Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM。
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラです。

人気のクラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 77人の作曲家の521曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくはこちらをクリック「ダウンロード販売について」

New songs and updates help
  • 楽曲のタイトルや説明文をクリックするとプレーヤーが出現します。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りから削除されます。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
    一度表示すればページを遷移させることなく曲の演奏を素早く開始することができます。
検索楽曲検索を開く

おすすめの新着と更新39/521)

PlayKreisler:Liebesfreud

クライスラー 愛の喜び

クライスラー(1875〜1962)

オーストリア

クライスラーの代名詞的に広く知られるヴァイオリンとピアノのための小作品。 単純かつ親しみやすい6度・3度の重音奏法の主和音で勢いよくはじまる、中間部はヘ長調の穏やかなメロディーと響きで愛がもたらす喜びや快活な気分を親しみやすい旋律で明朗に描いている。 「愛の悲しみ」と対で演奏会で取り上げられることが多い曲。

絞込みタグ:Kreisler Austria ロマン派音楽 室内楽 バイオリンとピアノ 明るい ロマンチック 入学式 結婚式

PlaySibelius:Finlandia

シベリウス フィンランディア 作品26

シベリウス(1865〜1957)

フィンランド

フィンランドが帝政ロシアの圧政に苦しめられていた1900年当時、独立運動が起こっていた頃、フィンランドに対する熱い愛国心を込めて作曲された名曲。中間部に出てくる「フィンランディア讃歌」はフィンランドの「第2の国歌」として親しまれているメロディで、独立して唱が付け加えられ歌われることもある。 映画「ダイ・ハード2」のエンディングに、この曲が使用されている。

絞込みタグ:Sibelius Finland 国民楽派 交響詩 シンフォニックオーケストラ 堂々 力強い 情熱

PlaySousa:The Liberty Bell

スーザ 自由の鐘 Marche

スーザ(1854〜1932)

アメリカ

演奏機会の多い人気の曲で、ビル・クリントン大統領やブッシュ大統領、オバマ大統領などの就任式にもアメリカ海兵隊軍楽隊によって演奏されている。当初はオペレッタ「The Devils Deputy」のために作曲された楽曲だったが、オペレッタ自体が無くなりお蔵入りになったが、シカゴ・コロンブス万国博覧会で楽曲のタイトルを「自由の鐘」にする事を思いついた。 イギリスの伝説的コメディ番組「空飛ぶモンティ・パイソン」でオープニング曲として使われた。

絞込みタグ:Sousa USA ロマン派音楽 行進曲 シンフォニックオーケストラ 力強い 軽快 楽しい 明るい

PlayStravinsky:The Firebird 7. Finale

ストラヴィンスキー 組曲「火の鳥」(1919年版)より 7. 終曲

ストラヴィンスキー(1882〜1971)

ロシア

「子守歌」と「終曲」の間は切れ目無く演奏される事が多い。切れ目無く演奏する方法と、1曲ずつ区切って演奏する方法とがあり、どちらの方法もスコアに印刷されている。 終曲は、コラールが繰り返され、輝かしく全てが収まる大団円へと高まっていく。

絞込みタグ:Stravinsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 力強い 情熱

PlayMendelssohn:Violin concerto 01 inE minor Op.64

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 第一楽章 ホ短調 Op.64

メンデルスゾーン(1809〜1847)

ハンブルク

3大ヴァイオリン協奏曲と称されるこの曲は、「メン・コン」の愛称で親しまれている。オーケストラによる序奏が無く、ヴァイオリンが有名な哀愁を帯びた感傷的な美しい第1主題を奏で、続けて技巧的なパッセージ、力強い経過主題を奏で、オーケストラと対話しながら華麗に展開して行く。

絞込みタグ:Mendelssohn Hamburg ロマン派音楽 協奏曲 バイオリンとオーケストラ

PlayTchaikovsky:Violin Concerto D-Dur Op.35 Allegro moderato - assai

チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 第一楽章 アレグロ・モデラート - アッサイ ニ長調

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

メンデルスゾーン、ベートーヴェン、ブラームスの3大ヴァイオリン協奏曲にこの曲を加えて4大ヴァイオリン協奏曲と称されることもある。悠々とした第1主題、抒情的な第2主題、独奏ヴァイオリンは華やかな技巧で演奏を続け、カデンツァの後、オーケストラの重厚な響きと激しいリズムで楽章を閉じる。 ニ調(D-dur、d-moll)のヴァイオリン協奏曲が多い理由は、楽器の特性としてニ調(D)が一番よく鳴る構造を持っていることが考慮されていると言われている。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 協奏曲 バイオリンとオーケストラ 躍動 華麗 情熱 繊細

