Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM ♪
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラ

人気のクラシック音楽を中心に「MIDI Orchestra」で表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 79人の作曲家の531曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくは こちらをクリック▶︎「ダウンロード販売について」

New songs and updates
  • 楽曲のタイトルやプレイアイコンをクリックすると演奏ページを開きます。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りページに移動します。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
  • 虫眼鏡アイコンの検索ウインドウで、全531曲の中から楽曲の詳細な検索ができます。
  • 検索結果はページに残りますので、リセットする場合は「× 検索をリセットする」をクリックしてください。
検索楽曲の検索をする

おすすめの楽曲(新着と更新)(83/531)

 ▶︎試聴するドビュッシー:月の光 ベルガマスク組曲より第3曲

ドビュッシー Moonlight from Suite Bergamasque (Clair_de_Lune)

Debussy(1862〜1918)

フランス

ピアノ組曲「水の戯れ」(Suite bergamasque)の一部として、1890年に作曲された「月の光」は、美しい旋律が特徴で、静かな雰囲気の中で静かに広がってい行く。その旋律は、まるで月明かりの下で静かに流れる光景を思わせるようで、静寂や寂寥感、ロマンチックな情感を表現している。聴く人々にさまざまな感情やイメージを呼び起こす力を持っており、抒情的で優美な旋律と、色彩豊かなハーモニーを特徴としている。

Debussy France 印象派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 ロマンチック 卒業式 入学式 (Release:2007/10、Update:2023/09)

 ▶︎試聴するストラヴィンスキー:組曲「火の鳥」(1919年版)より 4.王女たちのロンド(ホロヴォード舞曲)

ストラヴィンスキー The Firebird (1919 edition) 4. Round Dance of the Princesses

Stravinsky(1882〜1971)

ロシア

魔王に捕らわれた王女たちが、黄金のリンゴの木の周りで踊っている。 王女の1人、ツァレーヴナと恋に落ちたイワンは、魔王に捕まると石にされてしまう事、夜明けまでに宮殿に帰らねばならない事を告げられる。そして夜が明け始め、女たちの姿は遠ざかりイワンは宮殿への潜入を試みる。 曲中、オーボエで演奏されるメロディーは、ホロヴォードと呼ばれる古いロシア舞曲。

Stravinsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 牧歌的 せつない 神秘的 (Release:2014/02、Update:2022/11)

 ▶︎試聴するホルスト:海王星-神秘なる者 組曲「惑星」より

ホルスト Neptune, The Mystic from The Planets, Op.32

Holst(1874〜1934)

イギリス

第7曲「海王星」。静かな曲、後半から女声合唱も演奏に加わり、消え入るように終わる。楽譜の最後の1小節に反復記号が記され、「この小節は音が静寂の中に消え入るまでリピートせよ」(This bar to be repeated until the sound is lost in the distance.)と書いてある。

Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 神秘的 せつない ゆったり 不気味 祈り (Release:2006/10、Update:2022/05)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ホルン協奏曲 第4番 第1楽章 アレグロ・モデラート

モーツァルト Horn Concerto No.4-1 K.495 Allegro moderato

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

この楽章は、ホルンの力強さと情熱を表現しつつ、同時にモーツァルト特有の洗練された美しさも感じさせる。穏やかなテンポの「アレグロ・モデラート」、美しいホルンの旋律が中心にあり、ホルン独奏とオーケストラが対話する構造。ホルンの旋律は力強さと優雅さを兼ね備え、オーケストラの音色と調和し、その調性の輝きと音楽の流れは、聴く人々に感情的な共鳴を呼び起こす。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ (Release:1999/05、Update:2023/08)

 ▶︎試聴するホルスト:組曲「惑星」より「土星」 老いをもたらす者

ホルスト Saturn, the Bringer of old Age from The Planets, Op.32

Holst(1874〜1934)

イギリス

組曲中で最も長い。ハ長調ではあるものの、第3音にフラットが付くなど調性は不安定である。ハ音上の付加六の和音や七度の和音が多用される。 ホルスト自身この曲が最も気に入っていたといわれ、組曲中でも中核をなす曲と考えられる。自身でも何度かこの作品を指揮し、録音も残している。 前半の美しいトロンボーンのコラールが印象深い。

Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2006/10、Update:2022/06)

 ▶︎試聴するシューベルト:交響曲第8番「未完成」 第1楽章

シューベルト Symphony No.8 Unfinished 1st. mov.

Schubert(1797〜1828)

オーストリア

交響曲第8番「未完成」は、1822年に作曲されましたが、2楽章までしか完成していないため「未完成交響曲」と言われています。 情緒的な表現と深い響きが特徴です。冒頭から重厚な響きが広がり、哀愁漂うメロディが聴衆を引き込みます。独特の旋律の展開や対位法的な技巧が際立ち、シューベルトの音楽的才能を示しています。楽章全体にわたって続く緊張感と神秘性は、作曲家の内面的な葛藤や情熱を反映しています。未完のままであるにもかかわらず、その豊かな表現力と深い感情は、聴衆に強い印象を残します。

Schubert Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 堂々 幻想的 せつない 甘美 (Release:2005/05、Update:2024/04)

 ▶︎試聴するチャイコフスキー:交響曲 第5番 第4楽章 フィナーレ

チャイコフスキー Andante maestoso-Allegro vivace op.64

Tchaikovsky(1840〜1893)

ロシア

序奏部の、「運命の動機」、ティンパニのロールのあと第一主題、さらに第二主題は木管楽器から弦楽器に移行され、コーダは再び運命の動機が堂々と演奏され終結していく。

Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2010/09、Update:2020/10)

 ▶︎試聴するバッハ:ブランデンブルク協奏曲 第5番 第1楽章 ニ長調

バッハ Brandenburg Concerto No.5 1st mov. Allegro BWV1050

JS.Bach(1685〜1750)

ドイツ

この楽章は、ヴァイオリン、フルート、ハープシコードのためのソロパートが特徴。活気に満ちたリズムや鮮やかな旋律が特徴であり、バッハの独創性と技巧が存分に発揮されている。

JS.Bach Germany バロック音楽 協奏曲 チェンバーオーケストラ (Release:2006/06、Update:2023/05)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ホルン協奏曲 第2番 第3楽章 Rondo Allegro

