検索

Welcome to I-Dur Virtual Orchestra

I-Dur Virtual Orchestraは、机上のオーケストラ、「DTM Orchestra」です。

クラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。現在 1人の作曲家の518曲が、ご試聴いただけます。作曲家名、カテゴリー、諸派での絞り込み、楽曲名やキーワードで検索できます。どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、DTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

掲載している曲のMIDIデータ、mp3データ、簡易スコアは「BASEネットショップ」で購入できます。
詳しくは「データのダウンロード販売について」をご覧ください。

♪楽曲リストの各曲のタイトルを押すとページ下部にプレイヤーが表示され、コントロールできます♪

NewYear特集はこちら

更新情報・お知らせ

2017-04-08
♪ 516曲目、ジャン・シベリウス、「組曲「カレリア」Op.11」より第3曲:行進曲風に(アラ・マルチャ)、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD58e88435abeef
2017-03-19
♪ 515曲目、アントニン・ドヴォルザーク、「8つのユモレスク」より第1番 、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD58ce54accd5b0
2017-02-04
♪ 514曲目、J.S.バッハ、ミサ曲ロ短調よりアリア(バス)汝の望みなれば(Aria Quoniam tu solus sanctus) 新規演奏アップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD589583d861a5d
2017-01-15
♪ ボロディン:歌劇イーゴリ公より「ダッタン人の踊り」
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e098
2017-01-08
♪ チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 1楽章 Op.23
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50aac
2016-12-19
♪ リロイ・アンダーソン:スレッジ・ライド(そりすべり)
クリスマスの定番!リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4f0a6
2016-12-04
♪ バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第1番:第1楽章、リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4d587
2016-11-27
♪ Berlioz:ベルリオーズ、「幻想交響曲 第4楽章 断頭台への行進」Marche au supplice. リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4dc04
2016-11-19
♪ Beethoven:ベートーベン、「交響曲第7番 第1楽章」Poco sostenuto-Vivace. リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4d973
2016-11-15
♪ 「クリスマス特集」
☆クリスマスにちなんだ曲を集めてみました。
https://music.i-dur.com/?tg=クリスマス#ml

楽曲リスト検索

検索、絞り込み中:「チャイコフスキー」 (36) リセット

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Piano Concert No1-1 Op.23
チャイコフスキーの3曲のピアノ協奏曲中、あまりにも有名なこの曲は,他の2曲の存在を薄くしてしまった。
力強いホルンから始まる印象的な出だしは印象的で、壮麗な序奏は、だれでも一度は聴いたことのある非常に有名なモチーフだが、このモチーフは、なぜか以降二度と再現されない。第2主題はクラリネットに美しい旋律が現れ展開部ではこれらの第2主題がピアノを中心にと変転し、オーケストラで第3主題が奏され、そのまま短いコーダに入って雄大に曲が閉じられる。
最もポピュラーなピアノ協奏曲の一つとして、多くの人々に喜んで聴かれ、多くのピアニストによって好んで演奏されている。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Fantasy Overture Romeo and Juliet
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Serenade for Strings Op.48
1880年に作曲した弦楽オーケストラのための作品。チャイコフスキーの代表作の一つ。モーツァルトへの敬愛から書いたもの。
ドラマチックな冒頭部分が印象的で、TVやCMなどで使われたため多くの人の耳になじみがあると思う。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Serenade for Strings Op.48
ト長調 4分の3拍子、ワルツ、Moderato、tempo di Valse  
第2楽章はワルツではあるが、普通のワルツ形式ではなくロンド形式をとっている。非常に優雅な主題と中間部の少し翳りをもった部分の対比が美しい楽章である。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : The Nutcracker Suite Op.71a
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : The Nutcracker Suite. Op.71a Marche
Tempo di marcia viva、ト長調、4分の4拍子(ロンド形式)