PlayBrahms:Akademische Festouverture Op.80

ブラームス 大学祝典序曲 Academic Festival Overture

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

学生歌から適切な旋律を選択し、洗練された対位法や主題労作の技法、緻密に構成された音色を用いて、創意ある洗練された構成と音楽技法的に評価されるこの曲は、ブラームスが得意な毒舌やブラック・ユーモアで、「学生の酔いどれ歌のひどくがさつなメドレー」を作って『大学祝典序曲』と名づけたと語った。

絞込みタグ:Brahms Germany ロマン派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 躍動 力強い 卒業式 入学式

PlayW.A.Mozart:Clarinet Concerto1-1 K.622

モーツァルト クラリネット協奏曲 第1楽章 イ長調 Allegro

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

モーツァルトの協奏曲最期の作品で、クラリネットのための唯一の協奏曲。 1楽章は12分以上あり、359小節に及ぶ長大なもの。オーケストラによる主題提示から始まり、存分に歌い上げられる。カデンツァは置かれてなく、第2主題の提示は省かれている。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 協奏曲 クラリネットとオーケストラ 楽しい 甘美 かわいい やさしい

PlayKreisler:Schon Rosmarin

クライスラー 美しきロスマリン

クライスラー(1875〜1962)

オーストリア

ヴァイオリンとピアノのための小作品。 甘美な旋律で始まり、中間部には愛らしい清楚なメロディー。主題は、主和音アルペジョと半音階のスピカートを組み合わせた軽快なもの。中間には、ヘミオラを活用してリズムに変化をつける。また、主題は、特段変奏もなく数回繰り返されており、時間調整も容易。リサイタル最後のアンコールピースとしてよく用いられる。 ※ロスマリンとは、ローズマリーの事で、愛や貞節を象徴し、愛らしい女性の愛称ともなっている。

絞込みタグ:Kreisler Austria ロマン派音楽 室内楽 バイオリンとピアノ 繊細 美しい クリスマス 入学式 結婚式

PlayHolst:Mars. The Bringer of War Op.32

ホルスト 組曲惑星より「火星」戦争をもたらすもの The Planets

ホルスト(1874〜1934)

イギリス

この作品は惑星を題材としているが、(天文学ではなく)惑星は神々と結び付けられた占星術から発想されたものである。地球が含まれないのはこのためである。 第1曲「火星」。出だしの5拍子のリズムが特徴的。日本では「木星」に次いでよく知られている曲である。不明確な調性、変則的な拍子など、ストラヴィンスキーの『春の祭典』からの影響が大きいといわれる。

絞込みタグ:Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 不気味

PlayBizet:L’arlesienne Suite No.2 Farandole

ビゼー アルルの女 第2組曲 第4曲 ファランドール

ビゼー(1838〜1875)

フランス

フランス南部のプロヴァンス地方で踊られる舞曲『三人の王の行進』と『馬のダンス』種類の民謡をもとに作られている。 特に冒頭の主題は広く知られており、人気が高い曲のひとつ。

絞込みタグ:Bizet France ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 躍動 力強い

PlayJS.Bach:Air on G-String Suite No.3 II. Air BWV1068

バッハ G線上のアリア

バッハ(1685〜1750)

ドイツ

G線上のアリアは、「管弦楽組曲第3番」のうち、「アリア」楽章に付けられた愛称、19世紀後半にアウグスト・ウィルヘルミが、ニ長調からハ長調に移調させた際、バイオリンのG線のみで演奏できることに気づいたことから付けられた。結婚式や卒業式、映像作品などのBGMとしてよく使われている。

絞込みタグ:JS.Bach Germany バロック音楽 室内楽 チェンバーオーケストラ 厳粛 美しい クリスマス 入学式 卒業式

PlayW.A.Mozart:Ave Verum Corpus

モーツァルト アヴェ・ヴェルム・コルプス ニ長調、K.618

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

カトリックで用いられる聖体賛美歌、主に聖体祭のミサで用いられた。 歌詞 Ave verum corpus natum de Maria Virgine.  Vere passum immolatum in cruce pro homine cujus latus perforatum fluxit aqua et sanguine. Esto nobis praegustatum mortis in examine. O Iesu dulcis、O Iesu pie、O Iesu Fili Mariae. Amen.