モーツァルト Horn Concerto No.2-3 K.417

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

華やかで楽しい雰囲気を持つ軽快なスケルツォ(三部形式)。 この楽章は、アレグロの速度で始まる。最初にホルンが明るく躍動感のある主題を奏で、オーケストラもそれに応じて応答する。この主題と応答は、楽章全体を通じて繰り返され、ホルンとオーケストラの間で活気に満ちた対話が続く。楽章の終わりには、速度を上げて盛り上がり、ホルンとオーケストラが息を合わせながら、躍動感と華やかさを増し最後は力強く終わりを迎え、短いが鮮やかな印象を残す。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ (Release:2009/03、Update:2023/07)

 ▶︎試聴するチャイコフスキー:クルミ割人形組曲より 第8曲 花のワルツ

チャイコフスキー The Nutcracker Suite Op.71a Valse des fleurs

Tchaikovsky(1840〜1893)

ロシア

Tempo di Valse、ニ長調、4分の3拍子(複合三部形式)。クラシック音楽の中でも非常にポピュラーな曲であり、単独で演奏されることも多い。ホルンによる主題、弦による有名なワルツの旋律、そして情熱的な旋律がヴィオラ・チェロに続き、クライマックスでまとめられ、大交響楽的に終わる。

Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 優雅 華麗 xmas クリスマス (Release:1994/08、Update:2022/12)

 ▶︎試聴するチャイコフスキー:交響曲 第5番 第2楽章 Andante cantabile, con alcuna licenza

チャイコフスキー Symphony No.5-2 Op.64

Tchaikovsky(1840〜1893)

ロシア

静かな弦の序奏から始まり、主要主題である旋律が、ホルンの美しい調べによって歌われる。 美しくもどこか悲しい主題と副主題、2つの主題が反復された後、中間部では、クラリネットが哀愁を帯びた旋律を奏で、「運命の動機」は、中間部のクライマックスと、主部が復帰してコーダに入る直前に激しく出て、やがて静かに終わる。

Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2008/05、Update:2021/02)

 ▶︎試聴するチャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調 Op.48 第1楽章

チャイコフスキー Serenade for Strings In C 1. Pezzo In Forma Di Sonatina

Tchaikovsky(1840〜1893)

ロシア

1880年に作曲した弦楽オーケストラのための作品。チャイコフスキーの代表作の一つ。モーツァルトへの敬愛から書いたもの。ドラマチックな冒頭部分が印象的で、TVやCMなどで使われたため多くの人の耳になじみがあると思う。

Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 弦楽 チェンバーオーケストラ 荘厳 躍動 軽快 重厚 華麗 (Release:2005/02、Update:2022/02)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第9番 第4楽章 合唱付

ベートーヴェン Symphony No.9-4 in D minor, Op.125, Choral

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

O Freunde、 nicht diese Tone!Sondern laBt uns angenehmere anstimmen und freudenvollere. おお友よ、このような音ではない!我々はもっと心地よいもっと歓喜に満ち溢れる歌を歌おうではないか… 日本では、年末になると各地で第九のコンサートが開かれ、単に演奏を聴くだけではなく、合唱に参加型のコンサートも増えている。日本で年末に『第九』が頻繁に演奏されるのは、戦後オーケストラの収入が少なく、楽団員の年末年始の生活状況を改善するため、「必ず客が入る曲目」であった『第九』を日本交響楽団(今のN響)が年末に演奏するようになり、それが定着したと言われている。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 力強い 荘厳 躍動 年末年始 (Release:2006/12、Update:2024/01)

 ▶︎試聴するブラームス:交響曲第1番 第1楽章 Un poco sostenuto - Allegro

ブラームス Symphony No.1-1 Op.68

Brahms(1833〜1897)

ドイツ

ブラームスの交響曲第1番の第1楽章は、力強く荘厳な序奏から始まります。ホルンによる堂々とした旋律が印象的で、その後、木管楽器や弦楽器による美しい旋律が続きます。楽章全体を通して、情熱的で劇的な展開が広がり、荘重なクライマックスに至ります。ブラームスの特徴である豊かな旋律と堂々たるオーケストレーションが際立つ、壮大で感動的な楽章です。 1876年から1877年にかけて作曲され、初演は1876年11月4日にカラヤンの指揮で行われました。 小澤征爾指揮のサイトウ・キネン・オーケストラによるブラームスの交響曲第1番は、名演として知られています。

Brahms Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2006/11、Update:2006/11)

 ▶︎試聴するムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より リモージュの市場

ムソルグスキー Limoges, le marche from Pictures at an Exhibition.

Mussorgsky(1839〜1881)

ロシア

フランス南西部にある古い都市リモージュの市場で、フランスの女性たちが激しく言い争う様子を描いた絵の印象。スフォルツァンドの繰り返しが、市場の活気ある喧騒を伝えている。

Mussorgsky Russia 国民楽派 組曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2005/07、Update:2021/06)

 ▶︎試聴するスメタナ:交響詩「わが祖国」よりモルダウ Marche

スメタナ Die Moldau from Ma Vlast

Smetana(1824〜1884)

チェコ共和国

6つの交響詩から成る連作交響詩の第2曲。 言語では、「ヴルタヴァ(Vltava)」、モルダウはドイツ語。一連の交響詩群の中で最も知られた作品であり、単独で演奏される事も多い。源流近くからプラハを流れ、エルベ川へ合流するまでの様子が描かれている。 毎年行なわれるプラハの春音楽祭のオープニング曲として演奏されることが恒例になっている。

Smetana Czech Republic 国民楽派 交響詩 シンフォニックオーケストラ 牧歌的 荘厳 ゆったり 厳粛 落ち着き (Release:2008/03、Update:2020/04)

 ▶︎試聴するバーバー:弦楽のためのアダージオ

バーバー Adagio for Strings Op.11

Barber(1910〜1981)

アメリカ

バーバーのアダージョ(ないしバーバーのアダージオ)とも呼ばれる。アダージョは、楽曲に付けられた速度記号(ゆるやかに)である。この曲が有名になったのはジョン・F・ケネディの葬儀で使用されてからである。その後、映画やテレビドラマで使われることも多く、映画では「プラトーン」「エレファント・マン」、ドラマでは「冬のソナタ」「蘇える金狼」「のだめカンタービレ」、また、アメリカ同時多発テロから一年後に行われたニューヨーク世界貿易センタービル跡地での慰霊祭などでも使用された。

Barber USA 近代音楽 弦楽 チェンバーオーケストラ 神秘的 素朴 不安 繊細 静寂 (Release:2009/05、Update:2020/05)

 ▶︎試聴するプッチーニ:オペラ・トゥーランドットより 「誰も寝てはならぬ」

プッチーニ Nessun Dorma From the opera "Turandot"

Puccini(1858〜1924)

