 楽しい 軽快 祝典

PlayHolst:Mars. The Bringer of War Op.32

ホルスト 組曲惑星より「火星」戦争をもたらすもの The Planets

ホルスト(1874〜1934)

イギリス

この作品は惑星を題材としているが、(天文学ではなく)惑星は神々と結び付けられた占星術から発想されたものである。地球が含まれないのはこのためである。 第1曲「火星」。出だしの5拍子のリズムが特徴的。日本では「木星」に次いでよく知られている曲である。不明確な調性、変則的な拍子など、ストラヴィンスキーの『春の祭典』からの影響が大きいといわれる。

絞込みタグ:Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 不気味

PlayW.A.Mozart:Symphony No.25-3 Menuetto / Trio

モーツァルト 交響曲第25番 第3楽章 Menuetto / Trio

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

この時代にしては珍しくホルンを4本用いている、当時はバルブホルンが無く、ナチュラルホルンを使っていて、特に短調の場合は出せる音が限られてしまうので、G管とBb管を混ぜて4本にして使う事で補っている。このため中ほどの木管アンサンブルの所では不完全ながらも主題を奏でることが出来るようになっている。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 華麗 情熱

PlayMussorgsky:Night on the Bare Mountain

ムソルグスキー 交響詩「禿山の一夜」

ムソルグスキー(1839〜1881)

ロシア

深夜になると闇の精霊たちが禿山に集い大宴会を開いて大騒ぎするが、やがて夜明けを告げる村の鐘の音で精霊たちは去り、禿山はいつもと変わらぬ静かな朝を迎えるというもの。この曲はディズニーが1940年に作ったアニメーション映画『ファンタジア』にも取り上げられているリムスキー=コルサコフが1886年に発表した改訂版。

絞込みタグ:Mussorgsky Russia 国民楽派 交響詩 シンフォニックオーケストラ 不安 不気味

PlayBeethoven:Symphony No.9-3 Adagio molto e cantabile - Andante maestoso

ベートーヴェン 交響曲第9番 第3楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

第九の中で瞑想的な緩徐楽章。木管パートとホルンのハーモニーが美しい。当時のホルンはまだナチュラルホルンが主流で、4番ホルンの独奏は、微妙なゲシュトプフト奏法を駆使しなければ演奏することができなかった。 2つの主題が交互に現れる一種のロンド形式で、やはり最終楽章が有名で人気があるが、この楽章のファンも多い。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ ゆったり 繊細 華麗 NewYear 年末年始

PlayDvorak:Symphony No.8 3. Allegro grazioso-Molto vivac

ドヴォルザーク 交響曲第8番 第3楽章

ドヴォルザーク(1841〜1904)

チェコ共和国

ヴァイオリンで始まる美しいメロディーは3拍子の舞曲で、スケルツォではなくワルツ風になっている。 中間部の旋律は、歌劇「がんこな連中」からとられたものであり、全曲の中で最も有名な楽章。

絞込みタグ:Dvorak Czech Republic ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 甘美 気品 繊細 美しい

PlayProkofiev:Peter and Wolf Trapped wolves struggle

プロコフィエフ 「ピーターと狼」より 罠にかかって、もがく狼

プロコフィエフ(1891〜1953)

ロシア

狼のしっぽを引っ掛けて力一杯引きます。狼は罠から抜けようとして乱暴に飛び跳ねます。 狼が飛び跳ねると、ますます強くしっぽが締め付けられます。ちょうどその時.......

絞込みタグ:Prokofiev Russia ロマン派音楽 交響的物語 シンフォニックオーケストラ

PlayStrauss-R:Morgen!