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : The Nutcracker Suite Op.71a
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : The Nutcracker Suite Op.71a
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : The Nutcracker Suite Op.71a
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : The Nutcracker Suite Op.71a
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : The Nutcracker Suite Op.71a
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : The Nutcracker Suite Op.71a Valse des fleurs
Tempo di Valse、ニ長調、4分の3拍子(複合三部形式)。クラシック音楽の中でも非常にポピュラーな曲であり、単独で演奏されることも多い。ホルンによる主題、弦による有名なワルツの旋律、そして情熱的な旋律がヴィオラ・チェロに続き、クライマックスでまとめられ、大交響楽的に終わる。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Andante cantabile Op.11
冒頭の有名な旋律は、チャイコフスキーがウクライナで聴いた民謡に題材を得ている。
そのテンポを指示する速度用語である「アンダンテ・カンタービレ(歩く速さで歌うように)」がそのまま愛称として親しまれている。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Swan Lake Op.20
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Swan Lake Op.20
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Swan Lake Op.20
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Swan Lake Mazurka
バレエ「白鳥の湖」第3幕より第23曲。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Espagnole Swan Lake
オデットそっくりのオディールが偽物とも知らずフラフラ引き寄せられた王子を威嚇するかのように、スペインの踊りが始まる。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Sleeping Beauty Op.66 Waltz
チャイコフスキーのバレエ音楽の中で最も演奏時間が長い。ディズニー映画としても有名。
ヨーロッパの古い民話・童話、さまざまなストーリーパターンがある。
「眠れる森の美女」オーロラ姫に呪いをかけた邪悪な妖精マレフィセントを主人公とするダークファンタジー。
2014年7月5日公開予定のディズニーアニメの実写版ではマレフィセントをアンジェリーナ・ジョリーが演じ、彼女の封印された過去とオーロラ姫を永遠の眠りにつかせる呪いをかけた理由が明かされる。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Symphony No.4-1 Op.36
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Symphony No.4-2
変ロ短調-ト長調 4分の2拍子 三部形式

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Symphony No.4-3
弦楽器は終始弓を持つことなくピチカートで演奏する。
木管楽器のアンサンブルは非常に演奏の難しい旋律の掛け合いで中間部主題が演奏される、主題の断片と金管楽器の行進曲の断片が絡まりながら静かに消えるように終わる。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Symphony No.4-4
ヘ長調 4分の4拍子 フィナーレ
祭りのさわぎから、ロシア民謡「野に白樺は立っていた」のよる第1主題、行進曲風の第2主題がロンド風或いは変奏曲風に展開される。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Symphony No.5-1 Op.64
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Symphony No.5-2 Op.64
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Symphony No.5-3 : op.64
イ長調 3/4拍子、ワルツ、三部形式。チャイコフスキーが好んで作曲していたワルツ。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Andante maestoso-Allegro vivace
序奏部の、「運命の動機」、ティンパニのロールのあと第一主題、さらに第二主題は木管楽器から弦楽器に移行され、コーダは再び運命の動機が堂々と演奏され終結していく。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Symphony No.6-1 op.74
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Symphony No.6-2 op.74
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Symphony No.6-3 op.74
スケルツォと行進曲(ト長調)
12/8拍子のスケルツォから4/4拍子の行進曲が次第に力強く現れ最後は力強く高揚して終わる。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Symphony No.6-4 op.74
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Capriccio Italien op.45
イタリア様式の伝統的な奇想曲(カプリッチョ)スタイルの作品。
チャイコフスキーがイタリアに滞在していたとき、そこで見聞した様々な祭りや民謡、舞曲などのテーマがこの曲に盛り込まれている。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Violin Concerto D-Dur Op.35 Allegro moderato - assai
メンデルスゾーン、ベートーヴェン、ブラームスの3大ヴァイオリン協奏曲にこの曲を加えて4大ヴァイオリン協奏曲と称されることもある。悠々とした第1主題、抒情的な第2主題、独奏ヴァイオリンは華やかな技巧で演奏を続け、カデンツァの後、オーケストラの重厚な響きと激しいリズムで楽章を閉じる。
ニ調(D-dur、d-moll)のヴァイオリン協奏曲が多い理由は、楽器の特性としてニ調(D)が一番よく鳴る構造を持っていることが考慮されていると言われている。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Violin Concerto 2nd mov. Canzonet Andante
序奏は、管楽器だけで始まり、ソロヴァイオリンが愁いに満ちた美しい第1主題を演奏する。第2主題は明るく動きのある主題で独奏が行われ第1主題に回帰し、最後はオーケストラだけになり、第3楽章に切れ目なく進む。
使用された主題にはロシア風のものが多く、特に第2楽章カンツォネッタの旋律は、彼の真骨頂ともいえる美しさだと思う。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Overture Solennelle 1812 op.49
- - - - -

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Slavonian March op.31
- - - - -