イタリア

歌劇『トゥーランドット』(伊:Turandot)のアリア。テノールのための名アリアとして有名。世界的には歌い始めの歌詞から『Nessun dorma』の題で親しまれている。日本でも「Nessun dorma」の和訳である『誰も寝てはならぬ』が通称となっている。フィギュアスケートの演技によく使用され、日本ではトリノオリンピックの演技で荒川静香が金メダルを獲得したことによりこの曲の人気が高くなった。

Puccini Italy ロマン派音楽 歌曲 シンフォニックオーケストラ 入学式 祝典 結婚式 (Release:2006/03、Update:2020/08)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ホルン協奏曲 第1番 第2楽章 Rondo

モーツァルト Horn Concerto No.1-2 K.412

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

このRondoは、3つの主要なテーマで構成されている。最初の主題は明るく陽気で、美しい旋律が特徴。この主題は繰り返し現れ、その間にホルンの技巧や表現力が発揮される。2番目の主題は、より柔らかな性格を持ち、ホルンの音色が幻想的に響く。3番目の主題は、活気に満ち、リズミカルな要素が強調され迫力がある。 各主題がホルンとオーケストラが対話するよう繰り返し現れる。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ (Release:1999/05、Update:2023/06)

 ▶︎試聴するラヴェル(ラベル):亡き王女のためのパヴァーヌ

ラヴェル(ラベル) Pavane pour une infante defunte

Ravel(1875〜1937)

フランス

1899年に作曲したピアノ曲を1910年に管弦楽曲に編曲。 弦楽器のピッチカートに乗り、ホルンのソロで始まるこの曲は優雅でラヴェルらしい繊細さを持つ美しい小品。 ラヴェルが晩年、自動車事故により記憶障害が発症してしまった際、この曲を聴いて「この曲はとてもすばらしい、誰が書いた曲だろう。」と言ったという逸話もある。

Ravel France 印象派音楽 管弦楽 シンフォニックオーケストラ せつない 甘美 祈り 卒業式 (Release:2003/06、Update:2023/04)

 ▶︎試聴するエルガー:行進曲「威風堂々」 March

エルガー Pomp and Circumstance March No.1 Op.39

Elger(1857〜1934)

イギリス

『威風堂々』の原題「Pomp and Circumstance」とは、シェイクスピアの戯曲「オセロ」第3幕第3場のセリフから取られたタイトル。中間部の旋律は特に有名であり、日本では単に『威風堂々』と言った場合は第1番あるいはその中間部の旋律を指すことが多い。イギリスでは、この中間部の旋律は『Land of Hope and Glory(希望と栄光の国)』と題され、第2の国歌として愛唱されている。

Elger United Kingdom ロマン派音楽 行進曲 シンフォニックオーケストラ 堂々 荘厳 雄大 入学式 卒業式 (Release:1994/12、Update:2020/09)

 ▶︎試聴するショパン:幻想即興曲

ショパン Fantaisie-Impromptu Op.66

Chopin(1810〜1849)

ポーランド

ショパンの4曲の即興曲のうち最初に作曲された曲。ショパンの死後1855年、友人のユリアン・フォンタナの手により『幻想即興曲』(Fantaisie-Impromptu)と題して出版された。映画やドラマ、アニメ、さらにはゲームでもよく使われ、フィギュアスケートでは、荒川静香、浅田真央、中野友加里らがプログラムで使用した。

Chopin Poland ロマン派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 (Release:2007/04、Update:2020/12)

 ▶︎試聴するショスタコーヴィチ:交響曲第5番 革命 第4楽章

ショスタコーヴィチ Symphony No5 Movt.4 Allegro non troppo

Shostakovich(1906〜1975)

ソヴィエト

ソビエト連邦時代の1937年に作曲され、革命20周年に初演された。 「革命」という題名は、ベートーヴェンの「運命」と同様、正式な標題ではない。 この楽章は、テンポの解釈などに演奏上の問題となるところが多く諸説入り交じり、 真相の究明については、自筆譜の研究が進むことを待たざるを得ないのが現状。

Shostakovich Soviet 近代音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 重厚 躍動 (Release:2010/11、Update:2021/03)

 ▶︎試聴するモーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622 第1楽章

モーツァルト Clarinet Concerto A Major K.622 1st. movement Allegro

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

モーツァルトの協奏曲最期の作品で、クラリネットのための唯一の協奏曲。 1楽章は12分以上あり、359小節に及ぶ長大なもの。オーケストラによる主題提示から始まり、存分に歌い上げられる。カデンツァは置かれてなく、第2主題の提示は省かれている。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 クラリネットとオーケストラ 楽しい 甘美 かわいい やさしい (Release:2005/09、Update:2021/04)

 ▶︎試聴するモーツァルト:魔笛より『夜の女王のアリア』 復讐の炎は地獄のように我が心に燃え

モーツァルト Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen The Magic Flute - Queen of the Night Aria

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

『魔笛』の登場人物「夜の女王」が、第2幕で歌う2番目のアリア、『魔笛』でもっとも有名。 夜の女王が娘パミーナにナイフを渡して、宿敵ザラストロを殺害するように命じる場面で歌われる。「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」復讐心の苛烈さを歌ったものである。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 オペラ 歌とオーケストラ 力強い 激しい 不安 情熱 (Release:2011/07、Update:2022/05)

 ▶︎試聴するボロディン:歌劇イーゴリ公より 「ダッタン人の踊り」

ボロディン Polovtsian Dances From PRINCE IGOR

Borodin(1833〜1887)

ロシア

オペラ『イーゴリ公』の第2幕の曲(韃靼人の踊り)。この曲は独立で演奏される事も多い。オペラでは合唱を伴うが、演奏会では合唱のパートを省略することもある。序曲や「ポロヴェツ人の行進」などと併せて『イーゴリ公組曲』とすることもある。JR東海の「うまし うるわし奈良」で使用されている。 【構成】 1.序奏: Andantino 4/4、イ長調、2.娘達の踊り: Andantino 4/4 イ長調、3.男達の踊り: Allegro vivo 4/4 ヘ長調、4.全員の踊り: Allegro 3/4 ニ長調、5.少年達の踊りと、男達の踊り: Presto 6/8 ニ短調、6.娘達の踊りと少年達の踊り Moderato alla breve 2/2、7.少年達の踊りと男達の踊り: Presto 6/8 ニ短調、8.全員の踊り: Allegro con spirito 4/4 イ長調

Borodin Russia 国民楽派 舞曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 軽快 優雅 (Release:2005/02、Update:2022/11)