リヒャルト・シュトラウス あしたには! 作品27-4

リヒャルト・シュトラウス(1864〜1949)

ドイツ連邦

新婚の妻パウリーネのために、1894年に書かれた4つの歌曲の締めくくりに位置する。シュトラウスの作品のなかでも特にロマンティックなものの一つとされ、知名度も高い。簡素ながら、非常に繊細な美しさを持った作品。

絞込みタグ:Strauss-R Deutscher Bund ロマン派音楽 歌曲 シンフォニックオーケストラ 繊細 美しい 入学式 卒業式

PlayHolst:Uranus.Magician. Op.32

ホルスト 組曲惑星より「天王星」魔術の神 The Planets

ホルスト(1874〜1934)

イギリス

第6曲「天王星」。デュカスの『魔法使いの弟子』に影響を受けたといわれている。G、 Es、 A、 Hの4音が様々な形で執拗なまでに取り入れられているのは、ホルストの名前(「G」u「s」t「a」v 「H」olst)を表していると言われている。

絞込みタグ:Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ

PlayProkofiev:Peter and Wolf Bird Peter and strategies

プロコフィエフ 「ピーターと狼」より ピーターと小鳥の作戦

プロコフィエフ(1891〜1953)

ロシア

ピーターは、門の後ろで、この有様を見ていました。 ピーターは走って家から大きな縄を持って来て、高い石の塀に上りました。 狼のいる木の枝が一つ塀の上に届いています、その枝をつかまえてピーターは身軽に木に上り、小鳥に言いました。 「狼に捕まらないように頭の周りを飛び回りなさい」

絞込みタグ:Prokofiev Russia ロマン派音楽 交響的物語 シンフォニックオーケストラ

PlayBeethoven:Symphony No.7-2 Op.92

ベートーヴェン 交響曲第7番 第2楽章 Allegretto

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

初演時に聴衆から特に支持された楽章。「不滅のアレグレット」と呼ばれている。アレグレットは、「少し速く」と言う速度記号であるが、ベートーヴェンは、ゆっくり、しかし普通のアンダンテやアダージョよりは速くしてほしい、という意味で、この設定にしたと言われている。映画では、『未来惑星ザルドス』、『落下の王国』、『ノウイング』など。アニメでは『銀河英雄伝説』などで使用されている。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 神秘的 ゆったり 厳粛 落ち着き

PlayVerdi:La Forza del Destino Overture

ベルディー(ヴェルディ) オペラ「運命の力」 序曲

ベルディー(ヴェルディ)(1813〜1901)

イタリア

「運命の力」は、ヴェルディが作曲した全4幕からなるオペラの有名な「序曲」は1869年に補作されたもので、それまでの原典版ではもっと短い「前奏曲」が用いられていた。それに対してこの序曲は7分を超える。現在ではこの序曲だけが単独で演奏される機会も多い。吹奏楽でもよく演奏される。

絞込みタグ:Verdi Italy ロマン派音楽 オペラ シンフォニックオーケストラ

PlayW.A.Mozart:Symphony No. 31 Paris 1. Allegro assai

モーツァルト 交響曲第31番《パリ》 第一楽章

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

1778年、パリの演奏団体コンセール・スピリチュエルの支配人ジャン・ル・グロからの依頼によって作曲されたため『パリ』の愛称で呼ばれる。クラリネットを含む完全な2管編成。 第1楽章 アレグロ・アッサイ ニ長調 4分の4拍子 ソナタ形式

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 軽快 明るい 優雅 優しい

PlayW.A.Mozart:Arie - Der Vogelfanger bin ich ja from Die Zauberflote

モーツァルト 「魔笛」より、アリア「私は鳥刺し」 パパゲーノ

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

『魔笛』第1幕で、パパゲーノの初めての登場時にパンフルートを吹きながら愉快に歌う。 歌の内容はパパゲーノの職業である鳥刺しについて歌ったもの。パパゲーノの陽気さを率直に表したアリア。 アンダンテ、ト長調、2/4拍子。 歌詞: Der Vogelfanger bin ich ja Stets lustig、 heiBa、 hopsassa! Ich Vogelfanger bin bekannt Bei Alt und Jung im ganzen Land. WeiB mit dem Locken umzughen Und mich aufs Pfeifen zu verstehn. Drum kann ich froh und lustig sein、 Denn alle Vogel sind ja mein.