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 ミサ曲 合唱とオーケストラ 祈り 厳粛 おごそか クリスマス


PlayVerdi:Dies Irae for Requiem

ベルディー(ヴェルディ) レクイエムから 「怒りの日」冒頭

ベルディー(ヴェルディ)(1813〜1901)

イタリア

『怒りの日:Dies Irae(ディエス・イレ)』は、原題、Messa da Requiem per l anniversario della morte di Manzoni 「マンゾーニの命日を記念するためのレクイエム」の中の一曲、このレクイエム中最も有名な旋律。 モーツァルト、フォーレの作品とともに「三大レクイエム」の一つに数えられると共に、「最も華麗なレクイエム」と評される。 怒りの日とは、キリスト教の終末思想の一つで、世界の終末の日に過去の全ての人間を地上に復活させ、天国に行けるか地獄に落とされるか、その生前の行いに審判が下される日。 テレビのCMや、バラエティー番組などでこの冒頭部分は盛んに使用されている。

絞込みタグ:Verdi Italy ロマン派音楽 レクイエム 合唱とオーケストラ 力強い 華麗 厳粛

PlayBorodin:Polovtsian Dances

ボロディン 歌劇イーゴリ公より 「ダッタン人の踊り」

ボロディン(1833〜1887)

ロシア

オペラ『イーゴリ公』の第2幕の曲(韃靼人の踊り)。この曲は独立で演奏される事も多い。オペラでは合唱を伴うが、演奏会では合唱のパートを省略することもある。序曲や「ポロヴェツ人の行進」などと併せて『イーゴリ公組曲』とすることもある。JR東海の「うまし うるわし 奈良」で使用されている。 【構成】 1.序奏: Andantino 4/4、イ長調、2.娘達の踊り: Andantino 4/4 イ長調、3.男達の踊り: Allegro vivo 4/4 ヘ長調、4.全員の踊り: Allegro 3/4 ニ長調、5.少年達の踊りと、男達の踊り: Presto 6/8 ニ短調、6.娘達の踊りと少年達の踊り Moderato alla breve 2/2、7.少年達の踊りと男達の踊り: Presto 6/8 ニ短調、8.全員の踊り: Allegro con spirito 4/4 イ長調

絞込みタグ:Borodin Russia 国民楽派 舞曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 軽快 優雅

PlayBorodin:In the Steppes of Central Asia

ボロディン 中央アジアの高原にて

ボロディン(1833〜1887)

ロシア

ロシアの歌とアジアの旋律が溶け合って、不思議なハーモニーを作る。 ロシア人とアラビア人との中央アジア草原での交流を音楽化したもので、この情景はボロディンの想像であり、実際に行ったわけでは無いとされる。

絞込みタグ:Borodin Russia 国民楽派 交響詩 シンフォニックオーケストラ 牧歌的 のどか 甘美 美しい ゆったり

PlayErik Satie:Je te veux Violin and piano

エリック・サティ ジュ・トゥ・ヴー ヴァイオリンとピアノ

エリック・サティ(1866〜1925)

フランス

メロディーをヴァイオリンの音色で演奏しています。 「ジュ・トゥ・ヴー」は、英語では「I Want You」、日本語では「あなたが欲しい」のタイトルで紹介されていることもある。 3拍子のワルツの曲。サティの曲では、ジムノペディと共に人気のある曲で、もともとは、シャンソン歌手ポーレット・ダルティのために書かれたと言われている。 スタンリー・キューブリックが監督をした「シャイニング」という映画でも使用されていた。

絞込みタグ:Erik Satie France ロマン派音楽 ワルツ バイオリンとピアノ ほのぼの かわいい

PlayW.A.Mozart:The Marriage of Figaro Overture K.V.492

モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

序曲(この曲)と全4幕からなるオペラ。 初演は、モーツァルトが30歳の時、1786年5月1日 ウィーン、ブルク劇場。 結婚を間近に控えているアルマヴィーヴァ伯爵の家来、フィガロと屋敷の小間使い、スザンナ、フィガロに恨みを持つ医者バルトロ、ロジーナ伯爵夫人など、描き出す巧みな人間関係...上質な喜劇といして楽しめるオペラ。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい 優雅

PlayJohann Strauss II:An der schonen blauen Donau Op.314

ヨハン・シュトラウス2世 美しき青きドナウ

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

1867年に作曲された非常に有名で人気のあるワルツ。ヨハン・シュトラウス 二世やワルツの代名詞的な作品として広く親しまれている。 毎年1月1日に行われる、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートの定番曲でもある。 曲は弦楽器のトレモロに乗って有名な主題旋律をホルンが静かに奏し、ドナウ川の源流と黒い森の情景が描かれる。次第にワルツに発展し、ニ長調の主部となる。その後明るい5つのワルツが連結された後、主部が再現され、華やかなコーダとなり終わる。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ワルツ シンフォニックオーケストラ 躍動 優雅 気品 NewYear 入学式

PlayHolst:The Planets : Jupiter. Op.32 The Bringer of Jollity.