 ▶︎試聴するサン=サーンス:「バッカナール」サムソンとデリラ

サン=サーンス Bacchanale - Samson et Dalila

Saint-Saens(1835〜1921)

フランス

バレエ音楽「バッカナール」サムソンとデリラは、現在でも上演されることの多いサン・サーンスを代表するオペラのひとつ。オリエンタルでエキゾチックな旋律が大きな特徴で、これを中心にたたみ掛けるように音楽が進行していく。 この曲は、フィギュアスケートの浅田真央選手や安藤美姫選手など、多くの選手がプログラム曲として使っている。

Saint-Saens France ロマン派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ (Release:2011/10、Update:2021/04)

 ▶︎試聴するバッハ:主よ、人の望みの喜びよ 教会カンタータ

バッハ Herz und Mund und Tat und Leben BWV147

JS.Bach(1685〜1750)

ドイツ

1723年に作曲したとされる全10曲からなる教会カンタータの6番目と10番目に登場し、『主よ、人の望みの喜びよ』の題で広く親しまれているコラール「イエスこそわが喜び」。『主イエス・キリストこそわたしの喜び。私はこの方をだきしめる。主は、病と悲しみの中にある時に、私にいのちをくださる。イエス・キリストは私を愛し、ご自身のいのちを与えて下さった。どんな時もイエス・キリストから離れることは無い。』

JS.Bach Germany バロック音楽 管弦楽 チェンバーオーケストラ 気品 xmas クリスマス 卒業式 結婚式 (Release:2004/12、Update:2020/08)

 ▶︎試聴するヴィヴァルディ:合奏協奏曲集「四季」より「冬」 I. Allegro non molto

ヴィヴァルディ Violin Concerto No.4 Winter RV.297

Vivaldi(1678〜1741)

イタリア

冷たい雪にガタガタふるえ激しい風の吹く中を ひっきりなしに足ぶみしながら駆けている。あんまり寒くて歯の根が合わずカタカタ鳴る... 速いテンポで始まり、シャープな音符とリズムが雪や寒さをイメージさせます。

Vivaldi Italy バロック音楽 協奏曲 バイオリンとオーケストラ (Release:2006/03、Update:2022/11)

 ▶︎試聴するムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より キエフの大門

ムソルグスキー La Grande Porte de Kiev from Pictures at an Exhibition.

Mussorgsky(1839〜1881)

ロシア

「展覧会の絵」の終曲。ラヴェルの管弦楽編曲版。いまの「ウクライナ」当時は「キエフ公国」の首都にあった「黄金の門」が浮かんでくる。ナニコレ珍百景のBGMで後半のフレーズがリピートされて使われている。

Mussorgsky Russia 国民楽派 組曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 雄大 重厚 躍動 (Release:2005/07、Update:2021/06)

 ▶︎試聴するホルスト:組曲「惑星」より「火星」 戦争(戦い)をもたらす者

ホルスト Mars, the Bringer of War. from The Planets, Op.32

Holst(1874〜1934)

イギリス

「火星」は、戦争の恐怖と緊張感を表現することを意図して作曲された。この楽章は非常に重厚で力強く、軍隊の行進のようなリズムや緊迫した和音が特徴。ホルストは第一次世界大戦が勃発した時期にこの楽章を作曲し、当時の社会的な不安や不穏な雰囲気を音楽を通じて表現した。 「火星」は、宇宙の神秘的な側面と共に、戦争と破壊のテーマを探求する魅力的な作品として、ホルストの最も有名な楽曲の一つとなっている。その力強い音楽は、聴衆に深い感情と考えを呼び起こすことができる、印象的な作品である。

Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 不気味 (Release:2004/09、Update:2022/07)

 ▶︎試聴するホルスト:組曲「惑星」より「木星」 ジュピター、快楽をもたらすもの

ホルスト Jupiter, the Bringer of Jollity from The Planets, Op.32

Holst(1874〜1934)

イギリス

第4曲「木星」。組曲中、最もよく知られている曲。 特に中間部「Andante maestoso」のメロディーが非常に有名。様々なシーンで使用され、ダイアナ元皇太子妃の葬儀に教会オルガンアレンジでで演奏されり、平原綾香がデビュー曲で、吉元由美により歌詞が付けられたものを『Jupiter』としてリリースした曲が流行った事があった。また、組曲として、冨田勲の「惑星」は当時のアナログシンセサイザーの多重録音で仕上げた物であり、世界的に評価された。

Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 躍動 軽快 落ち着き (Release:2003/07、Update:2022/06)

 ▶︎試聴するウェーバー:歌劇「魔弾の射手」より 序曲 J.277

ウェーバー Overture From Der Freischutz

Weber(1786〜1826)

ドイツ

「魔弾の射手」とは、意のままに命中する弾を所持する射撃手。伝説では7発中6発は射手の望むところに必ず命中するが、残りの1発は悪魔の望む箇所へ命中するとされる。この序曲は特に有名であり、その冒頭部分のホルン四重奏のメロディーは賛美歌『主よ御手もて引かせ給え』としても知られている。

Weber Germany ロマン派音楽 歌劇 シンフォニックオーケストラ (Release:2020/12、Update:2020/12)

 ▶︎試聴するムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より 卵の殻をつけた雛の踊り

ムソルグスキー Ballet des poussins dans leurs coques from Pictures at an Exhibition.

Mussorgsky(1839〜1881)

ロシア

木管楽器の掛け合いのメロディーは、ひよこのさえずりなのか、はたまた“ピヨピヨ”と走り回る情景なのか? ピアノ曲とオーケストラ版ではイメージが違うのが面白い。

Mussorgsky Russia 国民楽派 組曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2005/07、Update:2021/05)

 ▶︎試聴するブラームス:ハンガリア舞曲 第5番 ト短調

ブラームス Hungarian Dance No5 g moll

Brahms(1833〜1897)

ドイツ

ブラームスのハンガリー舞曲は、ジプシー音楽の特徴が取り入れられており、ハンガリー民謡の「チャルダッシュ」的なリズムの緩急や変化が織り込まれている。この第5番は、流麗さと歯切れ良 さを併せもった、同曲集の代名詞ともいえる1曲。

Brahms Germany ロマン派音楽 舞曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2005/02、Update:2020/11)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ホルン協奏曲 第3番 第1楽章 Allegro

モーツァルト Horn Concerto No.3-1 K.447

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

この楽章は、技術的な難易度も高く、ホルン奏者にとっては非常に要求の高いパートである。優雅な旋律がホルンの響きで情感豊かに表現され、オーケストラとの対話が始まりメロディやリズムを交互に奏でる構造が特徴。美しい旋律と技巧的な要素が見事に組み合わさった作品であり、ホルンの魅力を引き出す素晴らしい楽章となっている。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ (Release:2005/04、Update:2023/07)