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 オペラ シンフォニックオーケストラ

PlayW.A.Mozart:Arie - Ein Madchen oder Weibchen wunscht Papageno sich!

モーツァルト 「魔笛」より、アリア「娘か可愛い女房が一人」 パパゲーノ

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

パパゲーノが、可愛い女の子か奥さんがいたら、この世は実に素晴らしいと歌う楽天的なアリア。 グロッケンシュピールの音が美しく響く。 モーツァルトは、2つのパパゲーノのアリアを、当時の流行歌から取ったという。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 オペラ シンフォニックオーケストラ

PlayBrahms:Symphony No.1-4

ブラームス 交響曲第1番 第4楽章 Adagio - Piu andante -Allegro non troppo、 ma con brio

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

序奏部は堂々と威厳あふれ、木管楽器などを中心とした高揚感のある部分の後、有名なアルペン・ホルン的なホルンのソロの部分になる、このメロディは,ブラームスがクララ・シューマンに贈った情熱的な歌曲の一部。その後,トロンボーンにコラール風の美しい印象的なフレーズが出てくる。再現部を経てクライマックスであるコーダはリズム感ある晴れ晴れとした盛り上がりを見せながら力強く終わる。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ

PlayBeethoven:Symphony No9-2 Molto vivace - Presto

ベートーヴェン 交響曲第9番 第2楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

ニ短調 3/8拍子 - ニ長調 2/2拍子、複合三部形式をとるスケルツォ楽章 弦楽器のユニゾンとティンパニで始まる序奏に続き提示部ではフーガのようにテーマが絡み合い、展開部ではティンパニが活躍する。中間部の旋律は、歓喜の主題に似ている。オーボエによる主題提示の後、弦楽器群のフーガ風旋律を経てホルンが同じ主題を提示し、木管楽器群の主題提示の後、今度は全合奏で主題を演奏する。(第九)

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 気品 繊細 NewYear 年末年始

PlayHolst:The Planets : Jupiter. Op.32 The Bringer of Jollity.

ホルスト 組曲惑星より「木星」 ジュピター、快楽をもたらすもの

ホルスト(1874〜1934)

イギリス

第4曲「木星」。組曲中、最もよく知られている曲。 特に中間部「Andante maestoso」のメロディーが非常に有名。様々なシーンで使用され、ダイアナ元皇太子妃の葬儀に教会オルガンアレンジでで演奏されり、平原綾香がデビュー曲で、吉元由美により歌詞が付けられたものを『Jupiter』としてリリースした曲が流行った事があった。また、組曲として、冨田勲の「惑星」は当時のアナログシンセサイザーの多重録音で仕上げた物であり、世界的に評価された。

絞込みタグ:Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 躍動 軽快 落ち着き

PlayW.A.Mozart:The Magic Flute Overture K.620

モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

モーツァルトが最後に完成させたオペラ。台本は興業主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダー。 序曲には、全曲を通じて大きな役割を果たす「フリーメイソンの三和音」が登場する。第1主題はクレメンティの『ピアノソナタ 変ロ長調』の第1楽章主題に酷似しており、モーツァルトがこの曲でクレメンティをからかったという見方がある。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ

PlayDukas:L’Apprenti Sorcier Scherzo

デュカス 交響詩「魔法使いの弟子」

デュカス(1865〜1935)

フランス

老いた魔法使いが若い見習いに雑用を言い残し、自分の工房を旅立つところから物語が始まる。 ディズニーのアニメ映画「ファンタジア」に転用され、ミッキーマウスが「魔法使いの弟子」役を演技したことにより、いっそう有名になった。

絞込みタグ:Dukas France ロマン派音楽 交響詩 シンフォニックオーケストラ 躍動 にぎやか 楽しい 気まぐれ かわいい

close

楽曲検索

Loading…