ホルスト 組曲惑星より「木星」 ジュピター、快楽をもたらすもの

ホルスト(1874〜1934)

イギリス

第4曲「木星」。組曲中、最もよく知られている曲。 特に中間部「Andante maestoso」のメロディーが非常に有名。様々なシーンで使用され、ダイアナ元皇太子妃の葬儀に教会オルガンアレンジでで演奏されり、平原綾香がデビュー曲で、吉元由美により歌詞が付けられたものを『Jupiter』としてリリースした曲が流行った事があった。また、組曲として、冨田勲の「惑星」は当時のアナログシンセサイザーの多重録音で仕上げた物であり、世界的に評価された。

絞込みタグ:Holst United Kingdom ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 躍動 軽快 落ち着き

PlayPachelbel:Canon in D

パッフェルベル カノン ニ長調

パッフェルベル(1653〜1706)

ドイツ

オスティナート・バスを伴ったパッサカリアないしシャコンヌ的なカノン。 特定のリズムパターンとともに反復するオスティナート・バスの呈示に続き、全27種類の旋律が編まれる。 卒業式などのイベントでも多用される曲。

絞込みタグ:Pachelbel Germany バロック音楽 室内楽 チェンバーオーケストラ おごそか クリスマス 入学式 卒業式 祝典

PlayBeethoven:Symphony No.7-2 Op.92

ベートーヴェン 交響曲第7番 第2楽章 Allegretto

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

初演時に聴衆から特に支持された楽章。「不滅のアレグレット」と呼ばれている。アレグレットは、「少し速く」と言う速度記号であるが、ベートーヴェンは、ゆっくり、しかし普通のアンダンテやアダージョよりは速くしてほしい、という意味で、この設定にしたと言われている。映画では、『未来惑星ザルドス』、『落下の王国』、『ノウイング』など。アニメでは『銀河英雄伝説』などで使用されている。

絞込みタグ:Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 神秘的 ゆったり 厳粛 落ち着き

PlayTchaikovsky:Symphony No.6-2 op.74

チャイコフスキー 交響曲 第6番 「悲愴」第2楽章 Allegro con grazia

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

複合三部形式、ニ長調 4分の5拍子という混合拍子によるワルツ。スラブの音楽によく見られる拍子で、優雅でありながらも不安定な暗さと慰めのようなメロディーが交差する。中間部はロ短調に転調し、一層暗さに支配され、終楽章のフィナーレと同様の主題が現れる。 5拍子の曲と言えば、Jazzのテイク・ファイヴ、映画音楽のMission Impossibleのテーマ、「マルサの女」のテーマ。 小生はこの「マルサの女」のサウンドトラックのシンセサウンドと打ち込みの担当をやらせていただきました。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 優雅 気品 美しい せつない

PlayTchaikovsky:Slavonian March Bb minor op.31

チャイコフスキー スラブ行進曲 変ロ短調 作品31

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

セルビア民謡『太陽は明るく輝かず』の旋律から、か弱く悲しげに始まる。 中間部は、同じくセルビア民謡の『懐かしいセルビアの戸口』からの快活なメロディ、続いて同じくセルビア民謡の『セルビア人は敵の銃を恐れない』からの勇壮なメロディが繰り出される。その後、主題が情熱的に再現され、終盤では帝政ロシア国歌『神よ、皇帝を護りたまえ』が力強く奏でられ、祝祭的な響きののち、曲が締めくくられる。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 行進曲 シンフォニックオーケストラ

PlayTchaikovsky:The Nutcracker Suite Op.71a Valse des fleurs

チャイコフスキー クルミ割人形組曲より 第8曲 花のワルツ

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

Tempo di Valse、ニ長調、4分の3拍子(複合三部形式)。クラシック音楽の中でも非常にポピュラーな曲であり、単独で演奏されることも多い。ホルンによる主題、弦による有名なワルツの旋律、そして情熱的な旋律がヴィオラ・チェロに続き、クライマックスでまとめられ、大交響楽的に終わる。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 雄大 優雅 華麗 クリスマス 入学式