 ▶︎試聴するブラームス:大学祝典序曲 ハ短調(ハ長調) Op.80

ブラームス Academic Festival Introduction (Akademische Festouvertüre)

Brahms(1833〜1897)

ドイツ

学生歌から適切な旋律を選択し、洗練された対位法や主題労作の技法、緻密に構成された音色を用いて、創意ある洗練された構成と音楽技法的に評価されるこの曲は、ブラームスが得意な毒舌やブラック・ユーモアで、「学生の酔いどれ歌のひどくがさつなメドレー」を作って『大学祝典序曲』と名づけたと語った。

Brahms Germany ロマン派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 躍動 力強い 卒業式 入学式 (Release:2010/10、Update:2022/03)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第7番 第2楽章 不滅のアレグレット

ベートーヴェン Symphony No.7-2 Immortal Allegretto

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

初演時に聴衆から特に支持された楽章。「不滅のアレグレット」と呼ばれている。アレグレットは、「少し速く」と言う速度記号であるが、ベートーヴェンは、ゆっくり、しかし普通のアンダンテやアダージョよりは速くしてほしい、という意味で、この設定にしたと言われている。この楽章は非常に美しいメロディと重厚な管弦楽の響きが特徴です。主題はしばしば独特なリズムと躍動感に満ちており、静かな部分と情熱的な部分が交互に現れます。全体的に穏やかな雰囲気を持ちつつも、力強く感情豊かな音楽で聴衆を引き込むような魅力があります。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 神秘的 ゆったり 厳粛 落ち着き (Release:2004/09、Update:2023/12)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ホルン協奏曲 第3番 第2楽章 Romanze Larghetto

モーツァルト Horn Concerto No.3-2 K.447

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

ホルン奏者に美しい旋律と感情豊かな演奏を要求する楽章。ホルンとオーケストラの絶妙な対話と、ホルン独自の響きを生かした装飾的な演奏技巧が光る。ロマンツァ・ラルゲットは、叙情的な旋律と技巧的な演奏が融合した優れた作品であり、ホルン奏者やクラシック音楽愛好家にとって重要な作品である。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ ほのぼの 明るい やさしい 優雅 美しい (Release:2009/03、Update:2023/07)

 ▶︎試聴するバッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番 第1楽章

バッハ Brandenburg Concerto No.3 BWV.1048 I. Allegro

JS.Bach(1685〜1750)

ドイツ

この第1楽章は、活気に満ちたアレグロ(速いテンポ)で構成されています。この楽章は、オーケストラとソロ楽器との対話が特徴的で、バッハの音楽的な巧妙さが際立っています。ソロ楽器群(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)が鮮やかなテクニックで演奏し、独自の旋律を提示します。音楽は陽気で明るく、活力に満ちており、バッハの対位法的な技巧も見事に示されています。第1楽章は、ブランデンブルク協奏曲全体の素晴らしい始まりとなっており、聴衆に楽しい音楽体験を提供します。

JS.Bach Germany バロック音楽 協奏曲 チェンバーオーケストラ (Release:2005/06、Update:2023/10)

 ▶︎試聴するワーグナー:楽劇 ワルキューレの騎行 (第三幕の前奏曲)

ワーグナー Ride of the Valkyries

Wagner(1813〜1883)

ドイツ

楽劇 「ニーベルングの指輪」の第一夜 楽劇「ワルキューレ」の第三幕の前奏曲。 「ワルキューレ」とは、北欧神話に登場する「戦死者を選ぶ者」という意味(戦乙女、戦女神など)を持つ。 フランシス・コッポラ監督による映画「地獄の黙示録」でアメリカ軍のヘリコプター部隊が兵士の士気を高め、住民の恐怖心を煽るために、ヘリコプターに積んだスピーカーから大音量で流される場面は有名。

Wagner Germany ロマン派音楽 歌劇 シンフォニックオーケストラ 力強い 幻想的 荘厳 重厚 雄大 (Release:2005/01、Update:2020/05)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ホルン協奏曲 第1番 第1楽章 Allegro ニ長調

モーツァルト Horn Concerto No.1-1 K.412

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

モーツァルトは、ホルンの曲を複数残しているが、この1番から4番の協奏曲は、友人のホルン奏者の「ロイトゲープ」(ヨーゼフ・ライトゲープ)のために作曲されたとされている。 作曲された順番も第2番、第4番、第3番、第1番の順で、演奏技術的に易しくなって行く傾向にある。第1番では、曲全体の調性が他の曲より半音下げてニ長調となっていて、高音はB4止まり。これはロイトゲープの加齢による技量の衰えをモーツァルトが配慮したものであろうという説がある。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ ほのぼの 優雅 気品 入学式 卒業式 (Release:1999/05、Update:2023/05)

 ▶︎試聴するエリック・サティ:ジュ・トゥ・ヴー ヴァイオリンとピアノ

エリック・サティ Je te veux Violin and piano

Erik Satie(1866〜1925)

フランス

メロディーをヴァイオリンの音色で演奏しています。 「ジュ・トゥ・ヴー」は、英語では「I Want You」、日本語では「あなたが欲しい」のタイトルで紹介されていることもある。 3拍子のワルツの曲。サティの曲では、ジムノペディと共に人気のある曲で、もともとは、シャンソン歌手ポーレット・ダルティのために書かれたと言われている。 スタンリー・キューブリックが監督をした「シャイニング」という映画でも使用されていた。

Erik Satie France ロマン派音楽 ワルツ バイオリンとピアノ ほのぼの かわいい (Release:2013/07、Update:2023/10)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第5番「運命」 第1楽章

ベートーヴェン Symphony No.5 mv.1 Allegro con brio

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

この楽章は荘厳な序奏から始まります。運命を象徴する有名な「ダ・ダ・ダ・ダーン」という四音符のモチーフが登場します。このモチーフは楽章全体を通じて繰り返し現れ、強い印象を残します。 その後、力強い情熱的な主題が提示され、強い印象を与えます。続いて、静かで神秘的な雰囲気の中で第二主題が現れます。これは穏やかな響きを持ち、前の主題との対比を生み出します。展開部では、主題がさまざまな形で現れ、盛り上がりを見せます。 最後に、力強いコーダによって主題が力強く再び提示され、壮大なフィナーレを迎えます。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 情熱 (Release:2004/12、Update:2024/03)

 ▶︎試聴するプロコフィエフ:ピーターと狼(全曲) 子供のための交響的物語

プロコフィエフ Peter and Wolf Symphonic Tale for Children

Prokofiev(1891〜1953)

ロシア

この曲は1936年プロコフィエフ自身が書いた物語用に作曲され、その年の5月にモスコーの少年劇場で初演された。 子供たちにオーケストラの楽器を楽しく理解させ親しんでもらえるように登場する人物や動物たちを楽器で表した。 ピーターは弦楽器、小鳥はフルート、アヒルはオーボエ、猫はクラリネット、狩人と鉄砲の音はティンパニとグランカッサで表現されている。 (YouTubeに物語テキスト付きの簡易スコア動画をアップしてあります)

Prokofiev Russia ロマン派音楽 交響的物語 シンフォニックオーケストラ (Release:2021/10、Update:2021/10)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第7番 第1楽章 Poco sostenuto-Vivace

ベートーヴェン Symphony No.7-1 Op.92

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

明るく軽快な曲想から広く支持され、現在でも演奏される機会が多い。付点音符によるシチリアーノの軽快なリズムが主題部展開部再現部すべてを支配している。テレビや映画でもよく使用され、「のだめカンタービレ」 オープニング、エンディングや、アサヒビール「ザ・マスター」をはじめとするCM曲などでよく聴く。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 軽快 (Release:2004/09、Update:2020/11)

 ▶︎試聴するプロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」第2組曲より モンタギュー家とキャピュレット家

プロコフィエフ Romeo and Juliet Op.64tar Montagues and Capulets

Prokofiev(1891〜1953)

ロシア

組曲第2番の1番目の曲。1937年4月15日、レニングラードで作曲者の指揮により初演され、現在でもこの第2番が一番多くコンサートで演奏される。ソフトバンクのCMなどで使われた。

Prokofiev Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2007/12、Update:2021/01)

 ▶︎試聴するムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より サムエル・ゴールデンベルクとシュムイレ

ムソルグスキー Samuel Goldenberg und Schmuyle from Pictures at an Exhibition

Mussorgsky(1839〜1881)

ロシア

3/4 - 4/4 変ロ短調 タイトルは、ムソルグスキーの元の原稿で使用されている個人名を説明しています。「2人のポーランド系ユダヤ人、金持ちと貧乏人(Samuel GoldenbergとSchmuyle)」この名前は、2つの別々の現存する肖像画に基づいていると考えられています。

Mussorgsky Russia 国民楽派 組曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2005/07、Update:2021/05)

 ▶︎試聴するラヴェル(ラベル):ボレロ ハ長調

ラヴェル(ラベル) Bolero Tempo di Bolero moderato assai

Ravel(1875〜1937)

フランス

ボレロは一本のテーマを繰り返し演奏することで構成されています。そのテーマは、全曲を通じて約15回繰り返されますが、各回で編曲や楽器の組み合わせが変わるため、聴き手に新しい印象を与え続けます。 音量の増加: 演奏が進むにつれて、音量が徐々に増していくのもボレロの特徴です。静かなピアニッシモ(非常に小さな音)から始まり、曲の終わりにはフォルテッシモ(非常に大きな音)でクライマックスを迎えます。 巧みなオーケストレーションの技術が遺憾なく発揮されています。各楽器セクションが順番にテーマを演奏し、最終的には全楽器が一斉にテーマを奏でることで壮大なフィナーレを迎えます。 当初はバレエ音楽として考案されましたが、そのシンプルかつ魅惑的なリズムとメロディーが多くの聴衆に愛され、コンサートホールでも人気の曲となりました。

Ravel France 印象派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ 雄大 重厚 情熱 甘美 (Release:2004/10、Update:2024/05)

 ▶︎試聴するホルスト:組曲「惑星」より「水星 翼のある使者

ホルスト Mercury, the Winged Messenger from The Planets, Op.32

Holst(1874〜1934)

イギリス

第3曲「水星」。ホルストは、この曲を「心の象徴」と述べている。フルスコアを書いたのはこの曲のみで、曲の調がホ長調と変ロ長調の復調が用いられていて、楽器の持ち変えや交代が多く、演奏者には技術が要求され、腕の見せ所である。

Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2005/01、Update:2022/07)

 ▶︎試聴するサン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 (ヴァイオリン コンチェルト)

サン=サーンス Introduction and Rondo Capriccioso op.28

Saint-Saens(1835〜1921)

フランス

1863年に作曲され、当時の人気ヴァイオリニストであったサラサーテに献呈された曲。ソロと伴奏の役割がはっきりしており、ソロは常に伴奏の上に浮き立つようになっている。全日本フィギュア選手権2021で、フィギュアスケートの羽生結弦選手がショートプログラムで使用した曲としても有名。

Saint-Saens France ロマン派音楽 協奏曲 バイオリンとオーケストラ (Release:2005/06、Update:2022/02)

 ▶︎試聴するモーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲 (ドン・ジョバンニ)

モーツァルト Don Giovanni Overture K.527

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

1787年に初演。序曲はわずか一晩で書かれたが、円熟した曲に仕上がっており、よく演奏会で独立して演奏される。騎士長の亡霊の場面の序奏と軽快なアレグロからなるソナタ形式。なお、この序曲ははっきりしたコーダを持たず、そのままオペラの導入曲につながるので、モーツァルト自身が、演奏会用の華々しいコーダを別に作曲している。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ (Release:1994/08、Update:2021/01)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第7番 第4楽章 Allegro con brio

ベートーヴェン Symphony No.7-4 Op.92

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

熱狂的なフィナーレ。古典音楽では普通4/4拍子の1拍めと3拍めに強拍画来るが、アウフタクトである2拍目、4拍目にアクセントが置かれ、現代のポップスのリズムに通ずるものがあり、ベートーヴェンの交響曲中でも、最もリズミカルな曲である。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2004/08、Update:2020/11)

 ▶︎試聴するムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より 鶏の足の上に建つ小屋 - バーバ・ヤガー

ムソルグスキー La Cabane sur des pattes de poule from Pictures at an Exhibition.