PlayRavel:Pavane pour une infante defunte

ラヴェル(ラベル) 亡き王女のためのパヴァーヌ

ラヴェル(ラベル)(1875〜1937)

フランス

1899年に作曲したピアノ曲を1910年に管弦楽曲に編曲。 弦楽器のピッチカートに乗り、ホルンのソロで始まるこの曲は優雅でラヴェルらしい繊細さを持つ美しい小品。 ラヴェルが晩年、自動車事故により記憶障害が発症してしまった際、この曲を聴いて「この曲はとてもすばらしい、誰が書いた曲だろう。」と言ったという逸話もある。

絞込みタグ:Ravel France 印象派音楽 管弦楽 シンフォニックオーケストラ せつない 甘美 祈り 卒業式

PlayTchaikovsky:Overture Solennelle 1812 op.49

チャイコフスキー 大序曲1812年

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

タイトルの「1812年」はナポレオンのロシア遠征が行われた年。チャイコフスキーは特に精魂を込めて書き上げた作品ではなかったものの、歴史的事件を通俗的に表現したわかりやすさによって人気のある作品でTVやCMなどでもよく使われる。クライマックス付近では楽譜上に大砲 (cannon) の指定がある。この曲は「ラ・マルセイエーズ」と「神よツァーリを護り給え」を使用しているが、1812年にはどちらも、まだ国歌ではなかった。

絞込みタグ:Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ にぎやか 力強い 荘厳 躍動 重厚

PlayRavel:Bolero Tempo di Bolero moderato assai

ラヴェル(ラベル) ボレロ (ver.2)

ラヴェル(ラベル)(1875〜1937)

フランス

特徴のあるバレエ音楽、初演は1928年11月22日、パリのオペラ座。 最後まで同じリズムが保持され、ダイナミクスの指示は最後に向かうクレッシェンドのみ。 「セビリアのある酒場で一人の踊り子が舞台で足慣らしをしている、やがて興が乗ってきて、振りが大きくなってくる。最初はそっぽを向いていた客たちも、次第に踊りに目を向け、最後には一緒に踊り出す。」と言うあらすじ。 映画やTV、CM、様々な場面で使われている。クロード・ルルーシュ監督の映画『愛と哀しみのボレロ』1984年サラエボオリンピック、アイスダンスのイギリスのジェーン・トービルとクリストファー・ディーンのペアの曲等。 (音源変更してリミックスして再演奏しました)

絞込みタグ:Ravel France 印象派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ 雄大 重厚 情熱 甘美

PlayMussorgsky:Night on the Bare Mountain

ムソルグスキー 交響詩「禿山の一夜」

ムソルグスキー(1839〜1881)

ロシア

深夜になると闇の精霊たちが禿山に集い大宴会を開いて大騒ぎするが、やがて夜明けを告げる村の鐘の音で精霊たちは去り、禿山はいつもと変わらぬ静かな朝を迎えるというもの。この曲はディズニーが1940年に作ったアニメーション映画『ファンタジア』にも取り上げられているリムスキー=コルサコフが1886年に発表した改訂版。

絞込みタグ:Mussorgsky Russia 国民楽派 交響詩 シンフォニックオーケストラ 不安 不気味

PlayDukas:L’Apprenti Sorcier Scherzo

デュカス 交響詩「魔法使いの弟子」

デュカス(1865〜1935)

フランス

老いた魔法使いが若い見習いに雑用を言い残し、自分の工房を旅立つところから物語が始まる。 ディズニーのアニメ映画「ファンタジア」に転用され、ミッキーマウスが「魔法使いの弟子」役を演技したことにより、いっそう有名になった。

絞込みタグ:Dukas France ロマン派音楽 交響詩 シンフォニックオーケストラ 躍動 にぎやか 楽しい 気まぐれ かわいい

PlayLloyd Webber:The Phantom of the Opera

ロイド・ウェバー オペラ座の怪人

ロイド・ウェバー(1948〜0)

イギリス

1909年に発表されたフランスの作家ガストン・ルルーによって書かれた小説。多数の映画、テレビ映画、ミュージカルなどが作られている。イギリスの作曲家「アンドリュー・ロイド・ウェバー」が作曲した曲のカバー、アレンジです。 最近のフィギュアスケートの競技で多くの選手達が採用している曲でもある。

絞込みタグ:Lloyd Webber England その他・現在 管弦楽 ポップスオーケストラ 軽快 せつない

close

楽曲検索

Loading…