Mussorgsky(1839〜1881)

ロシア

2/4 - 4/4, 2/4 - 2/4 イ短調 (Baba Yagà) この曲のインスピレーションを得たと考えられているガルトマンのスケッチでは、にわとりの足の上に妖婆の小屋の形をした時計が描かれている。ムソルグスキーは、そこに臼の上に乗って進む「バーバ・ヤガー」を付け加えた。

Mussorgsky Russia 国民楽派 組曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2005/07、Update:2021/06)

 ▶︎試聴するパッヘルベル:カノン ニ長調

パッヘルベル Canon in D

Pachelbel(1653〜1706)

ドイツ

この楽曲は、3つのバイオリンと通奏低音のために書かれたカノン形式の楽曲であり、カノンという同じメロディを繰り返し奏でる重要な特徴を持っている。この美しいメロディと複雑な対位法の技巧が、長い間多くの人々に愛され、さまざまな編曲やアレンジがされ、卒業式などのイベントでも多用される曲。特に、ウェディングやフォーマルなイベントでよく使用されるクラシック音楽の代表的な一曲として知られている。

Pachelbel Germany バロック音楽 室内楽 チェンバーオーケストラ xmas クリスマス 入学式 卒業式 祝典 (Release:2005/05、Update:2023/08)

 ▶︎試聴するムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」

ムソルグスキー Night on the Bare Mountain

Mussorgsky(1839〜1881)

ロシア

深夜になると闇の精霊たちが禿山に集い大宴会を開いて大騒ぎするが、やがて夜明けを告げる村の鐘の音で精霊たちは去り、禿山はいつもと変わらぬ静かな朝を迎えるというもの。この曲はディズニーが1940年に作ったアニメーション映画『ファンタジア』にも取り上げられているリムスキー=コルサコフが1886年に発表した改訂版。

Mussorgsky Russia 国民楽派 交響詩 シンフォニックオーケストラ 不安 不気味 (Release:1994/07、Update:2019/02)

 ▶︎試聴するグレン ミラー:真珠の首飾り

グレン ミラー A String of Pearls

Glenn Miller(1904〜1944)

アメリカ

貧乏だったミラーは恋人のへレンに、初めての贈りものとして、イミテーションの80ドルで買った「真珠の首飾り」を贈ります。やがて彼の音楽が成功しミラーは結婚記念日に、本物の「真珠の首飾り」とこの曲を、苦労をかけたヘレン夫人にプレゼントします。この曲は「真珠の首飾り」と名付けられた。 (以前アップしたSC-8850ヴァージョンとは別に、今回はEastWestのSymphonic Orchestraで、SAXクァルテットの代わりにStringクァルテットでやってみました。)

Glenn Miller USA その他・現在 ジャズ ポップスオーケストラ (Release:2021/01、Update:2021/01)

 ▶︎試聴するホルスト:組曲「惑星」より「天王星」 魔術の神

ホルスト Uranus, the Magician from The Planets

Holst(1874〜1934)

イギリス

第6曲「天王星」。デュカスの『魔法使いの弟子』に影響を受けたといわれている。G、 Es、 A、 Hの4音が様々な形で執拗なまでに取り入れられているのは、ホルストの名前(「G」u「s」t「a」v 「H」olst)を表していると言われている。

Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ ほのぼの やさしい 気品 癒し (Release:2005/02、Update:2022/05)

 ▶︎試聴するロッシーニ:セビリアの理髪師 序曲

ロッシーニ Barbiere di Siviglia Overture

Rossini(1792〜1868)

イタリア

カロン・ド・ボーマルシェ(フランスの劇作家)の書いた風刺的な戯曲を題材に作曲された2幕のオペラの序曲。この序曲は単独で演奏されることも多い。元々はオペラ『パルミーラのアウレリアーノ』(1813年作曲)の序曲として書かれたものである。喜劇『フィガロの結婚』、正劇『罪の母』とともに3部作と言われている。

Rossini Italy 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2011/06、Update:2020/09)

 ▶︎試聴するヘンデル:オンブラ・マイ・フ ラルゴ

ヘンデル Ombra mai fu Largo

Handel(1685〜1759)

ドイツ

このアリアはオペラ「セルセ」の冒頭で歌われるもので、ペルシアの王「セルセ」がプラタノの木陰に向かって歌う場面で知られています。歌詞は木陰の美しさと涼しさを讃えるもので、セルセの愛情を表現するために使用されます。バロック音楽の名作の一つとして高く評価されており「ヘンデルのラルゴ」とも呼ばれ、「なつかしい木陰」とも訳されます。その美しい旋律と優雅なメロディは多くの人々に愛され、しばしば単独で演奏されることもあります。

Handel Germany バロック音楽 室内楽 チェンバーオーケストラ 素朴 穏やか 癒し 落ち着き 祈り (Release:2005/08、Update:2023/10)

 ▶︎試聴するブラームス:ホルントリオ 第2楽章 スケルツォ アレグロ

ブラームス Trio for Horn, Violin and Piano 2. Scherzo Allegro

Brahms(1833〜1897)

ドイツ

変ホ長調、4分の3拍子。 軽快なスケルツォで、楽しげなアンサンブルを聴かせる哀愁漂うトリオ。 ピアニストのアシュケナージは、この曲がお気に入りだったようで、いろいろなホルン奏者を招いて何度も録音している。

Brahms Germany ロマン派音楽 室内楽 三重奏曲(トリオ) (Release:2008/06、Update:2022/09)

 ▶︎試聴するドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」第1楽章 Adagio-Allegro molto op95

ドヴォルザーク Symphony No.9-1 From the New World

Dvorak(1841〜1904)

チェコ共和国

1893年に作曲された曲で、ドヴォルザークが、アメリカのナショナル音楽院の院長時代を代表する作品。最初は第5番と呼ばれていたが、その後作曲順に番号が整理され、現在では第9番で定着している。親しみやすいこの作品はクラシック音楽有数の人気曲となっている。

Dvorak Czech Republic ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2005/04、Update:2021/03)

 ▶︎試聴するモーツァルト:交響曲 第40番 第1楽章 ト短調 Molto Allegro

モーツァルト Symphony No.40-1 Molto Allegro g-minor K.550

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

この楽章はソナタ形式で、速いテンポでの導入部分から始まり、続いて主題が提示されます。その後、主題が展開され、さまざまな変奏が加えられます。最終的に、主題が再現され、楽章が締めくくられます。 情熱的で魅力的なメロディと複雑な対位法(声部同士の対立や対比)に富んでおり、モーツァルトの交響曲の中でも特に人気があります。その情熱的な性格と力強い音楽は、モーツァルトの作曲スタイルを象徴しています。 第40番の交響曲は、モーツァルトの最も印象的な作品の一つとして広く称賛され、クラシック音楽の愛好家によって高く評価されています。 この交響曲は、モーツァルトの楽曲の中で数少ない短調の曲の一つで、1788年に作曲したもので、彼の最晩年に書かれた交響曲の一つです。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 甘美 繊細 せつない (Release:1994/05、Update:2023/11)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ホルン協奏曲 第2番 第1楽章 Alleglo maestoso

モーツァルト Horn Concerto No.2-1 K.417

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

1783年に作曲されたホルン独奏と管弦楽のための作品。全体的に優雅で明るい雰囲気を持ち、ホルンの技巧と美しい旋律が特徴。ホルンの音域の広さや特殊な奏法(トリルや急速なスケールなど)が巧妙に組み込まれているが、技術的な難しさだけでなく、旋律の美しさと表現力も重要な要素である。楽章全体を通して、ホルンとオーケストラが対等なパートナーシップを形成し、互いに対話しながら音楽が進んでいき、高揚感に満ちた楽曲であり、ホルンの魅力を十分に味わえる。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ (Release:2009/03、Update:2023/06)

 ▶︎試聴するバッハ:管弦楽組曲第3番 G線上のアリア

バッハ Air on G-String Suite No.3 II. Air BWV1068

JS.Bach(1685〜1750)

ドイツ

G線上のアリアは、「管弦楽組曲第3番」のうち、「アリア」楽章に付けられた愛称、19世紀後半にアウグスト・ウィルヘルミが、ニ長調からハ長調に移調させた際、バイオリンのG線のみで演奏できることに気づいたことから付けられた。結婚式や卒業式、映像作品などのBGMとしてよく使われている。

JS.Bach Germany バロック音楽 室内楽 チェンバーオーケストラ 美しい xmas クリスマス 入学式 卒業式 (Release:2003/06、Update:2023/09)

 ▶︎試聴するヘンデル:ハレルヤ コーラス メサイアより

ヘンデル Hallelujah Chorus From The Messiah

Handel(1685〜1759)

ドイツ

「ハレルヤ」とは、ヘブライ語を由来とする言葉で「主をほめたたえよ」という意味。 『ハレルヤ!全能にして、私たちの主である神に、ハレルヤ! この世の国は、我らの主と、その子キリストのものとなった。 彼は世々限りなく治められる。ハレルヤ!王の中の王、主の中の主。 主は世々限りなく治められる。ハレルヤ!』 クリスマス・イブに演奏されることが多いが、とくにクリスマスと関係するわけではない。

Handel Germany バロック音楽 合唱曲 合唱とオーケストラ 明るい 楽しい xmas クリスマス (Release:2004/12、Update:2021/11)

 ▶︎試聴するシベリウス:フィンランディア 作品26

シベリウス Finlandia Op.26

Sibelius(1865〜1957)

フィンランド

フィンランドが帝政ロシアの圧政に苦しめられていた1900年当時、独立運動が起こっていた頃、フィンランドに対する熱い愛国心を込めて作曲された名曲。中間部に出てくる「フィンランディア讃歌」はフィンランドの「第2の国歌」として親しまれているメロディで、独立して唱が付け加えられ歌われることもある。フィンランドは、1917年にロシアからの独立を宣言した。 映画「ダイ・ハード2」のエンディングに、この曲が使用されている。

Sibelius Finland 国民楽派 交響詩 シンフォニックオーケストラ 堂々 力強い 情熱 (Release:2011/03、Update:2022/04)

 ▶︎試聴するヨハン・シュトラウス2世:ウィーンの森の物語 Op.325

ヨハン・シュトラウス2世 Tales from the Vienna Woods G’schichten aus dem Wienerwald

Johann Strauss II(1825〜1899)

オーストリア

1868年作曲のウィンナワルツ。オーストリアの民族楽器チター(ツィター/Zither)が使用されている。 チターは映画「第三の男」のテーマソングをアントーン・カラスが弾いた楽器としても知られている。

Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ワルツ シンフォニックオーケストラ のどか 華麗 優雅 NewYear (Release:2011/01、Update:2021/09)

 ▶︎試聴するベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」 第1楽章

ベートーヴェン Symphony No.3 Eroica Op.55 1st mov.

Beethoven(1770〜1827)

ドイツ

原題:伊: Sinfonia eroica、 composta per festeggiare il sovvenire d’un grand’uomo 英雄交響曲、「ある偉大なる人の思い出に捧ぐ」は、ベートーヴェンが作曲した3番目の交響曲である。1804年に完成された。「英雄」のほか、イタリア語の原題に由来する「エロイカ」の名で呼ばれることも多い。ベートーヴェンの最も重要な作品のひとつ。 第1楽章 Allegro con brio 変ホ長調 3/4拍子

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ (Release:2012/03、Update:2021/08)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ホルン協奏曲 第3番 第3楽章 Rondo Allegro

モーツァルト Horn Concerto No.3-3 K.447

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

ロンド形式。軽快で踊りのようなリズムが特徴で、ホルン独特の美しい音色を活かしながら、明るく楽しい雰囲気を醸し出している。 ホルンのソロが華麗に奏でられる部分や、オーケストラとの対話が楽しい部分が含まれており、モーツァルトの楽曲の中でも魅力的な協奏曲の一つ。この楽章は、聴衆に楽しさと陽気さを提供すると同時に、ホルンの技巧と表現力を堪能させてくれる素晴らしい音楽である。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ (Release:2009/03、Update:2023/08)

 ▶︎試聴するモーツァルト:ホルン協奏曲 第2番 第2楽章 Andante

モーツァルト Horn Concerto No.2-2 K.417

Mozart (W.A.)(1756〜1791)

オーストリア

第2楽章は穏やかで優雅なアンダンテ、ホルン奏者を特に輝かせる美しい作品。 ホルンが豊かな旋律を奏でる中、オーケストラが繊細な伴奏を奏でる。この楽章は、ホルンの柔らかな音色と技巧を楽しむための余韻に浸るような、静かで感情的な雰囲気を持っている。ホルン奏者の技巧と表現力が求められる一方、メロディが美しく流れるため、聴衆にとっても心地よい響きを提供する。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ (Release:2009/03、Update:2023/06)

 ▶︎試聴するデュカス:交響詩「魔法使いの弟子」

デュカス L’Apprenti Sorcier Scherzo

Dukas(1865〜1935)

フランス

老いた魔法使いが若い見習いに雑用を言い残し、自分の工房を旅立つところから物語が始まる。 ディズニーのアニメ映画「ファンタジア」に転用され、ミッキーマウスが「魔法使いの弟子」役を演技したことにより、いっそう有名になった。

Dukas France ロマン派音楽 交響詩 シンフォニックオーケストラ 躍動 にぎやか 楽しい 気まぐれ かわいい (Release:2005/09、Update:2019/10)

close

楽曲検索

Loading…